メインエスパルス観戦記2019年特効薬にして効果絶大!それがダービー勝利!そして超新星の予感!

2019年3月16日

特効薬にして効果絶大!それがダービー勝利!そして超新星の予感!

2019 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第2節
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
62th. The SHIZUOKA Derby Match
清水 1-0 磐田

 9日に行われたリーグ戦第3節vs札幌戦では、札幌に先制されてしまうも前半のうちにいったんは追いつき、前半終了間際に再び突き放されてしまい、後半開始早々に追加点を献上してしまい、システムを4-4-2に変更するも連携面でミスが目立ってしまいさらに失点を重ねてしまい、試合終了間際に滝君が一矢報いるのが精いっぱいで敗戦してしまったエスパルス。13日にはルヴァ杯予選リーグ第2節「静岡ダービー」vsジュビロ戦に臨みました。

 守備の立て直しを期して今季採用してきた3バックから昨季まで使っていた4バックで札幌戦に臨んだものの、不慣れなポジションに入った選手間の連携がかみ合わずミスが増えてしまい、リーグ戦では約4年ぶりの大量5失点で敗戦してしまったエスパルス。守備面の立て直しが急務となりました。
 そして迎えるジュビロ戦。昨季は公式戦で4試合ジュビロと対戦し2勝1分1敗。10月7日に行われたリーグ戦第29節@ホームでの静岡ダービーでは5-1の快勝を決めています。しかし、その時のコンディションや順位に関係なく、ガチの勝負が繰り広げられるのが静岡ダービー。しかもリーグ戦から中3日の水曜日のナイトゲーム。さらにエスパルスのコンディションは今までになく最悪の状況。厳しい試合になることは火を見るよりも明らかです。この酷難をチーム全体で乗り切れれば、必ず新しいステージが見えてくるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが我らが聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、寒い中本当にお疲れ様でした。

 今季いまだ公式戦未勝利のオレンジ戦士達。コンディションがよろしくないことは明らか。しかし、たった一つの勝利が状況を一変させることもよく知っています。日本平でジュビロを撃滅し、今季最初の静岡ダービーで勝利決め、リーグ戦の巻き返しに向けて弾みをつけることができるか!エスパルスの決戦が火蓋を切って落としました!

 ヨンソン監督はスタメンをGK六反とエウソンを除く9人を変更。六反は先発予定だった西部のコンディション不調によりスクランブル出場となりました。
 試合は高いセカンドボールの回収率でジュビロに主導権を握られ、エスパルスは押し込まれてしまう時間が続いてしまいます。それでもヘナト・アウグストが要所で体を張って死守。最終ラインの4人もリスクを冒さない守備でボールをはね返すなど、オレンジ戦士は辛抱強くジュビロの攻撃をはじき返しつづけ、自陣ゴールを守り続けます。その甲斐あって前半は今季初めてとなる無失点で終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半開始早々に試合は動きます。47分に滝君が敵陣の高い位置でプレスを掛けると、ペナルティエリア外でパスを受けたジュビロGK三浦がパスミス。このボールを奪ったエウソンが前にパスを出すと、これを受けた滝君が遠い位置からスライディングシュート!ボールは無人のゴールに吸い込まれゴール!エスパルスがジュビロに先制しました!
 しかしその8分後の55分、二見がジュビロDFとのタックルを受けて負傷。ヨンソン監督は悠悟をピッチに送り出します。
 先制点を決めたエスパルスはさらに攻勢を強め、ジュビロゴールに襲い掛かります。しかし負けられない思いはジュビロも同じ。自陣では必至の守備を展開し、自陣ゴール前を固められてしまい、エスパルスは追加点を奪うことができません。
 静岡ダービーで勝利を期すヨンソン監督は76分、エウソンに代えて河合チャソを投入。中盤からの攻撃展開の幅を広げ、ゴールを狙います。すると77分、石毛がエリア内で倒されてPKをゲット!キッカーはテセ!しかし渾身の右足シュートはGK三浦に完璧に読まれてしまい、エスパルスは追加点を決める絶好のチャンスを逃してしまいます。
 ここからジュビロは反転攻勢に。エスパルスは再びジュビロの猛攻撃にさらされることになってしまいます。しかしオレンジ戦士は集中を切らさず運動量を上げ、ジュビロの猛攻に耐え続けます。
 ここでもうひと押ししたいヨンソン監督は86分、テセに代えて航也を投入。高い位置からの守備とダメ押しの一発を狙います。
 残念ながら追加点は決まらなかったものの、ジュビロの反撃もはじき返し続け、そのまま試合終了!エスパルスがジュビロに勝利!静岡ダービーを制しました!


 エスパルスはジュビロに勝利!今季初の静岡ダービーで勝利しました!これまで今季公式戦未勝利だったエスパルスにとって、この1勝はダービー勝利という意味のほかに、非常に大きな意味を持つ1勝にかもしれません。
 お互いの意地と意地がぶつかり合う静岡ダービーでの勝利、しかもそれがエスパルスユース出身の19歳・滝君が決めたゴールでの勝利!オレンジ戦士はこの1勝で大きく勇気づけられ、そして失いかけた自信を取り戻すことができたはずです。
 「自分のゴールで勝たせたい。ジュビロは絶対負けちゃいけない相手」と試合前に語っていた滝君。静岡ダービーの重みを知るユースっ子の活躍に、若手もベテランも大きく刺激を受けたはずです。
 今季公式戦初勝利の相手がジュビロだったのは感慨深く、そしてそれが滝君の3試合連続ゴールで決まったのは喜びもひとしお。この静岡ダービーの勝利をリーグ戦での反転攻勢のおおきあ足掛かりにしてほしいです。


 次の試合はリーグ戦第4節vs神戸戦。神戸とは昨季リーグ戦で1勝1分。しかし今季はイニエスタにポドルスキもチームとJリーグになじみ、さらに今季はダビド・ビジャも加入し、昨季よりも数段攻撃力が増しているはず。少しの油断やミスは世界トップレベルのプレーヤーに見透かされてしまい、待っているのは最悪の結果だけでしょう。いかにミスを少なくし、高いレベルでのプレーを持続できるか。オレンジ戦士にハイレベルな課題のクリアが求められると思います。

 オレンジ戦士は静岡ダービーでの勝利に惑わされることなく、しかし自分たちが実践してきたサッカーが間違っていなかったと自信を取り戻し、プレーの質を高めてほしいです。そして世界レベルの強豪選手を擁する神戸をアウェイで撃破するために、一つ一つの連携や連動などのプレーの精度を高めてほしいです。


 なにはさておき勝てたのはよかった!それがジュビロだったからなおさら!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2019年3月16日 01:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2219

コメントしてください