メインエスパルス観戦記2018年昨季の屈辱を晴らす大勝利!!

2018年10月 8日

昨季の屈辱を晴らす大勝利!!

2018 J.LEAGUE Division1 29th leg.
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
61th. The SHIZUOKA Derby Match
清水 5-1 磐田

 9月29日に行われたリーグ戦第28節vsFC東京戦では、ドウグラスと航也の連携で先制点!その後ドウグラスが貰ったPKをきっちり決めてゴール!守備では六反がスーパーセーブを披露し、11試合ぶりに無失点勝利を決めたエスパルス。10月7日にはリーグ戦第29節「静岡ダービー」vsジュビロ戦が行われました。

 負ければJ2自動降格圏に近づく可能性もあったvsFC東京戦でしたが、オレンジ戦士全員がハードワークを惜しまず、守備では立田とソッコが、攻撃ではドウグラスと航也が、そしてゴールを守る六反が、それぞれ中心となって活躍し勝利!上位チームであるFC東京に勝ち点以上の大きな意味がある勝利でJ1残留へ前進しました。
 そして迎える静岡ダービーvsジュビロ戦。目下ジュビロはリーグ戦で暫定12位。しかしエスパルスとの勝ち点差はわずか4しかありません。エスパルスもジュビロもJ1残留を賭け、そして静岡サッカーの誇りを賭け、絶対に勝利しなければならない一戦。ジュビロはなりふり構わず全力でこの一戦に臨んでくるはず。その時の順位やコンディションは全く関係なしの真剣勝負。チケットは5日前に完売!今季のエスパルスの真価が問われるであろうこの試合は絶対に是が非でも何が何でも黒が白でも勝ちたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 昨季エスパルスはリーグ戦第29節@日本平でジュビロに0-3で完敗しています。警告2枚を受けて退場処分になった后や、試合に出られなかった航也は、試合後に人目をはばからず涙していました。その時の屈辱は、今でも記憶に新しいはず。いまこその屈辱を晴らす時なのです!この決戦で磐田を撃破し、昨季の屈辱を晴らし今季J1残留に王手をかけられるか!エスパルスの決戦が火蓋を切りました!

 静岡ダービーで勝利し残留争いから一歩抜け出たいヨンソン監督は、9月29日のFC東京戦からスタメンを1人を変更。河井チャソに代えて石毛を起用しました。そしてこの試合でテセが久しぶりにベンチに入りました!
 試合はいきなり動き出します。試合開始40秒ほど、センターサークル付近でジュビロの上原からドウグラスがボールをかっさらうとショートカウンター発動!ドウグラスがドリブルで中央を駆け上がり、左サイドを駆け上がる航也にスルーパス!ジュビロDFの背後に抜けた航也が受けると左バイタルエリアから左足を振りぬいてシュート!ボールはゴール右ポストにあたりゴールに吸い込まれてゴール!エスパルスが試合開始50秒で先制ゴールを決めまた!
 先制ゴールを決められたジュビロはスンスケを起点にして攻撃を展開。エスパルスはジュビロに押し込まれる時間帯が続きます。しかしジュビロの川又や大久保に対してソッコや悠悟を中心としたエスパルス守備陣がしっかり対応。セットプレーでもオレンジ戦士は集中力を切らさずに守備を行いシュートを防ぎ、自陣ゴールを守ります。
 すると、ジュビロのセットプレーを凌いだ38分、敵陣中央でボールを奪った航也がジュビロに寄せられるも粘って前にいたドウグラスへスルーパス!!ドウグラスがジュビロDFの裏へ抜けると、ジュビロDF3人がドウグラスを止めに体を寄せます。しかしドウグラスは3人に囲まれながらペナルティエリア中央から左足を振りぬいてシューート!!ボールはジュビロゴール右隅にねじ込まれゴーール!!エスパルスがジュビロを突き放します!!
 その後も両者負けられない静岡ダービーということもあり、闘志をむき出しにして闘う選手たち。前半終了間際には、ドウグラスへの大久保のスライディングタックルで小競り合いとなり、そのまま両軍入り乱れるシーンもありましたが、ゴールが決まることなく前半が終了。エスパルスのリードで試合を折り返します。
 
 2点ビハインドを負ったジュビロは後半開始から2枚替えを敢行。大久保と上原を下げ、MF山本とMF荒木を出場させます。そして51分、ジュビロの田口の連携プレーでゴールを決められてしまい失点。エスパルスはジュビロに1点差に詰め寄られてしまいます。
 しかし!オレンジ戦士はここからさらに攻勢を強めます!失点した10分後の61分、センターサークル左からの涼のFKをペナルティアーク付近でドウグラスがポストプレーで胸で落とし、航也とのワンツーでペナルティエリア内に突入!!!右に流れたドウグラスがジュビロDFに寄せられながらも右足でシューーート!!!ボールはジュビロゴール右隅に吸い込まれてゴーーール!!!エスパルスがさらにジュビロとの点差を広げます!!!
 ジュビロに2点差をつけたエスパルス。しかし全く攻撃の手を緩めません!ドウグラスのゴールの11分後の72分、フレイレが自陣中央でジュビロのパスをカットすると、そのままジュビロ陣内へドリブルで持ち込み左を走る凌兵にパス!!!!凌兵がシンプルにワンタッチで中央に折り返すと、走りこんできた石毛が受け、中を見た石毛がペナルティアーク中央の航也にスルーパス!!!!これをジュビロDFの裏へ縦に抜け出た航也がボールを流しながらターンし、GKを冷静に見て右足アウトサイドでシューーーート!!!!ボールはゴール右隅に流れ込んでゴーーーール!!!!エスパルスがジュビロに3点差を付けました!!!!
 ジュビロに大きくリードしたヨンソン監督は、79分に航也に代えてクリスランを、88分には石毛に代えて村田兄やんを、アディショナルタイムには翔太に代えて水谷君を投入。攻撃的な選手を投入し、さらにジュビロを追い込みます。
 すると試合終了間際のアディショナルタイム4分、敵陣右にボールを持ち込んだクリスランが逆サイドの村田兄やんにサイドチェンジのパス!!!!!これを受けた村田兄やんが中央にスライドし、ペナルティアーク左から右足を一閃!!!!!豪快に振り抜いてミドルシューーーーート!!!!!ボールはゴール右隅に突き刺さりゴーーーーール!!!!!村田兄やん自身の誕生日を祝うゴールでジュビロに試合を決定づけます!!!!!
 その直後にジュビロの川又と六反が交錯してしまい、六反が前歯3本を折るという怪我を負ってしまったものの、ジュビロに反撃する力は残っておらず、そのまま試合終了!!!!!エスパルスが大量5ゴールでジュビロに大勝利しました!!!!!


 エスパルスはジュビロに勝利!勝ち点3を積み上げました。今季最多で、静岡ダービーでは最多タイの5ゴールと攻撃陣が爆発!昨季は3連敗と苦汁をなめさせられた宿敵ジュビロを寄せ付けず、満員のオレンジサポーター席は歓喜の渦となりました。この結果エスパルスの勝ち点は40に。順位も9位に浮上しました。
 この試合で2ゴールを決めた航也、静岡ダービーを並々ならぬ決意で迎えたことでしょう。0-3でジュビロに手も足も出せずに惨敗していしまった昨季の日本平での静岡ダービー、航也はその目に涙を浮かべていました。そして今季アウェイでの静岡ダービーはコンディションが上がらず出場できませんでした。そして迎える日本平での静岡ダービー。出場10試合で7ゴールと驚異的な力を発揮しているドウグラスとコンビを組み、互いに2ゴールを決める大活躍!試合後に航也は「悔しい思いを乗せた一戦。勝ったのは大きい」と素直に喜びを表現していました。
 またドウグラスも試合後に「良い雰囲気の中で試合ができた。リズムに乗った試合をまたホームで」とコメント。既に視線は次節の古巣広島戦を見据えていました。
 またこの試合で自分の誕生日を自分の今季初ゴールで祝った村田兄やんは「ダービーは静岡のビッグイベント。(誕生日ゴールは)持っている男を証明できた」とコメント。ここからの村田兄やんのペースアップにも期待したいです。
 守備面では悠悟の存在感が光っていました。エスパルスユース出身の20歳の悠悟が、ジュビロの川又と大久保の2トップを止めていました。前半は大久保の突破を反則覚悟の厳しい寄せで抑え、熱くなって判定に不服そうな表情を浮かべる場面も。悠悟は「負けたら再び下位にのみこまれる。気持ちが高ぶっていた」と振り返っていました。
 悠悟は189センチの長身を生かし、右サイドから積極的に攻撃にも参加。「こんなに気持ち良い勝利は初めて」と試合後に悠悟はコメント。静岡ダービー勝利の手応えを口にしていました。
 
 カップ戦を含めた今季の静岡ダービーの戦績は2勝1分1敗となり勝ち越し。しかし、静岡ダービーの通算成績は24勝6分31敗。いまだ負け越しています。この一戦に勝ったからといって満足してはいけないのです!まだまだ静岡ダービーでは勝利しなければならないのです!
 浮かれている時間はありません。俺達はまだ何も決めてはいません!この勝利を明日のエスパルスにつなげ、リーグ戦でさらに上位を目指さなければならないのです!


 次の試合はリーグ戦第30節vs広島戦。広島は目下リーグ戦で2位につける強豪チーム。そしてドウグラスの古巣でもあります。今季は5月2日のリーグ戦第12節@アウェイで対戦し0-2で敗戦。しかし!当時から比べエスパルスも大きく成長しているはず!古巣対決に否応なしに闘志を燃やしているであろうドウグラスに勝利をプレゼントするためにも、オレンジ戦士は一層奮起してほしいです。

 ナショナルマッチウェークに入るため、リーグ戦は2週間ほど期間が空きます。オレンジ戦士は静岡ダービーでの勝利を噛み締めると同時に、守備陣の連携や攻守の切り替えのスピード、そして攻撃時の連携や連動の質をさらに高め、チームのクオリティを高めてほしいです。そして残る今季リーグ戦5試合をすべて勝つつもりで、まずは日本平での広島戦で勝利をつかみ取ってほしいです。


 この静岡ダービー勝利に慢心するな!この勝利をリーグ戦への勢いにつなげよう!!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2018年10月 8日 15:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2188

コメントしてください