メイン日本代表歴史的勝利の瞬間!

2018年6月21日

歴史的勝利の瞬間!

2018 FIFA World Cup Russia グループリーグH組1戦
日本代表 2-1 コロンビア代表

 いよいよW杯ロシア大会が開幕!我等が日本代表はグループHのグループリーグ第1戦vsコロンビア戦に臨みました!
 
 コロンビアは前回のW杯ブラジル大会でグループステージ最終戦で対戦し、1-4で大敗を喫してしまった相手。日本代表にとっては雪辱を果たす絶好のチャンスを得たといっても過言ではないでしょう。

 日本代表の西野監督はDFに昌子や長友を起用し、中盤には香川や原口、乾は柴崎が入りました。槙野や本田はベンチスタートとなりました。
 
 試合はいきなり動き出します。試合開始直後の3分、自陣からのロングボールに抜け出した大迫がシュート!これは相手GKにはじかれてしまいますが、こぼれ球に反応した香川がダイレクトで強烈なシュート!これをDFカルロス・サンチェスがペナルティエリア内で右手を伸ばしてストップし一発レッドで退場処分!そしてPKをゲット!キッカーは香川!香川が冷静にゴール右にボールを突き刺しゴール!日本代表が試合開始直後に先制ゴールを決めました!
 その後も数的優位に立った日本代表は、ボールポゼッションを高めてコロンビア守備陣のスキをうかがい、香川を中心としてボールを散らし、乾や原口がコロンビアゴールに迫ります。しかし一人少なくなったコロンビアは自陣で守備を固め、失点を回避し続けます。すると次第に日本代表はリスクマネジメントを意識しすぎるためか、コロンビアゴールを脅かす縦へのパスが減り横パスが増えてしまい、徐々にコロンビアが攻勢を強めてきます。そして39分にキンテロのグラウンダーのFKを川島が防ぎきれずに失点。日本代表はコロンビアに追いつかれてしまい前半が終了。1-1で試合を折り返します。
 
 後半に入ると日本代表は前半とはがらりと変わり、数的優位を生かしコロンビアゴールを脅かす縦へのパスが増え、柴崎や乾を起点にしてコロンビアゴールに襲い掛かります。しかしここで負けられないコロンビアも自陣ゴール前をしっかり固め、日本代表は追加点を決めることができません。
 試合を決めたい西野監督は70分、香川に代えて本田を投入。一発の決定打を持つ本田を投入し、コロンビアゴールを狙います。
 すると本田交代直後の73分、日本代表が左CKをゲット!キッカーは本田!本田のCKがファーサイドに飛ぶと、DF2人に競り勝った大迫がジャンプ一番ヘディングシューート!!ボールはゴールに吸い込まれてゴーール!!日本代表が勝ち越しゴールを決めました!!
 その後西野監督は、80分に柴崎に代えて山口蛍を、86分には大迫に代えて岡ちゃんを投入。リスクマネジメントをしつつ試合を進めて試合終了!!日本代表がグループリーグ初戦でコロンビアに勝利しました!!

 日本代表はコロンビアに勝利!勝ち点3を積み上げました。日本代表がW杯本大会で勝利したのは2大会ぶり。そして日本代表はアジアのチームとしてW杯で初めて南米チームを撃破したチームとなりました!そして本田はW杯3大会でアシストを記録した初のアジア選手となりました!
 この一戦全てにおいて、前回のW杯ブラジル大会での苦杯の教訓が活かされていました。
 ブラジル大会のグループリーグ第2戦のギリシャ戦でも、ギリシャの選手が一人退場となり日本代表は数的優位に。しかし優位という状況を若干はき違えてしまったのかプレーがほんの少し雑になり、細かなパスミスや連携ミスが出てしまいスコアレスドローという結果に。しかしこのコロンビア戦では、数的優位に立った後半から積極的にコロンビア陣内に切り込んでゴールを脅かし続け、そしてセットプレーから尾﨏が決勝ゴールを決めました。
 また59分にはコロンビア代表の選手交代でMFハメス・ロドリゲスがピッチに降り立つと、スタジアムを埋め尽くしたコロンビアサポーターから地鳴りのような声援が。これも前回のブラジル大会グループリーグ初戦のコートジボアール戦でFWドログバが交代出場したときの状況を彷彿とさせました。その時日本代表選手は、W杯独特のスタジアムの雰囲気にのまれてしまい、普段のプレーが出せなかった。しかしこのコロンビア戦では日本代表選手は動じずに、前回大会で苦杯を舐めさせられたハメス・ロドリゲスを、長友を中心にしっかりとケアして攻撃の起点にさせません。また怪我を抱えたハメス・ロドリゲスのプレーにも精彩がなかったことも奏功したのかもしれません。
 
 前回のブラジル大会終後、悔し涙を流した長友は「この4年間、苦しいことも多かったけどみんなで戦えた。だから神様がご褒美をくれたんじゃないかな。」とコメント。本大会開幕直前にハリルホジッチ代表監督が更迭され西野監督が就任。そして日本代表のFIFAランキングも61位に低迷。日本代表に対する風当たりは決して弱くはなかったはず。選手も悩む時間もあったことでしょう。しかし!サッカーにおいて勝利はチームを活性化する最大の特効薬であることは、フットボールフリークならだれでも知っていること。ここからの日本代表の奮起に大いに期待したいです。

 次の試合は中4日でセネガル代表と対戦します。セネガル代表はポーランド代表を破り勢いに乗る相手。次の試合も非常に難しくなることでしょう。
 
 そして忘れてはいけないのは、このコロンビア戦は「一人少ない相手」に「PKをもらって」勝てたということ。W杯は結果が全てなのは百も承知ですが、コロンビア代表が「退場者なし」で「PKがない」状況だったら、日本代表はもっともっと苦戦してたはずです。そのことを日本代表はしっかり見据えて、次節vsセネガル戦に臨んでほしいです。

 コロンビア戦の勝利に浮足立たず、冷静に自分たちを見つめなおして、そして全力を出し尽くそう!自らを奮い立たせろ!大和魂を燃やせ!次も必ず勝とうぜ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2018年6月21日 23:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2164

コメントしてください