メインエスパルス観戦記2019年悲しい、そして悔しい...

2019年5月13日

悲しい、そして悔しい...

2019 J.LEAGUE Division1 11th leg.
清水 0-4 川崎

 8日に行われたルヴァ杯予選リーグ第5節vsG大阪戦では、リーグ戦からスタメンを総入れ替えしたとはいえ、鹿島に続きG大阪にもいいよにボールを持たれてしまい、そしてG大阪のパスワークを生かした攻撃に翻弄されてしまい敗戦。ルヴァ杯予選敗退となってしまったエスパルス。12日にはリーグ戦第11節vs川崎戦に臨みました。

 G大阪に敗戦し、グループステージ1試合を残し敗退が決定してしまいました。リーグワースト22失点の守備がまたしても崩壊。公式戦は3連敗となってしまいました。
 そして迎える川崎戦。川崎とは昨季リーグ戦で2戦して2敗しています。しかも川崎は目下リーグ戦で4位につけてい好調なチーム。チームとしての攻守の約束事や戦術理解が浸透しており、非常に難敵であることにあ違いはありません。そして川崎はエウシーニョの元所属クラブ。我等が聖地・日本平での川崎戦に誰よりも投資を燃やしているはず!この想いにチーム全体で答えて、エウシーニョの川崎への「恩返し」をしたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 絶不調のエスパルスにあって、一番苦しいのは誰あろう実際に戦っている選手や監督のはず!こんな時だからこそ、エスパルスにかかわるすべての人々の想いを一つにする時!エスパルスにかかわるすべての人の想いを一つにして、この酷難を乗り越えるきっかけをつかめるか!エスパルスの周防念場の戦いがキックオフ!

 試合立ち上がり、エスパルスは最終ラインを高く保ち、エウソンの攻撃参加を促せる戦いを展開。スタメン出場したドウグラスの動きもよく、川崎に対してショートカウンターをメインに攻撃を仕掛けます。しかし川崎ゴール前でのプレー精度を欠き、選手間の連携ミスやパスミスなどが散見されてしまい、川崎ゴールをこじ開けることができません。すると23分には川崎のCKから小林に押し込まれてしまい失点。エスパルスは川崎に先制点を献上してしまいます。
 その後もドウグラスや航也、翔太を中心に攻撃を展開するエスパルス。しかし小さなミスや連携のズレなどが目立ってしまい、エスパルスの攻撃に迫力を加えることができません。それでも自陣ゴールをエスパルス守備陣が必至で守り続け、失点を何とか回避し続けます。しかし前半終了間際に左サイドを崩され脇坂のヘッドで決められてしまい失点。そして前半が終了。エスパルスは2点差を追いかける苦しい試合展開を余儀なくされてします。

 後半に入っても状況が好転することなく、個々の能力を生かせないパスミスや連携ミス、そしてプレー精度の低さもあり、エスパルスは効果的な攻撃を展開することができません。
 局面を変えたいヨンソン監督は74分、河合チャソに代えてテセを投入。守備的な選手を1人減らし、攻撃的な選手を投入しパワープレーを仕掛けます。しかしそれが裏目に出てしまい、自陣バイタルエリアを川崎にいいようにつかわれてしまい、エスパルスは自陣で守備に忙殺される時間が続いてしまいます。
 まずは反撃の一撃を加えたいヨンソン監督は80分、慶太に代えて滝君を投入。最前線にフレッシュな選手を投入し、反撃を試みます。しかしその直後の80分、エスパルスゴール前の守備のずれを川崎に突かれてしまい、大島に鮮やかなミドルシュートを叩き込まれてしまい失点。エスパルスは川崎にさらに突き放されてしまいます。
 このままでは終われないヨンソン監督は82分、航也に代えて楠神を投入。巧みなドリブル突破に期待を賭けます。しかし試合終了間際のアディショナルタイムに、川崎のレアンドロダミアンに鮮やかなバイシクルシュートを決められてしまい追加点を献上。そして試合終了。エスパルスは川崎に敗戦してしまいました。


 エスパルスは川崎に敗戦、勝ち点を積み上げることができませんでした。
 酷い試合内容だったし、それ相応の結果であったとも思います。しかし、エウソンを使うためにラインを高く保つやり方が出来てた。そしてエウソン自身も守備で頑張ってた。ドグもかなりコンディション上がってきた様子でした。この部分についてはこれからの試合でも続けていってほしいです。
 一方、守備陣には課題山積でしょう。守備字の選手間の連携や連動、そしてどこでだれが何をするといった決め事の明確化と共有。守備をする際に大切な要素がことごとく欠如してしまっているように思えました。そこは可及的速やかに改善してほしいです。
 川崎戦敗戦の結果、順位は再び自動降格圏の17位へ転落。11節終了時点で2勝2分7敗で勝ち点8となりました。J2に降格した2015年のリーグ戦第11節終了時点では2勝4分5敗の勝ち点10でしたので、当時よりもいまのほうが厳しい状況であることは間違いないでしょう。
 この結果を踏まえ、フロントはヨンソン監督の退任を発表。非常に早い判断でチームの立て直しに着手しました。当面は篠田善之コーチが監督代行を務めるようです。
 川崎に敗戦してしまったこと、再び自動降格圏に順位を落としてしまったこと、2015年当時より勝ち点で劣っていること、そしてヨンソン監督の事実上の更迭...。悲しい、そしてとても悔しいです...。
 しかし、サッカーは続きます。すぐさま次の試合に向けて準備をしなければなりません。チームの立て直しこそが、去りゆくヨンソン監督への餞となるんだと思います。


 次の試合はリーグ戦第12節vs大分戦。大分は今季J2から昇格してきたチームですが、目下リーグ戦の順位は3位と川崎より上位にいます。チームの戦術理解も進んでいて、チームとしての成熟期を迎えているであろう大分は、攻守において非常に強力であり、小さなミスが取り返しのつかない致命傷につながってしまうことになるでしょう。しかし!大分にだって付け入る隙が必ずあるはず!オレンジ戦士がもっともっと運動量を惜しまず、集中を切らすことなく試合に臨むことができれば、必ず結果はついてくるはず!ここでエスパルスの意地を見せてほしいです!

 オレンジ戦士は川崎戦での守備陣の動きや連動、そしてプレーのミスについて十分に解析を行い、チーム全体で守備時の選手の連動や連携を徹底的に確認し、失点を回避するために最善を尽くしてほしいです。そして攻撃陣は敵ゴール前でのプレー精度を向上させ、できる準備を万全に行い、アウェイで大分を撃破してほしいです。


 この試合の持つ意味を、オレンジ戦士は胸に刻み込んで絶対に忘れないでほしい




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2019年5月13日 21:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2230

コメントしてください