4th.leg すべてが清水の力になる!! 静岡ダービー2004

どうも、taoです。待ちに待った“黄金週間”皆様はいかがお過ごしでしょうか。
わたしはというと、静岡ダービー以外にこれといった予定はありません。...._| ̄|○
っていうか、静岡ダービー出物の見事に燃え尽きてしまって、
「くっ!!!ガッツが足りないっ!!!」状態になってしまいますたヽ(´ー`)ノ

てなわけで、今頃ではありますが、静岡ダービー2004と、前日の練習見学のときのことなぞを書きたいと思います。



5月1日

 連休初日でもあり、ダービーマッチの前日でもある1日に「早々と静岡へ移動し、練習なぞ見学しようかな」と画策してたら、練習開始時間が朝の9時30分からとの事。それに間に合うように出発するとなると、自宅(関東南部)を朝の5時までには出発しないと、高速道路の大渋滞に巻き込まれる可能性が高いと判明したとき、脳内の悪魔が私にこうささやきました...。



たいげだけんいくのやめな〜
 しかし、そんな悪魔のささやきもなんのその、睡眠時間3時間のハイテンションのまま、清水三保へと向かうのでした。




株式会社エスパルス本社屋 エスパルス清水三保グラウンド入り口
 三保グラウンド入り口にはちょっとしたショップまで出店していました。これくらい商魂たくましくなくっちゃあ黒字化経営は目指せません。頑張れエスパルス!!


 グラウンドの見学席に入ると、正面にオレンジ色の幟やら旗やらゲーフラやら横断幕がびっしり!!。さすがダービーマッチの前日。サポーターも気合バリッバリのようでした。
ずらーっと並んだ幟や横断幕にゲートフラッグ 中にはこんな横断幕も...。


そのうち、選手がグラウンドへやってきて、しばらくミーティングを行った後、練習を開始しました。
監督やコーチを前にして練習メニューの指示? まずはランニングから
 この日のアップメニューは、ランニングからブラジル体操、鬼ごっこ形式のチェイシングと2人1組でのストレッチ。そしてボールを使ったワンタッチパス、トラップしてのパス、ワンステップ混ぜてのパスなどなどでした。

 選手がアップメニューをこなしているとき、エルシオコーチはしきりに「デキナイ人ヤ疲レテイル人ハ、ストレッチヤッテテ」と言うんですが、誰一人ストレッチをやろうとする選手はいませんでした。初めからぎちぎちに厳しくやるよりも、こんなふうに選手の自主性に任せたほうが逆に練習が効果的に行われるんでしょうね。さっすがエルシオフィジカルコーチ。選手の性格が良くわかってらっしゃる。(たぶん)

 練習を見ていて、髪型が大きく変わった選手を発見しました。一人は最近で番が少ないジャメーリ選手。長かった髪をバッサリ切ってスポーツ刈りっぽくしていました。うちの相方が曰く「バッジオに似てるよね(はぁと)」ですって。そりゃ〜いくらなんでもバッジオに失礼やろ(笑)。
もう一人は伊東選手。髪型がソフトモヒカンになってました。でも、なんとなく違和感があるんですよね。なんというか、どんぐりっぽく見えてしまうのは自分だけでしょうか...。

 アップメニューが終わると、赤と黄色のビブスに分かれて試合形式の練習に移りました。見た感じでは、黄色いビブスを着ているほうがスタメンかなって感じでした。(実際そうでした)練習中には、石崎“ノブリン”ヘッドコーチがプレーを何度もとめて、フォーメーションや選手間の連携の確認などを綿密に行っているようでした。セットプレーやスローインからの選手の動きを細かく練習している姿を見て、「今年はいけるんぢゃないか?」とひそかに思っていました。


 試合形式の練習を終えると、一応約2時間半くらいの練習は終了のようでした。練習を終えた選手は早々にクラブハウスに引き上げる人もいれば、居残ってフリーキックやシュート練習をする人など、それぞれでした。中でも森岡選手が居残ってフリーキックの練習をしていたのが印象的でした。がんばれキャプテン!!



 練習場を後にするとき、エスバスが止まっていたのをハケーンした私は、是非確認したいことがあって、思わずバスに駆け寄りました...。
エスバス左側 エスバス右側
 車体の周りを注意深く探していると...。ありました!!!

八都県市指定 粒子状物質減少装置の装着ステッカー
 これがないと、関東地方のアウェイ戦にエスバス使えないからね♪(変に満足)