メインひまっさい雑記帳4030日の夢旅人

2018年7月28日

4030日の夢旅人

 遂になのか、もうなのか、はたまたやっとなのか...。その日がやってきました...。

 今月、うちの愛車が車検を迎えます。今年で12年目を迎えようとしていた愛車。いま乗っているのは2代目(2台目)なんですが、車検を迎えるにあたり、以前から考えていたことを実行に移そうかと思いました。

 以前から考えていたこと。それは車の買い替えです。

 実は昨年の8月にちょっと大きめの自損事故をおこしまして...。

 夜中に自宅から単身赴任先へ車で移動中、単身赴任先まであと10kmほどというところで、カーブを曲がりきれず道路脇の土手に衝突。エアバックは展開しなかったものの、左前部をしこたま土手にぶつけてしまい、左前輪のシャフトがねじ曲がってしまい自走不能に。すぐさまJAFに依頼して車を単身赴任先へ移動してもらいました。夜中の田舎道だったのに迅速に駆けつけて、しかも嫌な顔せずに作業してくれたJAFさん、本当にありがとうございました。JAFさんマジ天使!
 
 で、車がなければどうにもならないオイラは単身赴任先のディーラーで車を修理に出すことに。

 ディーラー:「こりゃ酷いですねー。調べたんですけど、左前輪の足回りとバンパー、フェンダー、ラジエター等々が逝ってますね。修理費はだいたい50万円以上かかるりますかね。」

 tao:「え゛ーーーーーっ!(マスオさん風)こ、こんなに!? こんだけお金をかけないと直らないの?」

 デ:「はい。しかも修理に3週間くらいかかりますかね。これじゃ中古車買ったほうが安く上がりますよ。」

 平日は単身赴任先で仕事に明け暮れ、週末は自宅で色々諸々やることがあるオイラ。中古車を一からあれこれ探したり手続する時間などありません。

 tao:「とにかくまっすぐ走るようにしてくれればいいから直してください。できればお安く...。」

 デ:「では、リサイクルパーツも使って何とか仕上げてみますよ。」

 約3週間後に修理が終わりましたが、費用は30万程度...。買ってから10年以上経過している車なので車両保険はかけていないので全部実費に...。安全運転ってマジ大事(怪我がなかっただけありがたいと思え!)

 で、で、それ以前から車の天井部分のトップコートがはがれてしまい、塗装がはげ落ちてしまいつつあったこと。そして何より、このまま事故車に乗り続けるのはオイラの気分的にもモニョモニョするし、それに最近走行している時にかすかに異音がしてたし、単身赴任が終了し、あの当時の嫌な思い出もすっきり忘れたいと思いまして、この機会に車を買い替えようと思い立たわけです。

 事故後からそれとなく相方に車の買い替えを打診していたオイラ。そのことを具体的に相方に切り出すと「そうね。そういうことなら仕方ないわね。」と何とか承認をもらい、10年来乗り続けた我が愛車は、今月限りで現役を引退することとなりました...。・゚・(ノД`)・゚・。

 で!ここからはパーフェクトカウンターのごとく疾風怒濤の素早さで、以前から目をつけていた車の地元ディーラーへ行って速攻で価格交渉。いまの車は走行距離は70,000km弱乗っていて、大きな事故もしているし、新車から10年以上経っているので、ほとんど値がつかず...。・゚・(ノД`)・゚・。 それでも交渉の末、いばくかの下取り価格を出してもらいました。地元ディーラーさんサンキュー!

 10年以上愛用してきた愛車と別れる...。いざ決まってみるとやっぱり寂しいです。

 オイラの人生2台目となるこの車。コイツと過ごした日々は、先代と比べると辛いことが多かったように思います。
 コイツと家族で海や山へ。ショッピングやレジャーに。アウェイvs山形戦を観戦しに天童温泉へ、片道約380kmを運転して家族で行ったこともありました。あの時は楽しかったなぁ。しかし後半の4年間は単身赴任先と自宅を往復するための交通手段に。金曜日の夜に仕事が終わって解放感に包まれながらハンドルを握り自宅へ帰り、日曜日の夜には後ろ髪をひかれる思いでハンドルを握り単身赴任先へ。一番最初に単身赴任先へ向かう時、当時小学校2年生だったぱる坊@小僧に「行かないで!」と泣かれてしまいました。あの時は本当に辛かったです...。

 この車との想い出も枚挙に暇がありません。しかし"出会いがあれば別れは必ずやって来る...。"いつかはその日がやってくるのです。それが、今だったのです。

 この車の現役最後の週末、ガソリンも結構残っていたので"最後のロングドライブ"でも...。と考えたんですが時間もなく、台風襲来の合間を見て近くの公園に家族で出かけました。で、最後の勇姿を記憶に残したいと思い、記念撮影をしました。何枚も何枚も...(スマホだからできるんだけどね)。

 自宅に帰ってきて、車の中においてあったいろんな物を片付けていよいよディーラーへ。ほんの10分足らずの道中ですが、これまでの色々な思いが頭をよぎって、思わず目から汗が...。

carib070716.jpg

 いろいろ無茶して悪かった。ごめんなさい。そしてありがとう。本当にありがとう。本当に本当にありがとう。
 
 またいつか どこかで...。


【1/6の夢旅人】
作詞・作曲:樋口了一

 
まわるよ、まわる、地球はまわる
何もなかった頃から同じように
いつもいつでも、飛び出せるように
ダイスのように転がっていたいから

 
泣きたくなるような時も
君に逢いに行きたくなっても
強がるだけ
今は何も、何もわからない

 
世界中を僕らの涙で埋めつくして
やりきれないこんな思いが今日の雨を降らせても
新しいこの朝がいつものように始まる
そんな風に そんな風に
僕は生きたいんだ、生きていきたいんだ

 
一人きりではできないことも
タフな笑顔の仲間となら乗り切れる
たどり着いたらそこはスタート
ゴールを決める余裕なんて今はない

 
誰かを愛することが
何かを信じ続けることが
何より今
この体を支えてくれるんだ

 
世界中を僕らの涙で埋めつくして
疲れきった足元から全て凍り尽くしても
いつの日にかきっとまた南風が歌い出す
そんな風に そんな風に
僕は笑いたいんだ 笑っていたいんだ

世界中を僕らの涙で埋めつくして
やりきれないこんな思いが今日の雨を降らせても
新しいこの朝がいつものように始まる
そんな風に そんな風に
僕は生きたいんだ、生きていきたいんだ
 
(水曜でうでしょう テーマソング)
単身赴任先に向かう車の中で、必ずこれを聞きながら運転していました。



 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2018年7月28日 23:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2172

コメントしてください