メインエスパルス観戦記2018年万感の想いを込めた一勝

2018年4月30日

万感の想いを込めた一勝

2018 J.LEAGUE Division1 11th leg.
清水 2-1 柏

 25日に行われたのリーグ戦第10節vs名古屋戦では、若手の航也と翔太、そして石毛のJ1では2015年6月27日のリーグ戦1stステージ最終節vsFC東京戦以来約3年!1033日ぶりのゴールを決めて、中堅の河合チャソや涼のアシストにクリスランやデュークやテセといったベテラン勢の奮闘。オレンジ戦士が一人残らず奮励努力した結果、名古屋に勝利したエスパルス。28日にはリーグ戦第11節vs柏戦に臨みました。

 第9節節vsFC東京戦終了後に主将の涼は「苦しい時はみんなの力で乗り越えないと」とコメント。そして名古屋で若手&中堅のゴールで3得点。そしてベテラン勢のいぶし銀の奮闘。試合終了の笛が鳴り終わる瞬間までしっかりと試合を進め勝ち得た勝利!名古屋戦でチームの団結力・全体力を体現することができたのではと思いました。
 そして迎える柏戦。。柏には昨季公式戦で1勝2敗と負け越し。唯一昨季勝利したのは4月8日のリーグ戦第6節@アウェイで2-0で勝利しています。しかし昨季も日本平で勝てておらず、もっというとエスパルスは昨年8月以来、いまだ日本平で勝てていません。さらに柏は今節で強豪・浦和を撃破しており、勢いに乗っているチーム。しかも次節は中2日で行われるという厳しい試合日程となっています。エスパルスがリーグ戦を戦い抜くためには、この柏戦で勝利したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 勢いに乗る柏を中2日という厳しい日程で迎え撃つオレンジ戦士たち。しかし!涼の言葉を借りれば「苦しい時はみんなの力で乗り越えないと」いけません!、今こそエスパルスに関わる全ての皆さんの気持ちを一つにして、この酷難を乗り越えるとき!そして乗り越えた先には、きっと新たな景色が広がっているはずです!橙魂を一つにして柏を迎え撃ち、そして勝利することができるか!エスパルスの正念場の戦いがキックオフ!

 この試合でヨンソン監督はテセをスタメンで起用。テセのスタメン出場は4試合ぶりで今季2試合目。しかもテセは川崎や韓国・水原三星時代を含め、柏と過去公式戦12試合8得点。昨季もアウェイで1点決めて勝利に貢献しています。
 しかし試合開始から柏に押し込まれてしまったエスパルス。23分にはMFキム・ボギョン、30分には伊東にシュートを打たれてしまうも、六反が連続スーパーセーブを見せてこれを食い止めます。その後もエスパルスは柏にボールを保持され続け、攻勢に転じることができません。しかしソッコを中心としたエスパルス守備陣が身体を張った守備で柏の攻撃を何とかはじき返し続けます。
 そして38分、試合はついに動き出します。エスパルスが右CKを獲得!キッカーは翔太。右足でゴール前にクロスを上げると、DFの背後からゴール前に走り込んできたテセがジャンプ一番!ヘディングシュート!叩きつけたヘディングシュートはGKの前でワンバウンドして柏ゴールに突き刺さりゴール!テセの今季リーグ戦初ゴールでエスパルスが先制しました!しかしその直後の40分にクリスティアーノにミドルシュートを決められてしまい失点。エスパルスは柏に同点に追いつかれてしまいます。
 しかし!オレンジ戦士は誰一人下を向かず、柏ゴールを目指します!同点に追いつかれた直後の41分、二見のロングスローをテセが頭でフリックして柏陣内に流すと、これをすかさず航也が拾って柏バイタルエリアにスピードを活かしたドリブルでDF1人を置き去りにし、最後は柏ゴール前でDF一人をフェイントでかわしてシュートコースを開けて右足を降りぬいてシューート!!ボールは柏ゴール右隅に吸い込まれてゴーール!!エスパルスが再びリードを広げて前半が終了!1点リードで試合を折り返します。
 
 後半に入ると、エスパルスが今季実践してきた、高い位置でボールを奪ってそこから攻守の切り替えを早くして攻め込むサッカーが機能しはじめ、柏ゴールに迫る時間が増えてきます。62分にはエスパルスが左サイド深くでFKを獲得し、凌兵が蹴ったファーサイドへのボールに飛び込んだ二見が頭で合わせるも右ポスト直撃。ゴールには繋がりません。エスパルスが自分たちのいいリズムで柏陣内へ攻め込みましたが、追加点を奪うことができません。すると再び柏が攻勢を強め、エスパルスは防戦に回る時間が増え始めてしまいます。
 追加点を決めて試合を優位に進めたいヨンソン監督は、70分に航也に代えてデュークを、78分には翔太に代えて石毛を投入。最前線からのプレス力を高め、そこを起点とした攻撃展開を図ります。しかしオレンジ戦士の疲労も目に見えてきてしまい、選手のパフォーマンスも低下してきてしまいます。
 ヨンソン監督は先発出場して全力プレーをしてきたテセに代えてクリスランを準備させますが、その前に二見が足をつってしまいプレー続行不可能に。85分に急遽二見に代えて后を投入。テセは試合終了までピッチに立ち続けます。
 その後、疲労困憊のテセも相手陣内で必死になってボールを追い回して守備を展開。他のオレンジ戦士も最後まで集中を切らさずに守備をし続け、遂に試合終了!!エスパルスが柏に勝利しました!!


 エスパルスは柏に勝利!勝ち点3を積み上げました!エスパルスがリーク戦でホームで勝利したのは、2017年8月9日(水)のJ1リーグ戦第21節vsセレッソ大阪戦以来13試合、262日ぶりの勝利になります。
 
 勝利を告げる主審の長いホイッスルが鳴った瞬間、テセは万感胸に迫る表情でピッチに座り込んでいました。
 J1通算157試合60得点。実績は群を抜く昨季までのエースが、今季は控えFW。クリスランの加入と航也など若手の台頭もあり、今季は出場機会が激減していました。
「出れば2桁取れる」と自負するテセですが、その機会を与えられず「分かっていても、1人で考え込んでしまうこともあった」とコメント。ルヴァン杯で結果を残しても、リーグ戦に絡めないジレンマを抱え、「もうダメなのかもしれない。引退の2文字が頭をよぎった」練習ですら「ミスが怖い。新人の時みたい」と漏らした日もあったとか。
 それでも自分に妥協だけはしませんでした。過密日程でも「絶対休まない」とオフ返上で走りこみ、練習から全力プレーを心掛け、少ない出場時間でチームのために体を張り続けたテセ。相談に乗ってくれる篠田コーチに「監督は姿勢も見てる。与えられたチャンスで見せろ」と励まされたそうです。
 川崎、韓国時代を含め対柏13試合で9ゴール目。今季リーグ2度目の先発で決めた初得点が、ホーム13戦ぶりの勝利を呼び込み、チームは今季2度目の連勝。ヒーローインタビューでテセは自分の感情を抑えてこう言っていました。
 
 「連勝が大事。ここから上昇気流に乗っていきたいです」
 
 後半、テセに代えてクリスラン...、ってところで二見が足をつって、急遽松原が交代出場ってなったとき、心の中で松原とテセをすごく応援していました。
 「后!ここでしっかり仕事してみせろ!」
 「テセ!最後まで走り切って男を見せてくれ!」って。
 試合最終盤、本来なら交代するはずのテセ。とうに自身の稼働限界は超えているはずなのに、柏陣内で身体を張って獅子奮迅の守備をしてくれた。テセの魂のプレーを目の当たりにしたオレンジ戦士は、一層奮励努力せずにはいられなかったでしょう。
 そして試合終了と同時にピッチに伏して勝利を噛みしめるテセ。そのあと天を仰ぐように両腕を大きく広げて身体全体で勝利を感じるテセ。今日の勝利を誰よりも喜んでいたのはこの漢に違いありません。テセには心から感謝したい。感謝してもしてもしきれません。
 
 この勝利でエスパルスは勝点を15に伸ばし、柏を抜いてリーグ戦7位に浮上しました。しかし、リーグ戦第11節終了時点で、6位から12位までの勝ち点差はわずか3しかありません。すなわち、少しでも気を緩めたら最後、あっという間にズルズル降格圏まで下がってしまいます。まさに「勝って兜の緒を締めよ」とは、今のエスパルスにあてはまる言葉だと思います。
 テセの想いも、オレンジ戦士の想いも、ここで終わりではありません!ここから上昇気流に乗らなければならないのです!

 次の試合はリーグ戦第12節vs広島戦。広島は昨季ヨンソン監督が率いたチーム。昨季はヨンソン監督の元でJ1残留を果たし、今季は新たに城福監督を招聘し、広島は目下リーグ戦で首位に立つチーム。残留争いをしていた昨季とは、チームががらりと変わり、攻守において非常に脅威となるチームです。しかも次節は中3日の水曜日のナイトゲーム、しかもアウェイでの試合。エスパルスにとって非常に厳し試合になることは明らかです。しかし!テセが試合後「連勝が大事。ここから上昇気流に乗っていきたい」とコメントしたように、ここで負けてしまってはなにもなりません!ここがオレンジ戦士の、そしてエスパルスにかかわる全ての人たちの大一番になるはずです!今こそエスパルスの選手・スタッフ、そしてサポータの想いを一つにし、この酷難を乗り越えるとき!そして乗り越えた先には、必ず新たな景色が広がっているはずです!

 オレンジ戦士は、得にテセは、まずは柏戦で蓄積されてしまった疲労をしっかりと取り除くためのフィジカルケアを入念に行い、心身ともにコンディションの回復に努めてほしい。そして中3日という厳しい試合日程出迎える天王山・広島戦に向けて、柏戦での勝利のイメージを選手間で共有し、攻守においてイメージの摺合せを積極的におこない、強固な守備と攻守の切り替えを更に早くし、自分たちがやってきたサッカーをさらに強化して広島に勝利してほしいです。


 テセの獅子奮迅の活躍による勝利を無駄にするな!ここから上昇気流に乗ろうぜ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2018年4月30日 22:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2154

コメントしてください