メインエスパルス観戦記2018年今は内容よりも結果が大事!

2018年5月13日

今は内容よりも結果が大事!

2018 J.LEAGUE Division1 14th leg.
清水 4-2 湘南

 9日に行われたルヴァ杯グループステージ第5節「静岡ダービー」vsジュビロ戦では、試合内容ではジュビロに引けを取らなかったかもしれませんが、決定力ではジュビロに大きく差をつけられてしまい敗戦。静岡ダービーに敗れ、ルヴァ杯グループステージの地力突破も消滅してしまったエスパルスは12日、リーグ戦第14節vs湘南戦に臨みました。
 
 昨季あれだけ辛酸をなめさせられた静岡ダービー。いくら試合内容がよくても勝利がなければ、何も意味を成しません。エスパルスが今後リーグ戦を戦い抜くために、絶対に必要な力が、今のエスパルスには大きくかけていることが、如実にあらわれてしまった静岡ダービーと言えそうです。
 そして迎える湘南戦。湘南は今季J1に昇格してきたチーム。そして目下リーグ戦で13位。順位はエスパルが11位と上位にいますが、勝ち点では同じ15と並ばれています。すなわち、ここで湘南を倒しておかないと、J1残留を争う事態になった時に取り返しがつかないことになる恐れがあるということです。W杯開催により6月はリーグ戦は中断期間に入ります。それまでにどれだけ勝ち点を積み上げることができるか。静岡ダービーから中2日で迎える湘南戦の行方が、今季のエスパルスの行方を見定める一つのカギになる試合で勝利を掴みとりたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 J1残留争いのライバルチームとなるであろう湘南は、この時点で叩いておかなければならない相手であることは明らか。W杯開催による中断期間まであと2試合。中断期間前最後のホームゲームで湘南を撃破し、ホーム2連勝を達成していい流れで中断期間に入ることができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

 ルヴァ杯静岡ダービーから大きくスタメンを変更したヨンソン監督。今日のスタメンはGK六反、CBにソッコとフレイレ、右SBに飯田、左SBに松原、セントラルMFに涼と河井チャソ、MFに翔太と石毛、FWはクリスランと航也が入りました。
 試合立ち上がりから湘南は運動量を惜しまずに精力的に高い位置から速くて強いプレスをオレンジ戦士に仕掛け、エスパルスは湘南のプレスをまともに受けてしまい、攻撃のリズムをつかむことができません。しかし自陣では、ソッコを中心としたエスパルス守備陣が集中を切らさずに守備を展開し、湘南の攻撃をなんとかはじき返し続けます。
 試合が動いたのは22分、その1分前の21分に左サイドに開いたクリスランが左サイドに持ち込んでゴール前にクロス!これが湘南DFの手に当たったように見えましたが、主審の判定はエスパルスの左CKに。そして石毛の左CKのチャンス!ゴール前の混戦でニアでフレイレが倒されPKをゲット!キッカーは航也!相手GKをよく見てシュート!ボールはゴール左に吸い込まれてゴール!エスパルスが湘南に先制します!
 このゴールで勢いを増すかに見えたエスパルス。しかし湘南はいささかも運動量を落とさず、高い位置からの速くて強いプレスを展開し続け、エスパルは自分たちのサッカーのリズムをつかむことができません。それでもエスパルスは、最後のところでは集中して守備を展開。マイボールにすると手数をかけずに湘南守備陣の裏を狙ってボールを繰り出し、河合チャソや翔太が積極的に攻撃参加し、飯田や后がサイドをえぐって湘南ゴール前にクロスを上げる攻撃を丹念に続けます。
 すると40分、ロングボールを受けて湘南ゴール前に切り込んだクリスランが湘南DFに足を引っかけられ倒されて2度目のPKをゲット!!これはクリスラン自信がボールをセットしキッカーに!!そして豪快にシューート!!ボールはゴール正面上部左に突き刺さりゴーール!エスパルスがリードを広げます!
 前半終了間際に后がイエローカードを受けてしまいますが、無失点のまま前半が終了。2点リードで試合を折り返します。
 
 後半開始直後の52分、右サイドに切り込んだ飯田がゴール前にクロス!!!これにゴール前で反応したクリスランがヘディングで折り返し、航也が更に頭でコースを変えてヘディングシューーート!!!ボールはゴール右に吸い込まれてゴーーール!エスパルスが後半開始早々にリードを3点に広げます!!!
 その2分後の54分、湘南陣内左でこぼれ球を拾ったクリスランがゴール前にドリブルで持ち込んで、ゴール正面に走りこんできた翔太にクロス!!!!これを翔太がスライディングしながらシューーート!!!!ボールは湘南ゴールに転がり込んでゴーーーール!!!!エスパルスが湘南に4点差をつけます!!!!
 しかし湘南はここから意地の反撃を見せ、エスパルスは湘南の怒涛の攻撃を受け、自陣に押し込まれてしまう時間が続いてしまいます。そして66分、GK六反のクリアボールがソッコ当たり湘南選手にわたってしまい、それを押し込まれてしまい失点。エスパルスは湘南に1点を返されてしまいます。
 その直後の70分、后が湘南選手の攻撃を止めようとしてこの日2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。エスパルスは湘南より一人少ない10人で試合を続けなければならなくなってしまいました。
 一人少なくなってしまったエスパルス。ヨンソン監督は、72分に航也に代えて二見を、79分に石毛に代えて立田を、81分にクリスランに代えてデュークを投入。守備的な選手を相次いで投入し、このまま逃げ切る体制を構築します。それに対して湘南は完全に攻撃ギアをトップに挙げてエスパルスに猛攻撃を仕掛け続けます。
 湘南の猛烈な攻撃に何とか耐え続けたエスパルス。しかし試合終了間際のアディショナルタイムに湘南にゴールを許してしまい失点。エスパルスは湘南に2点差まで詰め寄られてしまいます。しかし湘南の反撃もここまで。そしてついに試合終了!!!!エスパルスが辛くも逃げ切って湘南に勝利しました!!!!


 エスパルスは湘南に勝利!勝ち点3を積み上げることができました。4ゴールは今季2度目。リーグ戦ホーム2連勝を決めました!
 航也はが昨年2月以来の2ゴール。23分のPKは翔太、クリスランとじゃんけんに勝ってキッカーに。冷静に左隅に決めると、52分にはクリスランが落としたボールを頭で押し込みました。「(PKで)じゃんけんに勝ったのは神様のアシスト。2点目は練習通り」と航也はコメント。若きエースの運と努力が勝利を呼び込みました。
 2試合ぶりに先発復帰したクリスランも1ゴール2アシストの活躍。スタンドで観戦していた母マリアさんの目の前で11試合ぶりのゴールを決めました。「母国ブラジルでも明日が母の日。母だけでなく、スタジアムに詰め掛けてくれた全員に届ける得点」とクリスランは笑顔でコメントしました。
 試合内容としては、湘南のほうが自分たちが思い描いたプランで試合を進めていたかもしれません。エスパルスはとにかく湘南の運動量を生かしたプレスに手を焼いていました。特に后の退場で1人少なくなってからは、湘南の攻撃をはじき返し続けるので精一杯だったエスパエルス。シュート数は前半後半共に3本ずつ。CKは前半が1本で後半は0本。対する湘南のシュート数は前半が4本で後半が10本、CKに至っては、前半は1本で後半は実に13本。この数字を見ても、エスパルスがいかに湘南の猛攻に晒されていたかが想像できます。
 しかしこの試合で勝利を手繰り寄せることができたのはエスパルス。不可解なジャッジングに后の退場といろいろありましたが、そんな中で勝利を掴みとることができた。チーム全体でしっかり集中できた証左ではないでしょうか。

 次の試合はルヴァ杯グループステージ第6節vs札幌戦。先週のルヴァ杯グループステージ第5節「静岡ダービー」vsジュビロ戦で敗戦してしまったエスパルス。自力でのグループステージ突破の可能性がなくなってしまい、あとはエスパルスが勝利し、ほかのチームの結果次第という状況になってしまいました。しかし!まだ完全にグループステージ突破の可能性がなくなってしまったわけではありません!そのためにも、札幌戦は勝つことが大前提!ルヴァ杯も大事な公式戦。エスパルスの意地を見せるためにも、この試合に出場するチャンスを得られたオレンジ戦士達の奮起に期待したいです!

 オレンジ戦士は、湘南戦での勝利のイメージを共有し、そのうえで湘南戦勝利に霞んでしまいがちの守備の連係ミスやプレーの精度の部分での修正点をしっかり洗い出し、その修正を図ってほしいです。そしてルヴァ杯vs札幌戦で出場するであろうオレンジ戦士は、リーグ戦でのスタメン奪取のためにも自分のプレーをアピールできるよう万全の準備をして、札幌戦で勝利を掴みとってほしいです!


 とにかく今のエスパルスにとって内容よりも結果が大事!この勢いをつなげていこう!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2018年5月13日 18:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2158

コメントしてください