メインS-PULSE2018年そして新たな選手も加入!...って、みんなどこかでみたことある顔...

2018年1月14日

そして新たな選手も加入!...って、みんなどこかでみたことある顔...

ファン ソッコ選手(天津泰達足球倶楽部)完全移籍にて加入決定のお知らせ
楠神 順平選手(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC)完全移籍にて加入決定のお知らせ
兵働昭弘選手(ヴァンフォーレ甲府) 完全移籍にて加入決定のお知らせ
(いずれもエスパルス公式)


 去る選手があれば来る選手もある!エスパルスに新たな戦力が加わりました!

 昨年の発表になりますが、韓国代表のDFファン・ソッコが天津泰達から完全移籍で加入しました。
 御存知の通り、ファン・ソッコは広島、鹿島で5シーズンに渡ってプレーし、Jリーグでの経験は豊富。そして両クラブではリーグ優勝に貢献しています。
 ポジションは主にCB。左右のWBも出来るようですが、エスパルスとしては今シーズンを通じて固定できなかったCBの補強として獲得したのでしょう。
 ヨンソン新監督は4バックを敷くようなので、昨季失点数ワースト3位という不名誉な記録を払拭してくれることでしょう。攻撃はもちろんですが、まずは守備を安定させて課題である大量失点を減らす...その点で貢献してくれることを期待したいです。
 
 そしてウェスタンシドニーワンダラーズFCの楠神順平選手が、完全移籍にて加入することになりました。
 これまた御存知だとは思いますが、楠神選手は野洲高出身で川崎でプロキャリアをスタート。C大阪、鳥栖でプレーした経験があり、2016年7月にウェスタンシドニーへ移籍。今季は11試合に出場し1得点を挙げています。持ち味は力強いドリブルでの突破で、所属クラブでの優勝争いなど経験も豊富。またアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)にも川崎、C大阪、ウェスタンシド
ニーの3クラブで出場。昨年4月には1次リーグで浦和と対戦し、1-6で大敗したものの一矢報いる得点を挙げています。
 攻撃面を更に強化させたいエスパルスとしては、まさにうってつけな補強と言えそうです。
 
 そして、兵働選手が甲府から完全移籍で加入しました。ってか復帰しました。
 もういちいち説明することもないと思いますが、兵働選手は筑波大出身。2005年にエスパルスに加入し、健太監督とともに苦しい残留争いを支えてくれました。その後、2010シーズンまで続く健太体制の元、中心選手として、また2009シーズンからはキャプテンとしてチームを牽引しました。なお先日復帰が発表された久米一正新GMもこの時期に在籍しています。
 しかし、2010シーズン後の選手大量離脱時に兵働もチームを離れ、J1に復帰した柏に移籍。出身地の千葉県に戻ることになりました。その後は千葉、大分、水戸とJ2チームでのプレーが続きます。今シーズンは結果的にJ2に降格となってしまった甲府に移籍し、久々にJ1リーグでプレーをしていました。そして2018年、8シーズンぶりにエスパルスに復帰となりました。
 年齢は35歳ですが、昨季も開幕から先発を含めて23試合に出場。(終盤は出場機会がなかったようですが)技術も持ち合わせており、札幌戦では豪快なダイレクトボレーでのシュートを決めています。
 そして、やはり期待されているのはそのキャプテンシーのようです。
 昨季はテセ、西部といったベテラン選手がピッチやベンチでチームを纏めてきましたが、さらにチームを纏め上げるためにそのような力を持ち、プレーでも貢献の出来る兵働のような選手を獲得しようとしているのだと考えられます。
 35歳を過ぎても、例えば中村憲剛や遠藤保仁などチームにいい影響を与えられるベテランのフィールド選手は多くいますので、兵働にはそのような役割を期待したいです。


 新たにエスパルスにやってきてくれた選手、そしてエスパルスに帰ってきてくれた選手。新たな希望と期待を胸に、今期のピッチでの活躍に期待したいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2018年1月14日 16:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2131

コメントしてください