メインS-PULSE2021年ロティーナ新監督のエスパルス再構築は順調!

2021年2月10日

ロティーナ新監督のエスパルス再構築は順調!

練習試合
清水 4-4 松本
※45分×3本

 9日から鹿児島で春季キャンプに臨んでいるエスパルス。先日の練習試合vsジュビロ戦では45分×3本で1-1でしたが、ロティーナ新監督の元で守備の再構築が着々を進んでいることを印象付けてくれました。
 
 そして春季キャンプの締めくくりとなる練習試合vs松本戦に臨んだエスパルス。45分×3本の結果は4-4でしたが、主力組が出場した1本目では3-0で圧勝!ロティーナエスパルスが着々と仕上がりつつあるようです。

 主力組が出場した練習試合1本目は攻守で松本を圧倒し、ショートカウンター、セットプレー、サイド攻撃と多彩な攻撃のパターンからゴールをを重ねたエスパルス。「ベンチに戻った時の監督の表情が良かった。相手のレベルもあるが、90点あげてもいい出来」と翔太はコメント。春季キャンプでの手応えをしっかり感じているようです。
 
 積極的な守備で自分たちのリズムを作り試合を支配。自陣で守備ブロックを敷いて相手を待ち構えるだけではなく、高い位置からオレンジ戦士相互に連動したプレスを仕掛けて松本からボールを奪う。試合開始直後の5分には左サイドで松本のボールを奪い、翔太・サンタナと素早くつないで、最後は唯人が落ち着いてゴール右隅に蹴り込んフィニッシュ!「45分間で結果を残せたことは大きい」と唯人。1月の練習試合に続く得点で、存在を大きくアピールしていました。
 主力組が出場した連取試合1本目で唯人と組んで最前線に入ったサンタナは、CKから輝樹が頭で変化をつけたボールを右足で合わせてゴール!得点以外でも相手守備陣の背後に抜け出す動きでシュートに持ち込み、前線での球の収めどころとしても機能していました。
 
 練習試合終了後に翔太は「ボール保持者の(パスの)選択肢をつくる良い立ち位置がとれていた」とコメント。細かなポジショニングを要求するロティーナ監督の起用に答えてくれました。
 一方、メンバーを大きく入れ替えた2本目以降はミスが増えてしまい、連係面や全体への戦術浸透はまだまだ十分ではないことも露呈した結果に。ロティーナ監督は「今大事にしているのはコンセプトをチーム全体に落とし込むこと」とコメント。実戦で見えた収穫と課題を踏まえ、リーグ開幕戦vs鹿島戦に向けて完成度を高める作業を加速させているようです。


 リーグ戦開幕まで1か月を切った!ここから戦術理解を更に加速させてくりょう!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2021年2月10日 23:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2360

コメントしてください