メインエスパルス観戦記2018年オレンジボーイズの戴冠まであと2つ!

2018年11月 5日

オレンジボーイズの戴冠まであと2つ!

第26回Jリーグユース選手権大会 準々決勝
柏レイソルU-18 1(PK4-5)1  エスパルスユース


 第26回Jリーグユース選手権大会の準々決勝vs柏レイソルU-18戦が5日、NACK5スタジアムで行われました。近所のスタジアムでオレンジボーイズが戦うということで、オイラも単独出撃!微力ながらサポートしてきました。

 試合は立ち上がりから球際で厳しくボールを奪い合う展開に。柏レイソルU-18がボールを持つ時間が長く、エスパルスユースはやや守備に時間を割かれてしまいます。それでもエスパルスユースが中盤でボールを奪うと、ボールを細かくつないで柏レイソルU-18守備陣の裏を突く攻撃を展開し、柏レイソルU-18ゴールに迫ります。
 そして33分、川本君が中央でパスを受けるとミドル一閃!ボールは柏レイソルU-18ゴールに突き刺さりゴール!エスパルスユースが先制ゴールを決めました!そして前半が終了。1点リードで試合を折り返します。
 
 後半になると、先制された柏レイソルU-18は一層攻撃のギアをあげて、エスパルスユースに襲い掛かります。自陣に押し込まれてしまう時間が続いてしまうエスパルスユース。それでもオレンジボーイズは集中を切らさず守備を続け、自陣ゴールを守り続けます。
 自陣ではしっかりとした守備を展開していたエスパルスユースでしたが、試合終了間際の89分に柏レイソルU-18の正田君に決められてしまい失点。そして試合終了。試合は10分ハーフの延長戦に突入します。
 
 延長戦に突入しても試合の主導権を柏レイソルU-18に握られてしまい。エスパルスユースは防戦に回る時間が続いてしまいます。しかしオレンジボーイズも必至な守備を展開し自陣ゴールを守りきり延長前後半が終了。試合はついにPK戦にもつれ込みます。
 
 両チームとも4人目までがしっかりとPKを決め、ついに5人目。両チームともこれを決めるとPK戦はサドンデスに。
 エスパルスユースの5人目がPKを決め、柏レイソルU-18の5人目のキッカーに。そして放たれたシュートはクロスバーを叩きミス!ここでPK戦が終了!エスパルスユースが柏レイソルU-18に苦戦しながらも勝利しました!

 エスパルスユースは柏レイソルU-18に勝利!準決勝に駒を進めました。終始柏レイソルU-18の攻撃に苦しめられながら、辛くも勝利を掴んだオレンジボーイズ達。こういった苦しい試合をものにすると、トーナメント戦では勢いをつかむもの。エスパルスユースの今後に期待したいです。

 次の試合はJユースカップ準決勝アルビレックス新潟U-18戦。11月11日にベストアメニティスタジアムで行われます。準決勝からはDAZNやJリーグ公式Youtubeチャンネル等でライブ配信されるとのこと。エスパルスユースに精一杯の橙魂を送りたいです。


 栄光まであと少し!最後まで突き進め!!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2018年11月 5日 23:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2194

コメントしてください