メインエスパルス観戦記2019年システム変更したばかり、課題は山積...

2019年3月 3日

システム変更したばかり、課題は山積...

2019 J.LEAGUE Division1 2nd leg.
清水 2-4 G大阪

 いよいよ2019シーズンが2月23日に開幕!開幕戦vs広島戦では、試合の主導権を広島に握られてしまうも今季から採用した3バックが集中して守備を展開。間隙をぬって航也が先制点を決めるも後半に追いつかれてしまいドロー。勝ち点1を分け合ったエスパルス。3月2日にはリーグ戦第2節vsG大阪戦に臨みました。

 今季ヨンソン監督は新たに3バックを採用。3-2-4-1の攻撃的かつ守備的MFの運動量を駆使した守備を展開し得点力と守備力の強化を図ったエスパルス。広島戦ではエウソンも出場できず攻撃面では幾分迫力不足になってしまいましたが、それでも慶太の可能性や航也のゴールで新布陣の可能性を感じられました。
 そして迎えるG大阪戦。G大阪とは昨季リーグ戦で1勝1敗。アウェイでは勝利したものの、ホームの日本平では敗戦を喫してしまっています。しかし!今節はいよいよ我らが聖地・日本平での今季リーグ開幕戦!!新採用のシステムも日を追うごとにオレンジ戦士の戦術理解も深まっているはず!この日を待ち望んでいた多くのオレンジサポータが日本平に集結し、オレンジ戦士の背中を力強く押してくれるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが我らが聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 新システムの戦術理解度に主力選手の戦列離脱など、不安な要因はいくつもあります。しかしそれを乗り越えて勝利を掴むことができれば、長いリーグ戦を戦い抜くことができるはず!日本平でG大阪を迎撃し昨季の雪辱を果たすことができるか!エスパルスの勝利への気持ちを見せたい試合がキックオフ!

 この試合では涼が体調不良で欠場、ベンチにも入りませんでした。その代わりに六平がスタメン出場。おそらく3月6日のナビ杯予選vs松本戦を意識した采配なのかもしれません。そして最終ラインではソッコが3バックの中央に、悠悟が右SB、ヴァンちゃんが左に入りました。
 試合開始直後から航也と慶太を中心として攻撃陣が躍動!G大阪守備陣を翻弄しG大阪ゴールを脅かします。すると試合開始早々の17分、飯田からのパスをG大阪陣内バイタルエリアで受けた慶太が折り返して右サイドへ展開!これを悠悟が右サイドに流れてダイレクトにゴール前へクロス!これをニアで航也が潰れ役になってG大阪DFを引き付け後ろの慶太がダイレクトボレーシュート!ボールはG大阪ゴールに突き刺さりゴール!エスパルスが先制ゴールを決めました!
 しかしその12分後、左サイドかの攻撃への対応が遅れてしまい小野瀬に決められてしまい失点。エスパルスはG大阪に追いつかれてしまいます。
 その後G大阪ゴールに迫ろうとするエスパルスでしたが、攻守の連携にミスが目立ち始めてしまいボールが上手く繋がらず、効果的な攻撃展開ができないまま前半が終了。1-1で試合を折り返します。
 
 後半になると、さらにG大阪に試合の主導権を握られてしまい、自陣に押し込まれてしまう時間が長くなってしまうエスパルス。守備陣の連携にミスが目立ってしまい、そこをG大阪が見逃すはずはなく、エスパルスゴールに迫られてしまいます。そして58分にアデミウソンに決められてしまい失点。エスパルスはG大阪に逆転を許してしまいます。その12分後の70分には、またしても守備陣のイージーミスからアデミウソンにこの日2点目を決められてしまい失点。エスパルスは2点を追いかける苦しい試合展開を余儀なくされてしまいます。
 事態を打開したいヨンソン監督は失点直後の70分、飯田に代えてテセを投入。最前線に攻撃的な選手を投入し、ゴールに迫るチャンスを狙います。しかしその3分後の73分には、」エスパルスDFの連携の隙をG大阪に突かれてしまい、ファン・ウィジョに決められてしまい失点。エスパルスはG大阪にさらに点差を広げられてしまいます。
 その5分後の78分、反撃の機会を掴みたいヨンソン監督は、慶太に代えて石毛を投入。8分後の86分には翔太に代えて滝君を投入滝君はプロ2年目で初めてのリーグ戦初出場となりました。
 するとその滝君が結果を出します!試合終了間際のアディショナルタイム、エスパルスがペナルティアーク付近中央でFKのチャンス!キッカーは石毛!ボールはクロスバーに弾かれてしまいますが、これを滝君が詰めて右足でシューート!!ボールはG大阪ゴールに吸い込まれてゴーール!!エスパルスが1点返しますが反撃もここまでで試合終了。エスパルスはG大阪に敗戦を喫してしまいました。


 エスパルスはG大阪に敗戦、勝ち点を積み上げることができませんでした。前節の広島戦同様、このG大阪戦でも後半の試合運びに大きな課題が露呈しました。しかし前節の広島戦では相手のプレスに対応しきれなかったのに対し、このG大阪戦では単純なパスミスや連係ミス、そしてプレーでのミスが目立ってしまい、そこからG大阪の反撃を受けてしまう。試合後ヨンソン監督は「簡単なミスにつけ込まれた」と振り返り、悠悟は「失敗しても誰かがカバーしないと」と反省の弁が聞こえてきました。
 今季初採用の3バックのシステムもまだまだ戦術理解が足りず、しかも広島戦では悠悟が中央だったことに対しG大阪戦ではソッコが中央、左のヴァンちゃんのところでミスが目立ってしまい、涼の代わりにスタメン出場した六平も連携面で不安が残ってしまう形になってしまいました。
 3バックでは特に守備陣の連動や連係、そして運動量が求められます。この敗戦をしっかり分析し、オレンジ選手の戦術理解に役立ててほしいです。
 一方攻撃面では、航也と慶太の前半で躍動!慶太のエスパルス加入後初ゴールも決まりました。アディショナルタイムにピッチに立った滝君もップロ初ゴールを決めています。攻撃面ではよい部分がありました。チーム全体で連係ミスやパスミスを無くし、攻守において対戦相手に優位に立てるようにしてほしいです。


 次の試合はルヴァ杯予選リーグ第1節vs松本戦。松本とはこれまで公式戦で計4度対戦し、通算1分け3敗。エスパルスにとって松本は目下最大の難敵と言えます。しかし!どんな難敵であろうと撃破しなければならないのがプロの世界!そしてこの試合はルヴァ杯の予選リーグ第1節。リーグ戦での出場機会に飢えている「ヤングエスパルス」が躍動できる最大のチャンスなのです!

 オレンジ戦士はG大阪戦での敗戦をしっかり分析し、新システムの戦術理解と高めると同時に選手間の連携や連動を高め、そして基本的なパスミスや連動ミスを撲滅させてほしいです。そして攻守の切り替えや好調な攻撃陣の連携を高め、札幌戦勝利のために抜かりない準備をしてほしいです。


 新システムの戦術理解はまだまだ道半ば。でもリーグ戦はもう始まっちゃってる...




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2019年3月 3日 15:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2216

コメントしてください