メインエスパルス観戦記2019年「禍根」ではなく「記録」を残した試合!

2019年7月 7日

「禍根」ではなく「記録」を残した試合!

2019 J.LEAGUE Division1 18th leg.
清水 2-1 神戸


 3日に行われた天皇杯2回戦vs長野戦では、格下のディビジョンの長野を圧倒するかと思いきや、運動量を惜しまずに我武者羅にプレーする長野に苦戦を強いられてしまい、それでも試合終了間際に河合チャソの渾身のゴールが決まって辛くも天皇杯2回戦を突破したエスパルス。6日にはリーグ戦第18節vs神戸戦に臨みました。

 リーグ戦の出場機会が少ないオレンジ戦士主体で臨んだ天皇杯vs長野戦。相手は目下J3で最下位、しかもリーグ戦からスタメンを総入れ替えして天皇杯に臨んだ長野に対し、エスパルスは前半から攻めあぐね、攻撃のアイデアもプレーの精度も低く、終盤まで長野ゴールをこじ開けられませんでした。リーグ戦での攻撃の主力であるドグやエウソンが不在というだけで、ここまで攻撃陣が精彩を欠いてしまうということは、大きな問題点と言えそうです。
 そして迎える神戸戦。神戸とは昨季リーグ戦で1勝1分と勝ち越しています。しかし神戸はイニエスタをはじめとした強力な攻撃陣を要するチーム。方やエスパルスは残留争いの渦中にあるチーム。力量の差は歴然と言えそうです。しかし!リーグ戦11位の神戸との勝ち点差は2しかありません。この対戦でエスパルスが勝利することができれば、順位をあげられるチャンスは大きいおです。一方でJ2自動降格圏の17位松本との勝ち点差は3しかありません。それは些細なミスによる敗戦が、エスパルスを一気に窮地に追い込む可能性も高いといえるでしょう。これからリーグ戦も後半戦に突入します。リーグ戦後半戦最初の試合に勝利して、後半のリーグ戦で大いに巻き返しを図りたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、そぼ降る雨の中にもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、雨の中でのサポート本当にお疲れ様でした。

 昨季の日本平での神戸戦はGK六反の渾身のゴールで同点に終わったものの大荒に荒れてしまい、両チームに禍根が残った試合だったことは記憶に新しいところ。しかし!今季のエスパルスは違うというところを見せなければなりません!昨季のように荒れた試合ではなく正々堂々と戦って神戸に勝利する
ことができるか!エスパルスの誇りをかけた試合がキックオフ!

 天皇杯2回戦vs長野戦から中2日で迎えるリーグ戦vs神戸戦。篠田監督は天皇杯vs長野戦からスタメンを10人入れ替え。いわゆる主力組で神戸戦に臨みました。河合チャソだけは中2日での連戦。疲労が気にかかります。
 試合は立ち上がりからイニエスタやビジャといった世界レベルの強力な攻撃陣を擁する神戸がボールを保持し、エスパルスは神戸に試合の主導権を握られてしまいます。それでもエスパルス守備陣はソッコやヘナトといった選手が軸になって自陣ゴール前で神戸攻撃陣に自由にさせず、自陣ゴールを守ります。
 試合が動いたのは26分、自陣バイタルエリアで二見が神戸の選手からボールをカットして前線へ!これに追いついたドグが体を入れ替えて神戸DFをかわして右サイドをドリブルで駆け上がる!山口蛍のチェックもかわすと、体制を崩しつつもペナルティエリア内に持ち込んで、神戸ゴール前左へ走りこんできた航也へ左足アウトサイドでラストパス!これを航也が左足で冷静にシュート!ボールはゴールに滑り込んでゴール!航也の5試合ぶりのゴールでエスパルスが先制しました!
 しかし先制された神戸が黙っているわけはなく、先制ゴールが決まった3分後の29分にビジャに決められて試合失点。エスパルスは神戸に追いつかれてしまいます。
 その後も神戸はイニエスタやビジャを中心にエスパルスゴールに迫ってきます。エスパルス守備陣は神戸の猛攻をはじき返す時間が長く続いてしまいますが、それでもエスパルス守備陣が集中を切らさずに守備を展開し続け、自陣ゴールを守り続けます。
 その後両者とも決定的なチャンスをゴールに結びつけられないまま前半が終了。1-1で試合を折り返します。
 
 後半になっても神戸の猛攻撃が止むことはなく、オレンジ戦士は守備の時間が長く続いてしまい、攻勢に転じることができません。それでもオレンジ戦士は反転攻勢の機会を虎視眈眈と狙い続けていました。
 そして68分!エスパルスの神戸陣内奥の左サイドからのスローイン!!ボールを持った二見はボールから丁寧に水けをふき取ると大きく助走をとって神戸ゴール前ファーサイドよりにロングスロー!!これをドグがジャンプ一番頭ですらしてヘディンシューート!!ボールは神戸ゴールに吸い込まれてゴーール!!エスパルスが神戸に再びリードしました!!
 その後篠田監督は、77分に航也に代えて六平を、河合チャソに代えて翔太を投入。攻守のバランスを考慮しつつ、神戸陣内へ切り込むタイミングを狙います。しかし神戸はここからパワープレーを仕掛け、神戸攻撃陣がエスパルスゴールめがけて猛然と迫ってきます。しかしオレンジ戦士全員が集中を切らさず運動量を上げて、神戸攻撃陣の猛攻撃をはじき返し続けます。
 勝ち点3を掴み取りたい篠田監督はアディショナルタイム、エウソンに代えて悠悟を投入。守備的な選手を追加し自陣ゴール前を固めます。そして試合終了!!エスパルスが神戸に勝利しました!!


 エスパルスは神戸に勝利!勝ち点3を積みあげました。この結果リーグ戦の順位は暫定12位に。神戸を順位で抜き、エスパルスがリーグ戦後半戦を幸先よくスタートすることができました。
 イニエスタとビジャ。神戸には世界の頂点に立った元スペイン代表2人がいたが、しかしエスパルスにはJリーグで確かな実績を残し続ける頼もしいゴールハンターがいます。ブラジル人FWドウグラス。輝きを放ち続ける蹴球人型決戦兵器が、タレントぞろいの神戸を黙らせました。
 前半は神戸DFをかわす巧みなプレーとドリブル突破で航也の5試合ぶり6ゴール目をアシスト。そして後半には二見のロングスローを打点が高いヘディングで神戸ゴールに突き刺す。エスパルスが誇る「ブラジリアンゴールゲッター」はこの試合で世界の頂点に立っていた2選手を完全に凌駕していました。
 しかしそんなドウグラスは非常に謙虚。試合後のヒーローインタビューでも「サポーターと仲間のおかげ」を繰り返すばかり。ゴール前の技術が高くゴールも取れる。そして周囲の選手も使える。最前線から献身的な守備も展開する。そして人間的に謙虚。この試合で決めた、24年ぶりのJ1でのクラブ新記録となる7戦連続ゴールは、そんなドウグラスにサッカーの神様がプレゼントしてくれたに違いまりません。
 最近7試合で8ゴール。目下ゴールランキングの首位は10ゴール決めている神戸のビジャ。ドグは4位タイの8ゴールです。このペースでゴールを量産すれば...。しかし、サッカーはそんなに甘くはない事は誰しもがわかっていること。ドグには怪我に十分注意してもらい、しっかりしたフィジカルメンテナンスをしつつ、ピッチで輝き続けてほしいです。そして若きオレンジ戦士達はそんなドグからあらゆることを学び吸収し、自分の成長の糧にしてほしいです。


 次の試合はリーグ戦第19節vsG大阪戦。G大阪とは昨季リーグ戦で1勝1負と五分の成績。しかし目下G大阪はリーグ戦14位と苦戦しています。すなわちG大阪との一戦は残留争いのライバルチームとの一戦になるのです。G大阪との勝ち点差はわずか2しかありません。ということは、この一戦でエスパルスが敗戦してしまうようなことになれば、順位は再びJ2降格圏すれすれに転落してしまうでしょう。次のG大阪戦はエスパルスにとってリーグ戦後半戦の浮沈を占う重要な一戦になりそうです。

 オレンジ戦士は神戸戦での勝利を噛み締め、自分たちのやってきたサッカーに自信を深めてほしいです。しかし一方で失点してしまった場面を十分に分析し問題点を洗い出し、その解決を速やかに実践してほしいです。そしてアウェイでG大阪を撃破し、残留争いから一歩抜き出してほしいです。


 昨季からの成長は結果で示す!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2019年7月 7日 14:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2240

コメントしてください