メインエスパルス観戦記2021年「いい試合」ではなく「いい結果」が観たい...

2021年9月12日

「いい試合」ではなく「いい結果」が観たい...

2021 J.LEAGUE Division1 28th leg.
鳥栖 2-1 清水

 8月29日に行われたリーグ戦第27節vs名古屋戦では、試合の主導権を名古屋に握られてしまうも前半をスコアレスで折り返し、後半の巻き返しに期待がかかりましたが名古屋に先制点を献上。それでも下を向かずに名古屋に攻勢をしかけサンタナが同点ゴール!リーグ戦で3連勝中の名古屋相手に引き分けたエスパルスは9月11日、リーグ戦第28節vs鳥栖戦に臨みました。

 隙を見せて失点を重ね、大敗した鹿島戦から中3日。オレンジ戦士の大敗の影響が心配されましたが、試合後のロティーナ監督は「強いメンタリティーを見せてくれた」とコメント。エスパルスはアウェイで粘り強く戦いました。先制ゴールを決められ劣勢になるも盛り返し、上位争いをする名古屋相手に勝ち点1をもぎ取りました。
 そして迎える鳥栖戦。鳥栖とは今季リーグ戦第4節@アイスタで対戦し0-0で引き分けています。しかし鳥栖は目下リーグ戦で暫定5位に位置するチーム。チームの戦術理解も成熟し、選手の個々の能力と総合力が存分に発揮された結果が今のリーグ戦での順位といえそうです。すなわち、鳥栖も攻略が難しいチーム。強いチームとの試合に向けた十分な準備が必要です。この夏に鳥栖から移籍してきた松岡にとって古巣対決!チームの総合力が試されそうです。

 リーグ戦上位&リーグ戦でクリーンシートで3連勝中の名古屋相手に引き分けたことは収穫。そしてリーグ戦はナショナルマッチウィークにより2週間の中断期間を経て再開となります。名古屋との善戦を糧に中断期間でのチーム強化をしてきた成果をこの鳥栖戦で発揮し、残留争いから脱出する一歩にすることができるか!エスパルスの地力を見せたい試合がキックオフ!

 この試合でロティーナ監督は、筑波大から特別強化指定選手として加入している山原君をスタメンで投入。若いパワーと可能性に期待がかかります。また松岡選手もスタメンで起用。古巣への恩返しゴールに期待がかかります。
 試合開始直後からオレンジ戦士は高い位置から鳥栖の選手に対して球際を厳しくしてボールを奪い、そこから鳥栖陣内へ切り込んでサンタナを中心に攻撃を仕掛けます。この試合でJ初出場となった山原君もサイドから積極的に攻撃に参加。しかし鳥栖も自陣内では守備を強化してゴールを守り、エスパルス攻撃陣は鳥栖ゴールをこじ開ける事ができません。一方のエスパルス守備陣は、鳥栖の速くて強い攻撃に粘り強く対応。丹念に鳥栖の攻撃をはじき返し続けます。
 両者とも拮抗した試合展開が続きましたが、チャンスを決めきることができないまま前半が終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半になっても試合は拮抗した展開に。オレンジ戦士は素早い攻撃展開で鳥栖守備陣をかいくぐり、鳥栖ゴールに迫ります。しかい58分に元オレンジ戦士の白崎に決められてしまい失点。エスパルスは1点を追いかける苦しい試合展開を余儀なくされてしまいます。
 しかし!その7分後の65分!鳥栖陣内中盤でコロリ→ホナウド→サンタナとパスをつなぎ、最後はサンタナが左足を振りぬいてシュート!ボールは鳥栖DFの足にあたりコースが変わり、そのまま鳥栖ゴールに吸い込まれてゴール!サンタナの2試合連続となる9ゴール目が決まり同点に追いつきました!
 同点に追いついたエスパルスは更に攻勢を強め、鳥栖陣内に攻め込みます。しかし同点に追いつかれた鳥栖も自陣では強固な守備を展開。エスパルスは追加点を決めることができません。すると74分に自陣内で微妙な判定のファウルからFKを献上。これを鳥栖に直接決められてしまい失点。エスパルスは再び1点を追いかけなくてはならなくなってしまいました。
 ここで終われないロティーナ監督は、失点直後の74分にコロリに代えて唯人を投入。展開力と突破力のある唯人に攻撃力強化を託します。しかし勝ち越しを決めた鳥栖は冷静に試合を進め、エスパルスは鳥栖ゴールをこじ開けることができません。
 このままでは終われないロティーナ監督は、81分に片山に代えて滝君を、88分には輝樹に代えて悠悟、藤本に代えて指宿を投入。最後のパワープレーを仕掛けます。しかしその交代は奏功しないまま試合終了。エスパルスは鳥栖に敗戦してしまいました。


 エスパルスは鳥栖に敗戦、勝ち点を積み上げることができませんでした。他会場の試合結果もありリーグ戦での順位変動はなく16位のまま。残留争いの崖っぷちから抜け出られませんでした。
 筑波大から特別指定選手としてエスパルスに在籍している、来季加入内定の山原君、古巣対決となった松岡、そしてサンタナのゴールを演出したコロリにホナウド。試合終了時点でピッチに立っていたのは、DFヴァウドを除く10名が今季エスパルスに加入した選手。その半数以上がこの夏にエスパルスに加入した選手。チーム戦術の理解度や連携に一抹の不安があるのは自明の理。その不安を少しでも解消するための2週間の中断期間ではなかったのでしょうか。
 試合内容は決して悲観するようなものではなく、むしろ可能性を感じさせてくれたものでした。特に山原君の活躍には目を見張るものがあり、来季というより今季から物凄く楽しみな選手になりました。
 しかし試合結果が試合内容に伴わない。苦しい状況に置かれているエスパルスはリーグ戦で4分4敗で8試合勝利から遠ざかっています。それでも古巣対戦を勝利で飾れなかった松岡は「誰一人下を向いている人はいない」とコメント。オレンジ戦士の眼差しは前を見据えています。
 「いい内容」の試合ではなく「いい結果」の試合、「勝てた」試合ではなく「勝った」試合。それをピッチで具現化するのが選手の仕事。
エスパルスが目指す方向は間違ってはいません。到達すべきは勝利。それまでの期間をいかに短くするかは選手の力量。オレンジ戦士の奮励努力を信じ、今は愚直に応援するのみだと思います...。


 次の試合はリーグ戦第29節vs仙台戦。仙台とはリーグ戦第19節@アウェイで対戦し3-2で勝利しています。しかし仙台は目下リーグ戦で19位と降格圏にいるチーム。つまり、仙台にとってリーグ戦1試合1試合はシンプルに勝利だけを目指して戦わなくてはならないはず。エスパルスが仙台を万が一にも侮るようなことが有れば、それは取り返しがつかなくなるような大きなピンチを招いてしまうはず。エスパルスも仙台も共に残留争いを戦うライバルチーム。全力を賭して戦い、そして勝利しなければならないのです!


 オレンジ戦士は鳥栖戦での敗戦、特に自陣での守備の連係について十分に分析し、書けているであろう連携や連動を強化するべく練習に落とし込んでほしいです。そして今日の試合内容を更にブラッシュアップし、決定機で決めきる力を増大させ、日本平で仙台を撃破するべくすべての準備をぬかりなく行ってほしいです。


 目指す方向は間違っていない!自信を持て!雄々しく戦え!次は勝とうぜ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2021年9月12日 11:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2408

コメントしてください