メインエスパルス観戦記2020年チーム戦力の底上げにはまだ至っていません...

2020年8月 7日

チーム戦力の底上げにはまだ至っていません...

2020 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第2節
清水 0-3 名古屋

 1日に行われたリーグ戦第8節vs浦和戦では、選手もボールもよく動き、浦和陣内でチャンスを作るもゴール前での精度に欠いてしまい決めきれず、後半開始直後という一番集中しなければ何らない時間に失点。しかし下を向かずに攻め続け、試合終了間際に同点に追いついたエスパルス。5日にはルヴァ杯予選リーグ第2節vs名古屋戦が行われました。

 交代出場した若きオレンジ戦士達の活躍で同点に追いつくことができた。またゴールこそ生まれなかったものの、カルリーニョスも縦横無尽にピッチを駆け巡りチャンスを作り攻撃面の成長を見せてくれた。悠悟も浦和の強力な攻撃に対して強固な守備を見せてくれた。一方、自分たちが主導権を握っている時間帯に決めきる。そして集中が途切れてしまう時間帯を作らない。成果と課題が顕在化した浦和戦だったように思います。
 そして迎えるルヴァ杯名古屋戦。名古屋とは今季リーグ戦第2節で対戦し、1-2で敗戦しています。しかしその名古屋も今節柏に敗戦し、今季負けなしだった名古屋に土がついています。一方で次の試合は浦和戦から中3日のミッドウィークに開催されるルヴァ杯予選リーグ。リーグ戦の出場機会に飢えたヤングエスパルスの日本平での活躍に大いに期待できます!浦和戦でも唯人や慶太や梨誉の活躍で同点ゴールを決めることができました!ヤングエスパルスのギラギラした活躍に期待したいところです!

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で約半年ぶりに開催されるルヴァ杯予選リーグ。この一戦も大切な公式戦!リーグ戦敗戦の汚名を返上し、リーグ戦へ向けて勢いをつけるためにも、ヤングエスパルスの活躍で名古屋を撃破できるか!エスパルスの底力を見せたい試合がキックオフ!

 リーグ戦の合間の中3日で迎えるルヴァ杯予選。クラモフスキー監督はリーグ戦からスタメンを総入れ替え。GKにはヴォルピ、CBには岡崎と福森、SBには金井と奥井、守備的MFには六平、MFに宮本と西村、最前線には唯人とドゥトラ、そしてティーラシンが入りました。
 試合出場に飢えていたオレンジ戦士たちの気迫のこもったプレーで試合の入りは上々。ボールを支配しながらサイドを起点に名古屋ゴールに迫ります。しかしゴール前でプレーの精度を欠いてしまい、決定的なチャンスを作ることができません。一方の守備陣は、リーグ戦のスタメンを主体とした名古屋の強力な攻撃に対し、GKヴォルピをはじめとした最終ラインが踏ん張って名古屋のボールをはじき返し、自陣ゴールを守りつづけます。しかし前半終了間際にマテウスの強烈なFKのこぼれ球を丸山に詰められてしまい失点。そしてそのまま前半が終了。1点ビハインドで試合を折り返します。
 
 後半からクラモフスキー監督は、唯人に代えて河合チャソを投入。中盤での攻守のバランスをとりつつ、攻撃の起点を作ります。そして後半開始。攻撃のギアを一段上げて前がかりに攻勢に出るエスパルス。しかし選手間の連携の甘さからミスが目立ってしまい、54分にはマテウスに決められてしまい失点。エスパルスは名古屋にリードを広げられてしまいます。
 局面を打開したいクラモフスキー監督は61分、ティーラシンに代えて梨誉を、西村に代えて成岡を、宮本に代えて滝君を投入。フレッシュなヤングエスパルスを3人同時に投入し、試合の主導権奪還を狙います。しかし名古屋の堅守を突き崩すことができず、逆にエスパルスは名古屋にミスや間隙を突かれてしまい、守備に忙殺される時間が続いてしまいます。
 このままでは終われないクラモフスキー監督は85分、六平に代えて平墳を投入。中盤からの攻撃のビルドアップを狙います。しかし試合終了間際に名古屋に追加点を奪われてしまい、そのまま試合終了。エスパルスは名古屋敗戦してしまいました。


 エスパルスは名古屋に敗戦。この結果今季のルヴァ杯は予選で敗退となってしまいました。非常に残念です。
 「誰が出ても自分たちのサッカーができる」と信頼を口にしていたクラモフスキー監督の言葉に応えようと、ヤングエスパルスはボールをポゼッションしながらパスワークで攻撃の圧力を強めていました。リーグ戦メンバーを主体とした名古屋に対し、後方ではプロ2年目の梅田に守護神の座を奪われたGKヴォルピが好セーブを見せると、最終ラインも体を張ってボールをはね返しつづけていました。しかし前半終了間際に失点してしまうと、名古屋の試合運びのうまさに翻弄されてしまったエスパルス。61分には3年目の滝、ルーキーの梨誉、2種登録のエスパルスユースの成岡と若手3選手を一気に投入。トップデビューとなった成岡は中盤の底から落ち着いたボールさばきを見せていました。ただ全体では攻撃のバリエーションが足りず、迫力のある攻撃展開ができなかった。エスパルスの全体的な戦力アップに課題を残す結果となってしまいました。


 次の試合はリーグ戦第9節vs札幌戦。札幌とは昨季2戦2敗と勝てていません。そして札幌には「タイのメッシ」との異名をとるチャナティップが在籍。エスパルスには「タイの英雄」と言われるティーラシンが在籍!まさしく次節は日本で開催される「THAI DERBY」といえるでしょう!タイの誇と名誉を背負って戦う両雄が、我等が聖地・日本平で相対峙するこの一戦!日本のみならずタイからも熱い視線が注がれるはずです!


 オレンジ戦士はルヴァ杯名古屋戦で顕在化した全体のチーム力の低さについて、特にヤングエスパルスは十分に意識し、レギュラーポジションを奪い取る勢いで日々の練習を行ってほしいです。そしてレギュラーポジションの選手はルヴァ杯敗退の事実を重く受け止め、この悔しさをリーグ戦で必ず晴らし、我等が聖地・日本平で札幌を撃破し、エスパルスの名をタイにまで轟かせてほしいです。


 結果はしっかり受け止め、この思いを忘れるな!そして必ずこの悔しさを晴らそう!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2020年8月 7日 23:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2314

コメントしてください