メインエスパルス観戦記2019年オレンジ戦士全員の勝利への想いが手繰り寄せたミラクルゴールとミラクルセーブ!

2019年9月22日

オレンジ戦士全員の勝利への想いが手繰り寄せたミラクルゴールとミラクルセーブ!

天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会4回戦
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
65th. The SHIZUOKA Derby Match
磐田 1-1 PK3-4 清水

 13日に行われたリーグ戦第26節vs名古屋戦では、試合立ち上がりで名古屋に先制されてしまうもケンタのミドルですぐさま同点に追いつき、後半開始直後にエウソンのゴールで逆転!更にケンタの2ゴール目が決まって名古屋を突き放し、終了間際の名古屋の猛攻をしのぎ切って勝利したエスパルス。18日には天皇杯4回戦「静岡ダービー」vsジュビロ戦に臨みました。

 先制ゴールを決められても終盤に名古屋に再三ゴールを脅かされても、オレンジ戦士の足は最後まで止まりませんでした。札幌に0-8、鹿島に0-4と大敗が続いていた本拠地で、再び無残な姿をさらすわけにはいきません。その思いは、すべてのオレンジ戦士の胸にあったはず。自身のデビュー戦となった今季リーグ戦第16節vs名古屋戦@アウェイで劇的なアディショナルタイム決勝ゴールを決めたケンタもその思いは強かったことでしょう。それを2ゴールという形で表してくれたケンタ。そして掴んだ勝ち点3は、オレンジ戦士に大きな力を与えてくれたはずです。
 そして迎える「静岡ダービー」vsジュビロ戦。ジュビロとは今季リーグ戦とルヴァ杯で3試合対戦し3勝!しかも目下ジュビロはリーグ戦で最下位と苦戦しています。しかし!相手はジュビロ!いついかなる状況にあっても、相手の順位やコンディションがどうだろうと関係なく、静岡ダービーはお互いの誇りと誇りが真っ向からぶつかり合う決戦!しかも試合は平日水曜日のナイトゲーム、そしてアウェイ@ヤマスタでの試合。試合は難しい展開になることは想像に難くありません。しかし!リーグ戦で残留争いから抜け出すためには、この静岡ダービーでの勝利は必要不可欠!静岡ダービーでの勝利は、きっとオレンジ戦士に大きな力を与えてくれるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにも関わらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@ヤマスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 静岡ダービーは常に意地と意地とのぶつかり合い!是が非でも何が何でも清濁併せのんでも黒が白でも勝たなければなりません。そしてリーグ戦においても、エスパルス残留を阻むであろうジュビロを天皇杯で叩き、リーグ戦反転攻勢の号砲と成せるか!エスパルスを想う全ての人々の誇りを賭けた一戦が火蓋を切って落としました!

 リーグ戦から中4日にもかかわらず、契約の都合で出場できない拓生と切り札のケンタを除き、篠田監督はスタメンをガッチガチの主力組で構成。GKには西部が、そしてドゥトラがスタメン入りしました。ベテランの安定したセービングに期待です。
 試合立ち上がりからエスパルスがボールを支配し、運動量を高くしてジュビロに猛攻撃を仕掛け、ジュビロを自陣の押し込んでケンタやドグを中心としたエスパルス攻撃陣でジュビロゴールを狙います。しかしジュビロも自陣では必死の守備を展開。ゴール前を固めて自陣ゴールを守る体制を構築。エスパルス攻撃陣はジュビロ守備陣を引きはがすことができません。
 エスパルスは再三決定的チャンスを作ってジュビロゴールに迫るも決めきれず、またジュビロにもゴールを許すことなく、拮抗した試合のまま前半が終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半に入ってもエスパルスは試合の主導権を掌握。ジュビロ陣内に積極的に切り込んでジュビロゴールを脅かし続けます。しかし負ければすべて終了の天皇杯、ジュビロも必死の抵抗を見せ自陣ゴール前を固め、エスパルス攻撃陣はジュビロゴールを切り開くことができません。逆に64分、ジュビロのカウンターからエスパルスゴール前での混戦となり、最後はジュビロに決められてしまい失点。エスパルスは後半に1点を追いかけなければならなくなります。
 敗戦はすべて終了となってしまうトーナメント戦。絶対に勝利しなければならない篠田監督は失点直後の67分、涼に代えて六平を、翔太に代えてケンタを、74分には河合チャソに代えて梨誉を投入。攻撃陣にフレッシュな選手を投入し、まずは同点ゴールを狙います。それでもリードしたジュビロは更に自陣ゴール前を固め、エスパルスの攻撃はことごとくはじき返されてしまいます。
 誰もがこのまま終わと考えていたであろう試合終了間際のアディショナルタイム、試合は再び動き出します。梨誉が中盤でボールをジュビロからボールを奪うと、左サイドを駆け上がるドゥトラにパス!ドゥトラがドリブルでバイタルエリア中央に切り込んで右足でシュート!これはジュビロDFに当たってしまう弾かれてしまうも、こぼれたボールがゴール前に詰めていたドグの前に転がりこみ、ドグがボールを拾って必死に足を延ばします!しかしボールになんとか触れた程度。しかしジュビロDFとのもつれ合いからこぼれたボールはジュビロゴールに吸い込まれてゴール!そして90分が終了!エスパルスが土壇場でジュビロに追いつき、試合は延長戦に突入します!
 
 延長戦から篠田監督は、エウソンに代えて悠悟を投入。延長戦での失点に最大限の注意を払います。
 そして延長戦に突入!両者とも90分戦いきった状態で迎える、まさに精神力の戦いに。お互いに動きに精彩は欠くものの、気ちでは絶対にジュビロを遅れをとらず走り続けます。そして自陣ではゴールを死守し失点を防ぎ続けます。
 延長戦半、そして後半も両者しのぎを削るギリギリの攻防が続き、お互いにゴールを決められないまま延長戦が終了。試合はついにPK戦にまでもつれ込みます。
 
 エスパルスのキッカーはヘナト、ドグ、ドゥトラ、ケンタ、ソッコと続きます。
 ジュビロの一人目ルキアンがPKを決め、次にエスパルスのヘナト。しかしヘナトはPKを大きくふかしてしまい失敗。ここでエスパルスはジュビロに1ゴール差をつけられてしまいます。
 しかし!ゴールマウスに立つのは「勝利を導く 守護神」西部洋平!ジュビロの二人目荒木のPKを見事に読み切り右へ横っ飛びしてクリアします!
 エスパルスの二人目のキッカーはドグ。これは落ち着いて決めて1-1に。そしてジュビロの三人目は藤田。この藤田のPKも西部か完全に読み切って、左へ横っ飛びしてPKをキャッチ!!西部はPKを2本止めるというスーパーミラクル神セービングを見せ、ジュビロに計り知れないプレッシャーを与えます!!
 エスパルスの三人目はドゥトラ。このPKを冷静に決め、エスパルスはジュビロに2-1と逆転を果たします!!
 ジュビロの四人目アダイウトン、エスパルスの四人目ケンタ、ジュビロの五人目嘉人までPKを決め、これまでのスコアは3-3に。そしてエスパルス五人目のキッカーはソッコ!!!!ソッコのPKが決まればエスパルス勝利!!!!ソッコが冷静にゴール中央にシューーーート!!!!ボールはゴールネットに突き刺さりゴーーーール!!!!エスパルスが西部の神セービングでPK戦を制し、静岡ダービーを制しました!!!!


 エスパルスは「静岡ダービー」vsジュビロ戦で勝利!天皇杯準々決勝にコマを進めました。エスパルスの天皇杯での準々決勝進出は5年ぶりとなります。
 エスパルスはブラジル人4人が先発に名を連ね、ほぼベストの布陣でジュビロに真っ向勝負を挑みました。試合立ち上がりからオレンジ戦士一人一人が運動量を惜しまず、球際で激しくボールを奪いに行く姿は「磐田には負けられない」というオレンジ戦士の想いの現れ。走りに走り、相手ゴールへ向かう。その一つ一つの積み重ねが劇的な同点ゴールにつながったのだと思います。
 PK戦ではGK西部が2本阻止。5年ぶりのベスト8進出が決まると、スタンドはお祭り騒ぎに。今季の静岡ダービーはルヴァ杯を含めて4戦全勝。サポーターの祝福を一身に受けたGK西部はベテランらしく努めて冷静に「最後まで全員が走った結果。リーグ戦にも必ずつながるはず」とコメント。そうです!この勝利にただ浮かれるのではなく、この勝利をリーグ戦に繋げることで初めて静岡ダービー勝利の意味が大きくなるのだと思いました。そしてそれを実践するのはオレンジ戦士達。リーグ戦での躍進に期待したいです。


 次の試合はリーグ戦第27節vs湘南戦。湘南とは3月31日に行われたリーグ戦第5節@日本平で1-3で敗戦してしまっています。しかも湘南は目下リーグ戦で13位。エスパルスとの勝ち点差はわずか1しかありません。そうです!この試合も残留争いのライバルチームとの6ポイントマッチとなるのです!湘南は粘り強い守備と走力を生かした攻撃が脅威となるチーム。小さなミスやわずかな気の緩みが致命的な結果に直結してしまう事でしょう。一瞬の隙も見せてはいけない重要な試合。今季リーグ戦でのエスパルスの趨勢を決めるといっても過言ではない試合になりそうです。

 オレンジ戦士は静岡ダービーでの勝利に浮かれるだけではなく、失点シーンでの守備選手の動きや失点までの流れの中での問題点を十分に分析し、守備時の自陣内での連携や連動、そしてどこで誰がボールを奪うかなどを徹底的に見直してほしいです。そして静岡ダービーでの勝利をリーグ戦に繋げるべく、湘南戦で勝利を掴み取ってほしいです。


 PK戦に突入した時、オイラは密かに勝利を確信してた。なぜならGKが西部だったから。
 西部はスーパーミラクル神セービングを時折見せてくれることを知ってたから。
 
(一方でどおってことないボールをクリアミスすることも時折あるのはここではナイショw)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2019年9月22日 15:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2256

コメントしてください