メインエスパルス観戦記2019年取れる時に取っとく!これ大事。

2019年9月30日

取れる時に取っとく!これ大事。

2019 J.LEAGUE Division1 27th leg.
湘南 0-6 清水

 18日に行われた天皇杯4回戦「静岡ダービー」vsジュビロ戦では、リーグ戦とほぼ同じスタメンでガチンコ勝負に挑み、試合開始から球際で激しくボールを奪い前半はスコアレス。64分に失点してしまうも試合終了間際のアディショナルタイムにドグが引き寄せたオウンゴールで同点に!延長戦でも決着がつかず、PK戦にもつれ込む接戦!そこでGK西部がPKを2本阻止して勝利!。5年ぶりのベスト8進出を決めたエスパルス。29日にはリーグ戦第27節vs湘南戦に臨みました。

 ブラジル人4人が先発に名を連ね、ほぼベストの布陣でジュビロに真っ向勝負を挑んだエスパルス。試合立ち上がりからオレンジ戦士一人一人が運動量を惜しまず、球際で激しくボールを奪いに行く姿は「磐田には負けられない」というオレンジ戦士の想いの現れ。走りに走り、相手ゴールへ向かう。その一つ一つの積み重ねが劇的な同点ゴールに、そして西部のミラクルスーパー神セーブにつながったのだと思います。
 そして迎える湘南戦。湘南とは3月31日に行われたリーグ戦第5節@日本平で1-3で敗戦してしまっています。しかも湘南は目下リーグ戦で13位。エスパルスとの勝ち点差はわずか1しかありません。そうです!この試合も残留争いのライバルチームとの6ポイントマッチとなるのです!今季リーグ戦でのエスパルスの趨勢を決めるといっても過言ではないこの一戦は絶対に勝ちたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@BMWスへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 湘南は粘り強い守備と走力を生かした攻撃が脅威となるチーム。小さなミスやわずかな気の緩みが致命的な結果に直結してしまう事でしょう。今季リーグ戦でのエスパルスの趨勢を決めるといっても過言ではないこの一戦で勝利を決めることができるか!エスパルスの今季を占う試合がキックオフ!

 試合立ち上がりは湘南が豊富な運動量に物を言わせる猛攻を仕掛け、エスパルスは防戦一方の展開に。しかしオレンジ戦士各々が高い集中力で湘南の猛攻撃を食い止め、自陣ゴールを守ります。すると試合の主導権は徐々にエスパルスに傾き始め、エスパルスが優位に立つ時間が長くなり始めます。
 そんな時に限ってエスパルスを不運が襲います。17分にヘナトが負傷。プレー続行が見送られ、六平が交代出場となります。
 しかし!今のオレンジ戦士はこんなことで下を向きません!むしろさらに運動量を上げ、高い位置から湘南に球際で厳しくアプローチしてボールを奪い、そこから攻守の切り替えを早くして、湘南陣内に切り込みます。
 そして25分、試合が動き出します。エリア中央右でエウソンがボールを受けると、そこから湘南陣内中央にドリブルで切り込んで、ペナルティアーク付近でケンタとの絶妙ワン・ツー・パスで湘南ゴールに侵入し右足で冷静にシュート!ボールはゴールに流れ込んでゴール!エスパルスが前半で先制ゴールを決めました!
 その後もボールポゼッションを高めて自分たちの攻撃のリズムを崩さず、湘南陣内に攻め込んでゴールをうかがうエスパルス。湘南守備陣のギャップを突いてシュートチャンスを作り出します。
 すると43分、左からのCKでキッカーのエウソンはショートコーナーを選択!!河井チャソが落として、再びエウソンが受けると、再び縦にボールを出してケンタにパス!!ケンタがポストになりこれを落としすと、エウソンがこれを冷静にシューート!!ボールはゴールに吸い込まれてゴーール!!エスパルスが湘南を突き放します!!
 しかし!エスパルスは攻撃の手を一切緩めようとはしません!その直後の44分、湘南陣内左バイタルエリアでボールを受けたケンタが左サイド深くに駆け上がる后へパス!!!后がこれをダイレクトでセンタリング!!!これを湘南ゴール正面で受けた河井チャソが左足でシューーート!!!ボールは湘南DFの股を抜けてゴールに転がり込んでゴーーール!!!エスパルスがさらに湘南を突き離します!!!
 これで前半が終わるだろうと思われた前半アディショナルタイム、まだまだ終わっちゃいませんでした!!!!右サイドを駆け上がる翔太が湘南陣内に絶妙のスルーパス!!!!これを涼がゴールラインギリギリでゴール前に折り返しのパス!!!!これをケンタが体ごと押し込んだシューーーート!!!!ボールはゴールに押し込まれてゴーーーール!!!!エスパルスが前半で大量4ゴールを決めて前半が終了!!!!4点リードで試合を折り返します!!!!
 
 後半立ち上がりの52分、湘南陣内バイタルエリアで翔太が湘南守備陣から球際厳しくボールカット!!!!!ルーズボールをドグが拾って、あとは湘南ゴール前にドリブルで切り込んで湘南DFを一人かわして左足で強烈なシューーーーート!!!!!ボールはゴールネットに突き刺さりゴーーーーール!!!!!エスパルスが5点目のゴールを決めて湘南を寄せ付けません!!!!!
 大量リードを奪ったエスパルス。しかし!守備に転じるようなことはしません!その4分後の56分、エウソンのスルーパスを河井チャソが受けて中央のドウグラスへパス!!!!!!これをドグがが前に落とし、それに反応したケンタが湘南守備陣の裏へ抜け出してGKと1対1に!!!!!!ケンタが冷静にGKを見て右足で丁寧にシューーーーーート!!!!!!コースを突いたボールはゴール左に転がり込んでゴーーーーーール!!!!!!エスパルスが大量6ゴールで湘南を引き離します!!!!!!
 大量リードを奪った篠田監督は62分、エウソンに代えて鎌田を投入。鎌田は元湘南所属。古巣対決での活躍に期待がかかります。
 しかしその後、このままでは終われない湘南がエスパルスに逆襲を仕掛け、高い運動量を駆使してエスパルス陣内に攻め込んできます。しかしオレンジ戦士一人一人が守備意識を高く保ち続け、湘南の猛攻撃を退け、自陣ゴールを守ります。
 失点を避けたい篠田監督は85分、河井チャソに代えてテセを投入。攻守のバランスを考えつつ、高い位置からの守備を高めます。そして湘南の攻撃を防ぎきって試合終了!!!!!!エスパルスが6ゴール無失点で湘南に勝利しました!!!!!!


 エスパルスは湘南の勝利!勝ち点3を積み上げました。順位が近いチームとの6ポイントマッチを勝ち取ったエスパルス。J1残留に向けて大きく前進したといえそうです。
 ゴール前の混戦を切り開く華麗なパスワーク。湘南の3バックの両サイドを突くサイド攻撃。そしてT化良い位置から攻守の切り替えを早くしてショートカウンター。エスパルスが持てる様々な攻撃パターンを駆使して、クラブJ1最多タイとなる6ゴールを奪い快勝!篠田監督は「湘南のプレスをはがし、よく背後に出ていった」とエスパルスのゴールラッシュを称えていました。
 一方で、前半の早い時間にヘナトが負傷交代を余儀なくされるというアクシデントに見舞われつつも、オレンジ戦士全員が高い守備意識と運動量を駆使し5試合ぶりのクリーンシートでの勝利。そして故障などで戦列を離れていたテセが15試合ぶりにピッチに復帰したことも大きな意味を持つでしょう。2ゴール2アシストのケンタは「みんなが意識を高く持ち、一つになることができた」とコメント。J1残留へ向け、まだまだ気が抜けない戦いが続きますが、チームは確実に強くなってきていると感じました。


 次の試合はリーグ戦第28節vs浦和戦。浦和とは4月28日のリーグ戦第9節@日本平で対戦し、0-2で敗戦しています。しかし浦和は目下リーグ戦で14位ではあるものの、エスパルスとの勝ち点差はわずか2しかありません。すなわち、次の浦和戦も湘南戦同様に残留争いのライバルチームとの6ポイントマッチという事です!浦和はACLでの戦いで中3日での試合。一方エスパルスは十分な準備期間がありました。アウェイでの試合にはなりますが、その差は試合結果に生かさなければなりません!エスパルスにとって次節浦和戦も、今季のエスパルスの運命を左右するくらいの非常に重要な試合になるでしょう。

 オレンジ戦士は湘南戦での大量ゴールでの勝利に浮かれることなく、自分たちの攻守の切り替えのタイミングや守備時の選手間の連動、そして特に自陣内でのマークの受け渡しやプレイエリアの確認等、選手間の連携をさらに高めてほしいです。そしてJ1残留に向けてさらに前進ずるために、万全の準備を期して浦和戦で勝利を決めてほしいです。


 得失点差でマイナスがワーストなんだから、ゴールできるときにゴールしとかんとね。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2019年9月30日 20:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2257

コメントしてください