メインS-PULSE2018年伝統を守り継ぐことも大切 新たな息吹を吹き込むことも大切

2018年10月28日

伝統を守り継ぐことも大切 新たな息吹を吹き込むことも大切

S-PULSEのリブランディング プロジェクト(ブランド再構築)について(エスパルス公式)

 今季になって進められてきたエスパルスのリブランディング(ブランド再構築)。これまでその活動がそんなに表面化していませんでしたが、ここへきてその具体的な活動が表面化。それがクラブの象徴ともいえるエンブレムの改変です。ってか、いきなりそこかい...。

 とはいえ、お茶濁し程度のちゃっちいリブランディングではなく、クラブとして全てをゼロベースで本気でリブランディングを考えているんだなぁと思いました。しかも、独断的にリブランディングを進めるのではなく、長年クラブを支え、共に歩んできたサポーターや地元の皆さんの意見を取り入れるという姿勢も評価できると思います。上記リンク先の公式HPの内容を、皆さんもご一読され、忌憚ない意見をクラブへビッシビシ送っちゃっていただけたらと思います。

~以下抜粋~

 現状のエンブレムはオリジナル10としてのJリーグ加入以来、25年以上使われてきているものです。その時間の蓄積から、多くのサポーターの皆様に愛着を持っていただいているものでもあります。我々はこの愛着の資産を大切に次の世代に伝えていこうと考えております。
 
 一方で、現状のエンブレムは視認性・情報量のコントロール・印刷性能などのデザイン品質における課題を抱えております。例えば、エンブレムを小さく印刷したときに文字情報が潰れてしまい視認できないことや、S-PULSEの文字の後ろに白の円環があることで、遠くから見たときにS-PULSEの文字が視認できないことについては、ブラッシュアップの余地があると考えました。
 
 エンブレムについては、地球や富士山など、現状のエンブレムがデザインされた当時の意志・思想を尊重し、サポーターの愛着を守りながら、かつデザイン品質を磨き上げることで、次の25年、さらにその先を見据え、使用に耐えるものに洗練させる必要があると考えております。


 なるほど、いろんな課題があるんですね。言われてみればそうかもしれないと、うなづけるものばかりです。
 オイラはクラブのエンブレムなんて、もう変わらないもんだと勝手に解釈していました。しかしよくよく考えてみたら、今使われているエンブレムはクラブ創設時から5年後の1997年に変更になったものですよね(まぁそれは一回運営会社が破綻しちゃったからなんだろうけど...)。

 そして提案されたのが2種類の改善案。

~以下抜粋~

2. エンブレムの改善案について
 これまで使われてきたエンブレムの良い特徴を引き継ぎながら、一方で改善ができる部分については、より良いデザインに改善していこうと考えております。この改善案について、エスパルスのデザインチームは長い時間をかけて検討してきました。今回、ファン・サポーターの皆様にも、広くご感想やご意見を頂戴する機会が設けられればと考えました。下記のデザイン2案をご覧頂き、コメントなどを頂ければ大変幸いです。


 どちらも今のエンブレムに比べると随分とシンプルになりますね(画像は公式HPを参照ください)。色はオレンジ・ブルー・シルバーの3色。色味ではオレンジ色が濃くなっています。チーム創設から使ってきたS-PULSEのロゴは使わないようです。
 案2は現在の地球儀部分を修正しつつ残していますが、案1は地球儀部分を更にシンプルに。ってかこれじゃ地球儀だってわかんないでしょ...。
 
 個人的には案2のほうが良いかなと思います。やっぱり今のエンブレムの意匠をわかりやすく残したほうが良いんじゃないかなと。それとも新たな未来へ踏み出す決意を表すためにも、ガラッと刷新しちゃうって決断もありかな。一方で、「変えない」っていう選択肢もあってもいいんじゃないかなと思います。

 なお、新エンブレムはこの2つのうちどちらかが使われる、ということではないようです。サポーターからの意見を聞いて、現在のエンブレムのデザインやイメージ、色などが残る形になるかもしれませんし、これ以外のデザインになる可能性もあります。
 新しいエンブレムが使われるのは2020年からとのこと。旧来にとらわれず新しきを否と決めつけない。そんな発想で常に広い視野と考察から議論を尽くしてもらえたらと思います。


 ただ一つ言えるのは、エンブレムが変わったくらいでオイラのエスパルスを応援する気持ちは変わらないということです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2018年10月28日 14:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2192

コメントしてください