メインエスパルス観戦記2020年平岡監督の選手起用がさえわたったアウェイ初勝利!

2020年11月27日

平岡監督の選手起用がさえわたったアウェイ初勝利!

2020 J.LEAGUE Division1 29th leg.
横浜FC 1-3 清水

 21日に行われたリーグ戦第28節vs札幌戦では、試合開始早々に先制ゴールを決めるも、その後ヘナトと荒野選手の交錯で荒野選手が負傷退場。直後にはエウソンがPKを献上していしまい失点。これで試合の主導権を札幌に握られてしまい防戦一方となってしまい5失点で札幌に敗戦してしまったエスパルス。25日にはリーグ戦第29節vs横浜FC戦に臨みました。

 試合開始間もない5分に先制ゴールを決め、一気呵成に札幌を攻め立てようとした矢先に両チームを襲った大きなアクシデント。このアクシデントが試合の趨勢を決める大きなきっかけになったのではないかと思います。その直後にエウソンがペナルティエリア内でハンドのファウルでPKを献上。その後のオレンジ戦士の動きは明らかに重く遅く、精彩を欠いてしまったように思います。一方の札幌の選手は、荒野選手の負傷交代をバネに奮起し5得点で勝利。アクシデントが発生した時にいかにしてメンタルを保持し気持ちを切り替えられるか。これから幾多の試練を乗り越えなければならないオレンジ戦士の大きな課題の一つではないでしょうか。
 そして迎える横浜FC戦。横浜FCとは8月22日のリーグ戦第12節@日本平で対戦し、2-3で敗戦してしまっています。今季J1に昇格した横浜FCはリーグ戦15位と奮闘中。エスパルスと順位は近いものの、勝ち点はエスパルスの20に対し横浜FCが28と8の差があります。しかも次節は札幌戦から中3日の水曜日のナイトゲーム。心身ともにコンディション調整が気になるところ。しかし!順位が近い横浜FCとの試合は、平岡エスパルスの実力が試される一戦になりそうです。来季は4チームがJ2降格というレギュレーションも発表になりました。ここで横浜FCに勝利することができれば、オレンジレ戦士に大きな自信を与えてくれるはずです!

 札幌戦での敗戦から中3日で迎える横浜FC戦。選手の心と身体のコンディションが気にかかります。しかし!いつまでも敗戦の痛手に打ちひしがれている時間はありません!アウェイで横浜FCを撃破し平岡エスパルスでの和えウィ初勝利を掴み取り、選手のコンディションを心身ともに上向きにすることができるか!エスパルスの勝利への想いが試される試合がキックオフ!

 前節vs札幌戦から中3日で開催された横浜FC戦。平岡監督は札幌戦からスタメンを7人入れ替え。GKに択生、CBにはヴァウドと悠悟、SBに奥井と六平、守備的MFには涼と宮本、中盤には翔太と唯人、最前線には後藤とドゥトラが入りました。スタメン出場に飢えていたオレンジ戦士の活躍に期待がかかります。
 試合はいきなり動き出します。試合開始直後の5分!横浜FC陣内左で唯人がパスを受けると、そこからドリブルで左サイドでドリブルで仕掛けてペナルティエリア内に侵入しゴール前にマイナスのクロス!これをゴール前にいた翔太が冷静に右足インサイドでダイレクトにシュート!ボールはゴールに流れ込んでゴール!エスパルスが試合開始直後に先制ゴールを奪います!
 そしてその1分後の6分!!横浜FCのGKからのパスをエスパルスが中盤の高い位置からプレスをかけてドゥトラがボールを奪うと、そのまま横浜FCゴール正面にドリブルで運んで左足を冷静に振りぬいてミドルシューート!!ボールはゴール左に突き刺さりゴーール!!ドゥトラが決めたエスパルスのアウェイ600ゴール目のゴールで、エスパルスがあっという間に2点差と横浜FCを引き離します!!
 試合開始直後に鮮やかに2ゴールを奪ったエスパルスは試合の主導権を掌握。自陣では横浜FCの攻撃の起点に対して高い位置から、速くて厳しいプレスを仕掛けてボールを奪い、そこからテンポよくパスを回して横浜FC陣内に切り込んでゴールに迫る。エスパルスが攻守にわたってリズムをつかみ、横浜FCを脅かし続けます。
 すると38分!!!中盤で後藤がボールを受けると横浜FC陣内バイタルエリア右にいた翔太へパス!!!翔太がこれを受けると、翔太の裏を抜けて右サイド深くまであがってきた奥井へパス!!!これを奥井がダイレクトでゴール前にマイナスのクロス!!!ゴール前にいたドゥトラが絶妙にスルーすると、バイタルエリアから横浜FCゴール正面に猛然と走りこみフリーになった涼が渾身のダイレクトシューーート!!!ボールはゴールに突き刺さりゴーーール!!!エスパルスが横浜FCをさらに突き放しました!!!
 その後もエスパルスが試合の主導権を握って横浜FCゴールを脅かし続けますが、横浜FC守備陣もこれ以上の失点を防ぐべく自陣で守備を固め、スコアは動かないまま前半が終了。3点リードで試合を折り返します。
 
 後半に入ると横浜FCはシステムを修正。サイドを起点にエスパルス陣内へ攻めこむ戦略に変更。エスパルスは横浜FCのシステム変更への対応に後れを取り、前半で見せていたような高い位置からのプレスがきかなくなってしまい、守備陣が横浜FCの攻撃に対し後手後手になってしまいます。56分には自陣ゴール前でのマークのずれから横浜FCに決められてしまい失点。リードが2点となってしまいます。
 1点返されてしまった平岡監督は62分、後藤に代えてケンタを、ドゥトラに代えて西村を投入。攻撃面てフレッシュな選手を投入し、追加点を狙います。
 しかしその後も横浜FCのサイド攻撃に対して守備陣の対応が遅れてしまい、横浜FCに自陣ゴール前に肉薄されてしまいます。しかしオレンジ戦士全員が運動量を惜しまずに守備を展開。択生のファインセーブもあり、失点を回避し続けます。
 我慢の時間が続く平岡監督は76分、唯人に代えてティーラシンを投入。攻守のバランスを取りつつ、高さのある攻撃展開を企図します。しかし2点リードし横浜FCの攻撃に守勢に回るエスパルスは無理な攻撃はせず、時間を有効に使う戦略に移ります。
 最後までしっかり試合を終えたい平岡監督はアディショナルタイム、航汰に代えてソッコを投入。クローザーとして最終ラインにソッコを加え、守備を盤石にします。そして時計の針は進み試合終了!!!エスパルスが横浜FCに勝利しました!!!


 エスパルスは横浜FCに勝利!勝ち点3を積み上げました。しかしリーグ戦の順位は変わらず17位のまま。しかし15位の横浜FCを撃破したことで、上位チームとの勝ち点は徐々に縮みつつあります。
 5失点という大敗を喫した前節vs札幌戦から中3日、平岡監督は先発を7人と大幅に入れ替えて横浜FC戦に臨みました。そしてその監督の起用に対し、出番を待ち望んでいたオレンジ戦士たちが躍動!見事勝利を掴み取りました。「普段の練習から腐らずにやっていて、何かやってくれると思った。応えてくれたことに感謝」と平岡監督はコメントしました。
 試合開始直後からエスパルス攻撃陣が躍動!5試合ぶりにスタメン出場を果たした唯人が左サイドで果敢に仕掛けて敵陣深くまで進入し、クロス。中央に入った翔太が右足で鮮やかに合わて先制点をゲット!「あそこまでえぐってくれて、彼(鈴木)のアシストが素晴らしかった」。自身も前節先発を外れた悔しさを晴らすゴールに、満面の笑みを見せていました。
 先制点の余韻がさめやらない1分後には、横浜FC陣内での相手のパス回しに前線と中盤が鋭く寄せてボールをかっさらうと、ドゥトラが持ち運んで横浜FCゴールに流し込みました。5人の外国籍メンバー枠に阻まれて4試合ベンチ外だったドゥトラは「集中した守備からゴールが生まれた。必ずチャンスは来ると思っていた」と強い思いで臨んだ一戦でしっかりと結果を残してくれました。
 自陣でのテンポの良いパス回しから生まれた3点目は5試合ぶりに出場した奥井のアシストからでした。
 大きな課題である守備でも一定の成果を見ることができました。前節vs札幌戦での5失点の反省を生かし、パスの出どころに対して速く厳しいプレスを仕掛け、相手の攻撃の自由を奪い、反撃を後半の1点のみに抑えて逃げ切りました。
 中10日の横浜FCに対し中3日で試合に臨混ざるを得ない状況で、選手起用が的確にハマり勝利を掴んだ平岡監督は「試合に飢えていた選手たちが、結果で応えてくれた。(今後の選手起用について)うれしい悩みが増えた」と手ごたえを実感していました。
 しかし、勝利の余韻に浸っている時間はありません。いまだ17位のままのリーグ戦も残り5試合。攻撃の要となった翔太は「良い守備から攻撃につなげる。最後のクオリティーの質をさらに高めたい」と次節に向けて気を引き締めていました。


 次の試合はリーグ戦第30節vs湘南戦。湘南とは9月19日に行われたリーグ戦第17節@アウェイで対戦し勝利しています!今季数少ない勝ち試合だった湘南戦。そして湘南は目下リーグ戦でエスパルスの一つ上の16位。そしてそして、湘南との勝ち点差は1!そうです!次節vs湘南戦に勝利することができれば、本来のJ2降格圏内の17位から脱出することができるのです!今季はJ2降格はありませんが、我等が聖地・日本平で迎える次節の湘南戦は来季のエスパルスの趨勢につながる重要な一戦になるはずです!

 オレンジ戦士はまずは横浜FC戦での疲労を取り除くべくフィジカルコンディションの調整を余念なく行ってほしいです。そして横浜FC戦で見せてくれた攻撃展開のリズムをさらに磨き、攻守の切り替えや連携の部分での選手間の動きを再確認してほしです。また守勢に回る時間が続いた時の連携や連動を十分に確認し、日本平で湘南を撃破し17位脱出を実現させてほしいです。


 選手もスタッフも同じ方向を向いている!この流れをさらに強めよう!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2020年11月27日 21:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2340

コメントしてください