2020年10月23日

連敗は止まったけど、悪い流れは止まったのか...

2020 J.LEAGUE Division1 23th leg.
清水 1-1 鳥栖

 14日に行われたリーグ戦第22節vsFC東京戦では、 試合立ち上がりは積極的にボールを保持してFC東京陣内に攻め入りゴールを脅かす場面があったものの、FC東京のFKの流れから先制点を献上。あとはリードを奪い守備を固めるFC東京に対して攻め手を欠き、相手のペースに飲み込まれてしまい失点を重ね、FC東京に敗戦してしまったエスパルス。18日にはリーグ戦第23節vs鳥栖戦に臨みました。

 前半開始直後からボールを動かし攻撃のリズムを作るも、パスミスや連係ミスが目立ってしまい自らリズムを崩す。そして今季何度も見てきた前半の失点からエスパルスの攻守のリズムは完全に崩壊。堅守を誇るFC東京にいいように試合の主導権を掌握されてしまい、相手のペースにのみ込まれ、失点を重ねて反撃が及ばない。今季何度となく目の当たりにしてきた負けパターンに陥ってしまいました。
 そして迎える鳥栖戦。鳥栖とは7月22日にアウェイで行われた第6節で対戦し1-1の引き分けています。すなわち、今季貴重な勝ち点1を上げたチーム。そして鳥栖は目下リーグ戦で15位とエスパルスと近い順位にいるチーム。エスパルスにとっては実力伯仲の相手と考えてもいいかもしれません。いや、今となっては鳥栖に勝つことは一層厳しさを増したと考えるのが自然かもしれません。そんな鳥栖を我等が聖地・日本平に迎え、これを邀撃し撃破することができれば、エスパルスにとって一筋の光になることは想像に難くないと思います!

 リーグ戦もすでに後半戦に突入しているものの、チームのリズムはおろか形さえまだ固まっていないクラモフスキーエスパルス。エスパルスに残された時間はあまりに短い。しかし!下を向いていても何も見えない!ゴールは常に前にある!オレンジ戦士一人一人がお互いを信じて、自分に負けずに鳥栖に勝負を挑み、勝ち点3と浮上のきっかけを掴み取ることができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "連敗は止まったけど、悪い流れは止まったのか..."

投稿者 tao : 13:10 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年10月16日

同じ光景を何度も見なければならないということを...

2020 J.LEAGUE Division1 22th leg.
FC東京 3-1 清水

 10日に行われたリーグ戦第21節vs広島戦では、この試合でも試合開始直後に失点。何とか追いつくもその直後に失点してしまい、失点のタイミングの悪さから試合の流れを広島に掌握されてしまい、その後広島ゴールに迫るも決定力不足にさいなまれてしまい追加点が奪えずに敗戦してしまったエスパルス。14日にはリーグ戦第22節vsFC東京戦に臨みました。

 内容に乏しかった前節vs大分戦から一変し、ボールをポゼッションしながら選手間の距離感の良いリズミカルなパスワークで試合のペースを握り広島陣内に切り込むエスパルス。この試合でのエスパルスの攻撃にはゴールの「いけそう感」が感じられました。しかし命取りになってしまったのは守備時の集中力と攻撃時の決定力。一朝一夕には身につかない力不足にエスパルスは敗戦を余儀なくされてしまいました。
 そして迎えるFC東京戦。FC東京とは今季リーグ開幕戦で対戦し1-3で敗戦しています。そしてFC東京を率いるは言わずと知れた長谷川健太監督。エスパルスに精通する健太監督率いるFC東京は強力な攻撃陣と手堅い守備を持つチームで、目下リーグ戦で2位に位置しています。いちいち説明するまでもなく強豪のFC東京との一戦。しかも次節は中3日の水曜日のアウェイでのナイトゲーム。非常に厳しい試合になることは想像に難くありません。しかし!エスパルスにとってこの期に及んで楽な試合など一つもありません!(ですよね...)どの試合であろうと全てが厳しい試合!ならばあれこれ迷うことなくただひたすらに、愚直にゴールを、そして勝利を目指すのみ!エスパルスを知り尽くす健太監督をギャフン!と言わせるような勝利を味スタで決めたいところです!

 この試合は前節vs広島戦からなか3日の水曜日開催の試合。仕事が終わって帰宅したのは試合終了後。だもんでオイラは試合内容はさっぱりわかりません。しかしサッカー関係のサイトやSNSなどを見るにこの試合は「同じ光景を何度も見なければならない」試合だったようです。

続きを読む "同じ光景を何度も見なければならないということを..."

投稿者 tao : 23:58 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年10月11日

「いけそう感」はあったんだけど...

2020 J.LEAGUE Division1 21th leg.
清水 2-3 広島

 9月26日に行われたリーグ戦第20節vs大分戦では、またしても前半の早い時間帯に先制点を献上してしまいましたが前半のうちに追いつき、後半に反撃をもくろむも60分過ぎから運動量が落ちてしまい、そこを大分攻撃陣に突かれてしまい反撃を許してしまい失点。この試合でも反撃の糸口がみえないまま敗戦してしまったエスパルス。10日にはリーグ戦第21節vs広島戦に臨みました。

 今季リーグ戦で何度も見てきた敗戦のパターン。名古屋戦を含めて見せてきた課題の解決策としての守備のてこ入れは奏功することはありませんでした。しかも1点ビハインドになっても、守備への意識が強くなったオレンジ戦士達は攻撃の推進力を失い、大分の守備ブロックを前にボールを保持してもスピード感のないパス回しに終始するばかり。クラモフスキー監督が今季掲げる「アグレッシブで速い攻撃サッカー」はどこ吹く風といった感じでした。
 そして迎える広島戦。広島とは9月9日のリーグ戦第15節で対戦し、4失点で大敗しています。そして広島は目下リーグ戦で11位に位置するチーム。攻撃陣が脅威なのはもちろん、手堅い守備も持ち合わせたチーム。今季大苦戦を強いられているエスパルスにとって、広島に勝利することは非常に難しい状況であることは間違いありません。しかし!だからと言って尻尾を巻いて逃げるなんてことは許されません!結果は後からついてくる!実力差が大きいのならそれを乗り越えんとするために全力で戦い、戦う姿勢を見せてほしいです!

 大敗した名古屋戦終了後に守備の修正を誓ったクラモフスキー監督。しかしその結果はいまだ現れてはいません。しかし!こんな時だからこそ今一度、監督やスタッフ、そして選手が一丸となって同じ方向に向いて歩いてほしい!そうすれば必ず道は開けるはずです!我等が聖地・日本平で広島を撃破し、希望の光を見出すことができるか!エスパルスの戦う姿勢を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "「いけそう感」はあったんだけど..."

投稿者 tao : 13:48 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年10月 4日

スコア以上に厳しい状況を突き付けられてしまった敗戦...

2020 J.LEAGUE Division1 20th leg.
大分 2-1 清水

 9月26日に行われたリーグ戦第19節vs名古屋戦では、試合開始直後に失点してしまい、その後も名古屋の猛攻を防ぐために防戦一方に。前半に追加点を献上してしまうと、後半に入っても状況に変化は見られずに追加点を献上。試合終了間際に1点返すのがやっとだったエスパルス。10月3日にはリーグ戦第20節vs大分戦に臨みました。

 守備の要のヴァウドを累積警告による出場停止で欠く中の名古屋戦。試合の出鼻をくじかれたオレンジ戦士は自分たちのサッカーを展開することもままならず名古屋に一方的に攻められるだけの試合展開に。攻守にわたり連携ミスやパスミスが目立ってしまい、攻撃のリズムは皆無。試合後に河井チャソは「同じような失点の形が続いている。練習での意識が足りない」とコメント。チーム内でこのような意識を共有し、課題を明確化してチーム全体で課題を解決してほしいです。
 そして迎える大分戦。大分とは7月26日に行われた第7節@日本平で勝利しています。今季ここまでのリーグ戦で3勝しかしていないエスパルスにとって貴重な勝ち試合の相手だった大分。しかし大分は勝ち点22で12位に位置するチーム。勝てたチームだからと油断するようなら、試合の結果は悲惨なものになることでしょう。一方で次節は中6日の期間が空きます。過酷な真夏の週2試合の7連戦を終え、しっかり準備期間が取れます。オレンジ戦士の再奮起に期待したいところです!

 監督、そしてチーム全体で課題を修正し、そしてそれを勝利に結びつけるために、選手の想いが試される試合になるであろう大分戦。ここが正念場!ここが踏ん張りどころです!チーム全体で意識を高めてアウェイで大分を撃破し、停滞しかけているチームを奮い立たせ、リーグ戦上位進出への狼煙とすることができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "スコア以上に厳しい状況を突き付けられてしまった敗戦..."

投稿者 tao : 13:34 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年9月27日

まさしく「トライアル&エラー」です...

2020 J.LEAGUE Division1 19th leg.
名古屋 3-1 清水

 23日に行われたリーグ戦第18節vs浦和戦では、試合立ち上がりから主導権を握り、パスワークから浦和ゴールに迫るもゴール前でのプレーの精度を欠き、逆に浦和に少ないチャンスを決められてしまい敗戦。チームの決定力不足とプレーの精度の低さという問題点があらわになってしまったエスパルス。26日にはリーグ戦第19節vs名古屋戦に臨みました。

 浦和の前半のシュートは1本、それがゴールに結びつく。エスパルスは試合終了間際にティーラシンの意地のゴールを決めるのがやっと。クラブワーストまで伸びたリーグ戦7連敗を前節vs湘南戦で食い止め、悪い流れを断ち切ったかに見えましたが、浮上のきっかけをつかむための大切な一戦だったにも関わらず、優位に試合を動かしていても勝てなかった。勝ち点を逃した印象は拭えません。
 そして迎える名古屋戦。名古屋とは新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していたリーグ戦の再開初戦となる第2節で日本平で対戦し、1-2で敗戦を喫しています。そして名古屋は目下リーグ戦で暫定6位に位置するチーム。強力な攻撃陣と組織的で素早い守備で勝ち点を積み上げてきたチーム。撃破することは相当な難易度があると思います。しかし!浦和戦で見せてくれたような攻撃のビルドアップと展開、あとは相手ゴール前でのプレーの精度を上げることができれば、名古屋に対して優位に試合を進めることだって不可能ではないと思います!リーグ戦再開初戦のリベンジをアウェイで果たし、オレンジ戦士にとって大きな自信につなげたいところです!

 浦和戦での敗戦は、エスパルスの修正するべき点をあらわにしました。それを克服するためには大きな努力が必要ですが、課題が明確ならチームとして同じ方向を向いて進んて行けるはずです。やっているサッカーの方向性は間違いない!あとは精度や練度を上げていくのみ!アウェイで名古屋を撃破し、リーグ戦浮上のきっかけを掴むことができるか!エスパルスの勝利への意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "まさしく「トライアル&エラー」です..."

投稿者 tao : 11:23 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年9月25日

あとは精度や練度を上げていくのみ

2020 J.LEAGUE Division1 18th leg.
清水 1-2 浦和

 19日に行われたリーグ戦第17節vs湘南戦では、これまでの不調を吹き飛ばすかの如く攻守の連携や連動ががっちりと噛み合い、リーグ戦での連敗はワースト更新をギリギリで回避し7でストップ!!そしてエスパルスは6チーム目となるJ1通算400勝を達成!!!チーム一丸となってメモリアルビクトリーを果たしたエスパルス。23日にはリーグ戦第18節vs浦和戦に臨みました。

 CBの悠悟を出場停止で欠くエスパルスは六平をCBとして起用。両脇のヴァウドやヘナトとともに湘南のロングボールやクロスをはね返し続け、7戦連続で喫していた前半での先制点献上を阻止。粘り強い守備陣に攻撃陣が応え、54分、右サイドを突破した後藤のクロスを中央のカルリーニョスが右足で合わせて9試合ぶりの先制点ゴール!先制ゴールに勢いづき、一気呵成に湘南に攻めかかり、86分には敵陣で奮戦してボールを奪ったドゥトラがドリブルから技ありのゴールで勝負を決定づけました。試合終了間際にはケンタのダメ押しゴールで勝利を確実に。長い長いトンネルをようやく抜け出しました。
そして迎える浦和戦。浦和とは今季リーグ戦第8節@アウェイで対戦し1-1の引き分けに終わっています。しかし目下浦和は勝ち点27の8位にいるチーム。強力な攻撃陣と手堅い守備陣を要する浦和を攻略することは容易いことではないでしょう。しかも次節は中3日で開催されるミッドウィークの試合。この試合で途中交代した後藤やカルリーニョスを含め、厳しいし日程で連戦を強いられている選手のコンディション調整も非常に気にかかります。しかし!次節は我等が聖地・日本平での試合!湘南戦の快勝の勢いをさらに強く大きくし繋げていくためにも、この浦和戦での勝利は非常に大きな意味を持つでしょう!

 この試合はミッドウィークのナイトゲーム。だもんで試合内容はさpっぱりわかりません。しかしサッカー関係のサイトやSNSなどを見るにこの試合は「あとは精度や練度を上げていくのみ」な試合だったようです。

続きを読む "あとは精度や練度を上げていくのみ"

投稿者 tao : 23:43 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年9月20日

これまでの想いが結実した「メモリアル・ビクトリー」

2020 J.LEAGUE Division1 17th leg.
湘南 0-3 清水

 16日に行われたリーグ戦第24節vs横浜F・M戦では、試合開始直後に失点してしまい、その後悠悟がレッドカードで一発退場。数的不利な状況で前半更に2失点、後半は横浜F・Mに一方的に攻め込まれるも自陣ゴールを守り切りましたが、クラブワーストにならぶリーグ戦7連敗を喫してしまったエスパルス。19日にはリーグ戦第17節vs湘南戦に臨みました。

 試合開始早々の失点、そして悠悟の一発退場。連敗中続いている複数失点を修正しようと臨んだ横浜F・M戦で早々に1人少ない数的不利の状況を招いてしまい、試合運びは一層難しくなってしまいました。耐えきれずに前半だけで3失点。後半も相手の攻撃をしのぎ失点を防ぐのが精いっぱいでした。
 そして迎える湘南戦。湘南とは昨季リーグ戦で対戦し1勝1敗。しかしその1勝はアウェイ@BMWスで対戦し6-0で快勝している試合。そして次節はアウェイ@BMWスでの試合。エスパルスにとっては験がいいスタジアムでの試合といえそうです。一方で2試合少ない湘南に勝ち点9で並ばれてしまい、得失点差で上回られているエスパルス。すなわち!リーグ戦での目下のライバルチームなのです!この試合に負ければクラブワースト記録更新となってしまうリーグ戦8連敗。エスパルスは中3日での試合に対し湘南は中5日。そしてCBの悠悟が出場停止。状況は極めて厳しいことは明白です。しかし!勝てば連敗脱出!今季リーグ戦アウェイ初勝利!そしてJ1通算400勝達成!あれもこれもそれもまるっと好転させるきっかけとなりうる今季リーグ戦で一二を争う重要な試合となるでしょう!

 リーグ戦の折り返しとなる17試合が経過した時点でエスパルスはわずか2勝。勝ち点9はJ2に降格した2015年の同時期を下回っています。複数得点を記録したのは4試合にとどまり、クラモフスキー監督が掲げる攻撃サッカーの姿もほとんど見えていません。この酷難を乗り越えるためにも湘南戦の勝利は必要不可欠!アウェイで湘南を撃破し今季エスパルスの大きなターニングポイントと成すことができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "これまでの想いが結実した「メモリアル・ビクトリー」"

投稿者 tao : 14:23 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年9月18日

数的不利があったにせよ...

2020 J.LEAGUE Division1 24th leg.
横浜F・M 3-0 清水

 12日に行われたリーグ第16節vs鹿島戦では、自陣でのパス回しのミスを鹿島に突かれてしまい前半立て続けに2失点。その後は鹿島ゴールを脅かすシーンもありましたがゴールにはつながらず、それでも後半に交代出場した唯人やティーラシンの活躍で1点返すも反撃しきれないまま敗戦してしまったエスパルス。16日にはACLの関係で変則日程となったリーグ戦第24節vs横浜F・M戦に臨みました。

 守備の軽さによる前半の失点が鹿島戦でも繰り返されてしまいました。29分と32分の失点はいずれも自陣でのパスを鹿島にかっさらわれてしまったことによる失点。ボールを丁寧につないで攻撃を組み立てるのは今季のエスパルスが目指すサッカーの特徴。しかし自陣でのミスは致命的な事態を招いてしまいます。チーム状態を象徴するような2失点。一つ一つのプレーの精度や練度を最大限に上げなければ、エスパルスが目指すサッカーは具現化できないと言えると思います。
 そして迎える横浜F・M戦。横浜F・Mとは8月19日のリーグ戦第11節で対戦したばかり。その時は壮絶な撃ち合いの末3-4で敗戦しています。しかし昨季リーグ戦で優勝し今季も優勝の期待がかかる強豪チームの横浜F・Mから3ゴールを奪い勝利に肉薄できた。クラモフスキー監督の古巣、そして横浜F・Mのポステコグルー監督との師弟対決第2弾!しかもアウェイ@日産スでの試合。クラモフスキー監督の闘志に火がつかないわけがありません!その意気をオレンジ戦士が感じ取り、チーム全員で日産スで横浜F・Mを撃破することができれば、チームにとって大きな大きな力になるはずです!

 この試合はミッドウィークのナイトゲーム。だもんで試合内容はこれっぽっちもわかりません。しかしサッカー関係のサイトやSNSなどを見るにこの試合は「数的不利が致命傷になってしまった」試合だったようです。

続きを読む "数的不利があったにせよ..."

投稿者 tao : 23:43 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。