メインエスパルス観戦記2021年6年ぶり、7年ぶり、9年ぶりで抜錨!

2021年2月28日

6年ぶり、7年ぶり、9年ぶりで抜錨!

2021 J.LEAGUE Division1 1st leg.
鹿島 1-3 清水

 ロティーナ新監督を招聘し攻守、特に守備面の再構築を図ってきたエスパルス。春季キャンプ@鹿児島では組織的な守備を徹底的にオレンジ戦士に叩きこみ、昨季最多70失点の守備陣強化に努めてきました。
 そして!今季もいよいよJリーグが開幕!昨季は16位と大苦戦してしまったエスパルスは27日、リーグ戦開幕戦vs鹿島戦に臨みました。

 2021シーズンは新監督にC大阪や東京Vで実績を持つロティーナ氏を迎え、攻守、特に守備面の再構築を行うとともに、日本代表GK権田をはじめとし各ポジションで選手補強を敢行。守備の立て直しと決定力の強化に期待がかかります。ロティーナ新監督の就任初年の開幕戦、相手は難敵鹿島。ロティーナエスパルスのJ1での戦いが火蓋を切って落とします!
 
 昨季リーグワーストの70失点をたたき出してしまったエスパルス守備陣の再構築はどこまですすんだのか!そしてすべてのポジションで新戦力を補強したチームの戦術理解がどこまで進んだのか!アウェイで難敵・鹿島を撃破し、今季リーグ戦初戦で勢いをつけることができるか!ロティーナエスパルス初年の大航海の抜錨となる試合がキックオフ!

 守備の再構築&大型補強、そして中3日でルヴァ杯予選に臨まなければならないエスパルス。C大阪を昨季4位に導いたロティーナ監督は公開した練習試合で採用していた2トップではなく、最前線にサンタナを置き、2列目にレレと慶太、両サイドにカルリーニョスと中山を配置するより攻撃的な布陣を敷きました。その結果、スタメンに新戦力が7名顔を連ねることに。エスパルスの補強がいかに即戦力を主眼としていたかの証左といえそうです。
 
 試合立ち上がりは両チームとも慎重な試合展開に。お互いに敵対するチームの出方をうかがうような慎重な守備の時間hが続きます。そんな中でもヴァウドとCBのコンビを組んだ新加入の鈴木、ゴールマウスを守る権田、涼と共に守備的MFに入った片山が自陣で強固な守備陣形を形成し鹿島攻撃陣に攻撃の隙を与えません。29分には自陣ゴール前でエヴェラウドにフリーで決定的なヘディングシュートを打たれますが、これはGK権田が横っ飛び右手一本でボールをかき出し、ゴールを守りきります。
 エスパルス守備陣が自陣の高い位置から連動性の高い守備でボールを奪うと、両ウイングのカルリーニョスと中山、最前線のレレと慶太とサンタナが有機的に連動して鹿島ゴールに迫ります。しかし鹿島陣内では鹿島守備陣が強固な守備を展開。エスパルスは鹿島の守備を引きはがすことがし、鹿島ゴール前で決定的なチャンスを作り出すことができません。
 前半は両者拮抗した試合展開でゴールは決まらないまま終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半に入ると選手の疲れからか、徐々にスペースができ始めてしまい、鹿島に自陣内に侵入されてゴールに迫られてしまう場面が増え始めてしまいます。それでもヴァウドと鈴木のCBコンビ、そしてGK権田、守備的MFの涼と中山で集中して守備を展開。自陣ゴールを守り続けます。
 均衡を破りたいロティーナ監督は、63分にレレに代えて後藤を、74分には慶太に代えて河井チャソを投入。攻撃陣にフレッシュな選手を投入し、攻撃面でに活性化を狙います。しかし75分にクロスバーに当たった跳ね返りのボールを鹿島の荒木に決められてしまい失点。エスパルスは鹿島に先制点を決められてしまいます。
 しかし!オレンジ戦士は誰一人下を向くことはありませんでした!失点直後の78分!カルリーニョスが鹿島陣内左でボールを持つと中央に持ち込んで後藤とのパス交換から左サイドの河井チャソへパス!河井が左サイドをドリブルで駆け上がりゴール前中央へマイナス気味のクロス!これを中山がハーフボレーシュート!これはミートしなかったものの、ボールは前にいたサンタナの足元に転がり込み、サンタナが冷静に反転してシュート!ボールは鹿島ゴールに転がり込んでゴール!エスパルスが失点の3分後に同点に追いつきます!
 鹿島に追いついたエスパルスは一気呵成に鹿島ゴールに攻めかかります!そして同点ゴールの5分後の83分!鹿島陣内中央でボールを受けた涼から河井チャソへつないで、そこから左サイドのカルリーニョスへパス!!パスを受けたカルリーニョスがボールを持ち直して鹿島ゴール前中央へクロス!!ここへ猛然と飛び込んできた後藤がフリーで渾身のダイビングヘッドでシューート!!ボールは鹿島ゴールに突き刺さりゴーール!!エスパルスが鹿島に逆転しました!!
 試合終盤に鹿島に逆転を果たしたオレンジ戦士達!!しかしまだまだ試合は終わっちゃいません!!更に攻勢の手を強め、徹底的に鹿島ゴールを脅かし続けます!!そして逆転ゴールの5分後の88分!!!エスパルスの左からのCKのチャンス!!!キッカーは河井チャソ!!!ニアに低く飛んだボールに輝樹がフリック!!!したように見えましたが、実はボールには触っておらず、その後ろの鹿島の上田にボールが当たりコースが変わり、ボールが鹿島ゴールに吸い込まれてゴーーール!!!エスパルスがダメ押しの3点目を決め、鹿島を引き離しました!!!
 鹿島に逆転し2点リードを奪ったエスパルス。しかしここで時間を使うようなプレーをすることなく、自陣では組織的な守備を展開し、攻撃陣は鹿島ゴールを狙い続けます。アディショナルにロティーナ監督はカルリーニョスに代えて翔太を投入。クローザーとして翔太は中盤でボールを追い回して守備を行い鹿島に攻撃の起点を作らせません。そしてそのまま試合終了!!!エスパルスが鹿島に逆転勝利!!!ロティーナエスパルスの船出を勝利で飾りました!!!


 エスパルスは鹿島に勝利!勝ち点3を積み上げました。この結果、なななんと!エスパルスがリーグ戦2位に!(暫定だけどねw)ちなみに、エスパルスがリーグ開幕戦で勝利したのは2015年3月8日vs鹿島戦@日本平以来6年ぶり(鹿島に勝利したのも同じ)。アウェイ開幕戦で勝利したのは2014年3月1日vs名古屋戦@豊田ス以来7年ぶり。エスパルスがリーグ戦アウェイで鹿島に勝利したのは2012年10月27日リーグ戦第30節以来9年ぶり(小僧が小学校1年生の時ですよ...)。そして!!!エスパルスがリーグ戦で鹿スタで逆転勝利は初!!!快挙!!!
 試合終了の笛が鳴ると、静まり返る鹿スタにオレンジ戦士の勝利の雄たけびが響き渡っていました。先制ゴールを決められてしまい、昨季のエスパルスだったらそこから瓦解するかのように失点を重ねていたはず。しかし新生エスパルスは先制点献上をものともせずに勇猛果敢・冷静沈着に攻め込み、長年苦しめられ続けてきた難敵鹿島から鮮やかに逆転勝利。試合終了後にロティーナ監督は「個人個人のパフォーマンスが光った」「同点にできたことが鍵だった。難しい試合をものにすることができた」とコメント。エスパルスでの初陣を最高の形で飾り、ロティーナ監督も満足な表情を見せていました。
 新加入のサンタナもデビュー戦で挨拶代わりのゴールを決める活躍。ロティーナ監督も勝利のポイントに挙げた同点ゴールを決めて早速
チームに貢献しました。
 78分、ペナルティーエリア内で中山からのボールを受け、「タイミングをとって相手の足が開いたところを狙った」とイメージ通りの左足シュートで鹿島のゴールネットを揺らしました。
 試合では最前線で球を収めて後方の押し上げを促し、守備でも高い位置から献身的な守備を披露。「なかなか主導権を握れずにいた」とサンタナが振り返るように、前半から鹿島に押されて先制点も奪われてしまいましたが、それでも「自信を失うことなく、しっかりと守れた」と、前を向いて鹿島に攻め込んだ結果が同点ゴールに結びつきました。ポルトガル1部リーグで実績を残した点取り屋は「清水のユニホームを着てピッチに立てて幸せ。もっとゴールを決めていけるように」と更なる活躍を約束してくれました。
 そして、新加入した選手と昨季からチームに在籍する選手の融合が勝利を手繰り寄せたとも思います。それを象徴する場面が88分のオウンゴール直後。河井チャソからのクロスをニアサイドの輝綺が反応するも触れられず、上田に当たってゴール。しかしオレンジ戦士は輝樹のゴールと思い込んで、サイドラインで控え選手も含め、21日に男児が誕生した輝樹への祝福の「ゆりかごダンス」を披露。このチームワークこそが、新生エスパルスの強さを雄弁に物語っていると思いました。
 リーグ戦16位とふがいない成績に終わった昨季からの巻き返しを期す今季。逆転ゴールを決めた後藤は「勝利する姿を見せることができて良かった」と勝利を実感。先発メンバーのうち7人が新加入選手。一方で後藤ら昨季からの選手も意地を見せてくれました。戦術の浸透とともに進む新加入選手のコンディション向上と連携強化。新生エスパルスにとってこれ以上ないリーグ戦の船出となりました。
 そして何より、試合を見ていて胸をすぅーっとさせてくれたのは、エスパルスが鹿島相手に3点決めてリードしても、鹿嶋市のカシマスタで鹿島らずに最後までしっかり試合をしてくれたこと!俺達のエスパルスは正々堂々と戦って鹿島に勝利しました!胸を張れることです!


 次の試合はルヴァ杯予選リーグ第1節vs広島戦。広島は今季も城福監督が率いるチーム。昨季リーグ戦8位の広島は戦術理解が一層深まり、強力な攻撃陣と手堅い守備でエスパルスに向かってくるはずです!
 ルヴァ杯も貴重な公式戦。昨季はまったくといってもいいほど勝てずに予選敗退。しかし今季のエスパルスはルヴァ杯も見据えて選手層も厚くなっています。なにより鹿島戦でケンタがベンチ外だったことを考えると、ロティーナ監督はルヴァ杯に向けた選手のターンオーバーも考えていることでしょう。リーグ戦には出場できなかったオレンジ戦士に活躍の期待がかかります!

 オレンジ戦士はまずは鹿島戦での疲労のケアを万全に行い、コンディション調整を十分行ってほしいです。そして鹿島戦での勝利に浮かれることなく、失点シーンでの守備陣の乱れと連携不足をしっかり分析し、その克服を練習で行ってほしいです。そしてルヴァ杯に出場するオレンジ戦士は、リーグ戦主力組を脅かすような活躍を広島戦で魅せ、ルヴァ杯初戦も勝利で飾ってほしいです!


 もう今季のリーグ戦はなんやかんやしょはんのじじょうでここで終了でよくね?(ぉぃ)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2021年2月28日 13:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2363

コメントしてください