メインエスパルス観戦記2019年悪い流れを断ち切る「初ゴール」で勝利!

2019年10月25日

悪い流れを断ち切る「初ゴール」で勝利!

天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会準々決勝
鳥栖 0-1 清水

 19日に行われたリーグ戦第29節vs広島戦では、高い位置から広島にプレッシャーをかけてボールを奪い、攻守の切り替えを早くして広島陣内に切り込んで、ドグの技ありFKで先制。ここまではいい形だったものの、六平の負傷交代という不運もあり、後半広島に逆転を許し敗戦してしまったエスパルス。23日には天皇杯準々決勝vs鳥栖戦に臨みました。

 前節の浦和戦に続いてドグの先取点を生かし切れず、2戦連続の逆転負け。試合運び、そして守備面での拙さが、残留争いからの脱出を妨げているのかもしれません。しかし!問題点が明確なら、対策を考え実行することも可能!オレンジ戦士の奮起に期待がかかります。
 そして迎える鳥栖戦。鳥栖とは6月30日のリーグ戦17節@アウェイで対戦し2-4で敗戦しています。しかし!天皇杯は負けたらそこですべて終了のノックアウト方式のトーナメント戦。何が起こるかわからないのが天皇杯です!しかも試合はリーグ戦から中3日の水曜日の開催。リーグ戦出場機会が少ないヤングエスパルスの実力が試される試合。我武者羅に遮二無二に勝利を目指し走りきることができれば、おのずと道は開けるはず!リーグ戦の嫌な流れを断ち切るような勝利に期待したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、雨模様という荒天の中の、平日のナイトゲームにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@駅前スタに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、遠方アウェイ&荒天の中でのサポート本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。プロントアキバもガッツも予約が取れなかった。初動が遅かった...(´;ω;`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりまっしぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「悪い流れを断ち切る待望の初ゴールで勝利した試合」だったようです。

 リーグ戦vs広島戦からGK西部、SBに悠悟、そしてトップ下にドゥトラと、スタメン3人を入れ替えて臨んだ天皇杯vs鳥栖戦。河井チャソは守備的MFに入りました。
 試合開始直後から激しいプレスと球際の強さで攻撃のリズムをつかみ、中盤の河合チャソからドゥトラが攻撃の起点となり鳥栖ゴールに迫ります。
 試合が動いたのはそのリズムから。15分に河井チャソから相手DFの背後に絶好の浮き球スルーパス!これをペナルティエリア内で受けたドゥトラがダイレクトでシュート!ボールはふわりとゴール左隅へ吸い込まれてゴール!エスパルスが鳥栖に先制します!
 その後も高い位置からの守備で鳥栖のボールを奪い、攻守の切り替えを早くして鳥栖ゴールを脅かし続けるエスパルス。前半終了間際の42分にはドグの惜しいシュートもありましたがGKに阻まれてしまいゴールならず。そして前半が終了。エスパルスが1点リードして試合を折り返します。
 
 後半になると1点リードされている鳥栖はサイド攻撃を積極的に駆使して、同点ゴールを狙いにエスパルス陣内に。エスパルス守備陣は鳥栖の猛攻撃を受け自陣に引き下がり受け身に回ってしまいます。それでもGK西部の好セーブもあり、エスパルス守備陣が踏ん張りを見せて自陣ゴールを守ります。
 リードを守りたい篠田監督は、80分にドゥトラに代えて鎌田を、アディショナルタイムにはケンタに代えて梨誉を投入。守備的な選手を投入し守りを固め時間を有効に消化し、そしてそのまま試合終了!エスパルスが鳥栖に勝利しました!


 エスパルスは鳥栖に勝利!天皇杯準決勝に駒を進めました。準々決勝進出は2014年以来年ぶり。タイトル奪取に向けて一歩前進しました。
 リーグ戦も最終盤に差し掛かり、ヘナトと六平をはじめとした選手の負傷者が続出しているエスパルス。篠田監督は「総力戦」と位置付けたこの一戦で、トップ下の河井チャソを一列下げ、ポジションを確保できずにいたドゥトラをトップ下で起用。そして決勝ゴールはこの2人から。篠田監督の選手起用がピタリとはまった試合でした。
 今年8月にエスパルスに新加入したドゥトラ。これまでノーゴールとなっており、自分でも思うような活躍ができずにいたはず。しかしここ一番という大舞台で決定的チャンスを逃さずにゴールを決めるあたりは流石と言えるでしょう。
 8月の入団会見で「点を取ったら」と予告していた通り、ドゥトラは刀を振り回す「侍ポーズ」をようやく披露。歓喜の輪の中でもみくちゃにされ、「自分の特徴が出たシーン。大事な試合で決めることができて良かった」と安どの気持ちを口にしました。
 18年ぶりのタイトル獲得の夢をつないだエスパルス。「ドゥトラのゴールは、チームにとってもうれしいこと。次に進むという最大の目標を達成できた」と篠田監督。過酷な残留争いを戦うエスパルス、リーグ戦で試合連続逆転負け、そして次節の静岡ダービーを前に悪い流れも断ち切った勝利でした。


 次の試合はリーグ戦第30節「静岡ダービー」vsジュビロ戦。ジュビロとはリーグ戦とルヴァ杯、そして天皇杯4回戦で4試合対戦し4勝!しかも目下ジュビロはリーグ戦で最下位といまだ苦戦しています。しかし!相手はジュビロ!いつどのような状況にあっても、相手の順位やコンディションがどうだろうと一切関係ナシ!静岡ダービーはお互いの誇りと誇りが真っ向からぶつかり合う決戦!今季は4戦4勝!リーグ戦で残留争いから抜け出すためにも、次節の静岡ダービーでは勝利は絶対に必要条件!静岡ダービーでの勝利できれば、きっとオレンジ戦士の背中を力強く押してくれるはずです!

 ルヴァ杯決勝があるため、リーグ戦まで若干時間が空きます。オレンジ戦士はまずは体に蓄積されてしまった疲労をしっかり取り除き、フィジカルケアを入念に行ってほしいです。そして鳥栖戦での勝利に浮足立つことなく、後半鳥栖に押し込まれてしまったところでの守備陣の動きや連携を再検証し、修正してほしいです。そして次節の「静岡ダービー」に向けてコンディション調整を万全に行い、チーム戦術をさらに浸透させ、静岡ダービーでジュビロを撃破し、リーグ戦での残留争いで勝ち抜くための足がかりにしてほしいです。


 まずは2,000万円確保か。でもここは通過点だかんな!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2019年10月25日 13:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2262

コメントしてください