メインひまっさい雑記帳今までに類を見ない新事業となるか!?

2018年4月 1日

今までに類を見ない新事業となるか!?

 (株)エスパルスに近い関係筋の情報によると、(株)エスパルスはこのほど、芸能プロダクション事業を開始する方向で検討しているという。Jリーグのクラブが歌手やタレントをイベントに起用することはよくあることだが、クラブ自体がプロダクションを通じてタレントを抱えることは、初めての事案となるだろう。

 Jリーグのサッカー興業の主体は試合であるが、試合だけではライトなサッカーファンや新規の観客開拓には力不足。そこでJリーグ各クラブは、スタジアムで供される食事の充実や地元の相撲部屋とコラボしたイベント開催など、サッカー以外のコンテンツで観客増加を図っている。
 特にタレントやアーティストの起用については各クラブとも注力しており、タレントによるキックイン・セレモニーやハーフタイムにアーティストのミニライブを実施するなどして、観客増加の一助にしている。

 エスパルスでは、2009年に当時インディーズだった人気音楽ユニット「Jam9」の「衝動」をサポートソングに採用。以降、「ツバサ」や「真夏の風」(熱橙2014テーマソング)、「ONE―we're SHIMIZU S-PULSE―」(熱橙2015テーマソング)などの曲がエスパルスのサポートソングに採用されており、2016年は、Jam9の楽曲としては、初のシーズンテーマソングとして「RESTART」を制作。Jam9とのサポート関係を深めている。

 Jam9のメンバーは日本平でのスタジアムライブ後は、ゴール裏でサポーターとして観戦しているほどのエスパルスサポーターということもあり、エスパルスが開始する芸能プロダクションの契約第一号になる可能性が高いといわれている。
 ほかにも、静岡県出身でエスパルスのガチサポーターであり、2018年4月7日に地下アイドルグループ「仮面女子」を卒業し、今後所属するアリスプロジェクトを退所する予定のアイドル北村真姫さんや、静岡県静岡市清水区(旧・清水市)出身で自他ともに認めるエスパルスサポーターであり、エスパルスニュースで連載を持っていたこともある落語家の春風亭昇太さん、六平光成選手の父親で個性派俳優の六平直政さん、エスパルスファンで自身のTwitter等でパルちゃんのぬいぐるみとの2ショット画像をアップしたり、スタジアムまで足を運んだという報告も見られるAV女優の秋山祥子さんらの契約も一部関係者の間で噂されている。

 (株)エスパルスは3月29日にベンチャー支援の新事業開始を発表しており、この芸能プロダクション事業がその第一号案件になる可能性が高いと言われている。

 (株)エスパルスに近い関係筋の話によると、「音楽・映像・アイドル・お笑いからAVまで。老若男女を問わずない、世界に類を見ないアルティメット・エンターテイメント・プロダクションに育てたい」と、経営企画部門担当者がコメントしているという。

 参考リンク:世界に類を見ない!?(株)エスパルスがアルティメット・エンターテイメント・プロダクション設立へ




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2018年4月 1日 09:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2144

コメントしてください