メインS-PULSE2020年勝敗よりももっと大切なこと「選手もサポーターもフェアプレー・プリーズ」

2020年11月22日

勝敗よりももっと大切なこと「選手もサポーターもフェアプレー・プリーズ」

 11月21日に行われたリーグ戦第28節vs札幌戦、試合結果はエスパルスが1-5で札幌に敗戦してしまいました。
 しかしその試合での出来事に、オイラは本当に嬉しく思ったことがありました。

 それは試合開始12分の出来事。自陣ゴール前に切り込んだ札幌の荒野選手に対し、ヘナトがスライディングでボールを奪い最前線へボールをパス。ここからエスパルスが右サイドからのカウンター攻撃を仕掛けます。しかし次の瞬間、荒野選手が悶絶しながらピッチに倒れこんでしまいます。これを見た両チームの選手が両手を大きく振ってプレーの中断を主審に直訴。主審はプレーを止めます。
 
 あまりの苦痛に顔をゆがめる荒野選手に、エスパルスのチームドクターも含めて両チームの選手・スタッフ、両チームの選手が荒野選手を取り囲み、そして担架ややってきて荒野選手は担架に乗せられてピッチを後にします。それを頭を抱え不安げに見送るヘナト。DAZNで観ていたオイラにも「これはただ事ではないな...」と思いました。

 翌日、一部の報道では荒野選手は左足骨折とのこと。荒野選手はヘナトとの交錯で大けがを負ってしまいました。

 この時、ピッチに立つ選手が敵味方関係なく、大事に対応する姿を見て、本当に胸が熱くなりました。

 マイボールになり追加点を決められるかもしれないカウンターのチャンス、しかし自分たちのチャンスより試合を止め、荒野選手の処置を優先し、ベンチに向かい「早く早く!」と担架とドクターを要請したオレンジ戦士達(荒野選手が負傷した時、駆け寄った竹内がベンチに向かって「早く!」って言っているのがDAZNを見てて分かりました)、ピッチに倒れこむ荒野選手にいち早く駆け付けたエスパルスのチームドクター、テレビカメラから受傷部位を隠そうと囲いを作ることを促した涼と慶太、あまりの苦痛に顔をゆがめる荒野選手に手を添えて励ますヴァウド、そして事の重大さに頭を抱え本当に申し訳なさそうに悲しげな表情のヘナトに握手とタッチをする札幌の選手。両チームの選手・スタッフが荒野選手を心配し、そして処置を見守る姿を見て、目頭が熱くなりました。
 
 試合後にヘナトはツイッターで荒野選手と札幌サポーターの皆さんへの謝罪をツイート。それに対して札幌サポの皆さんから「ドンマイ」「ヘナトは悪くない」「また対戦しよう」等々のコメントが寄せられていました。また負傷した様子を撮影したYouTubeの動画にも「ヘナトは悪くない」「チャンスより荒野選手を優先したエスパの選手の対応は素晴らしい」「また対戦したい」などなどのコメントが...。札幌サポの皆さんの暖かい心意気にも感動しました。

 ヘナト自身も去年、腕を骨折して戦線を離脱せざるを得なかった経験をしているからこそ、ことの重大さを痛感しているはず。それが故のあの表情とこのツイートだったのではと思います。

 まさしくこれぞ「フェアプレーの精神」なのではないでしょうか。

 ヘナトのプレーは故意ではないにせよ、結果的には大けがに繋がってしまいました。荒野選手は札幌の中心的な選手の一人。チームに与える影響は小さくないでしょう。
 それに対し、ヘナトを含めエスパルスの選手・スタッフは誠意をもって対応していた。試合結果は残念だったけど、凄く嬉しいし誇らしく思いました。

 オイラはサッカーが好きで、そしてエスパルスが好きで、本当に良かった。そして札幌サポーター皆さんの暖かい心意気に感動した。そんな事を思った札幌戦でした。


 荒野選手の1日も早いご平癒と戦列復帰を、心よりお祈り申し上げます。
 そして、昨日の試合の借りは、いつか必ず返上しに札幌へ参ります!

 それまでヘナトにはエスパルスで頑張ってもらわにゃね!(`・ω・´)
 オイラも札幌サポの皆さんの心意気を見習わなきゃ!

<以下追記 2020/11/22 15:00>
 荒野選手からヘナトのツイートの引用ツイートがポルトガル語でありました。
 くっ!やられた。荒野、めっちゃいい奴じゃねーか。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2020年11月22日 14:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2339

コメントしてください