メインエスパルス観戦記2017年守備の脆弱性がもろに露呈してしまい大敗...

2017年8月18日

守備の脆弱性がもろに露呈してしまい大敗...

2017 J.LEAGUE Division1 22th leg.
清水 1-4 柏

 9日に行われたリーグ戦第21節vsC大阪戦では、テセ、チアゴ、凌兵と、攻撃の主軸3選手を欠く緊急事態、しかも目下リーグ戦首位のC大阪との試合、しかもしかも前半で2点のビハインドを喫しつつも、この状態からなんと逆転勝利!!J1リーグ戦で2点ビハインドから逆転勝利したのは、2013年8月28日のリーグ戦第23節vs鹿島戦@日本平以来4年ぶり!いわゆる巷でよく言われる「2点差は危険なスコア」というアノマリーをまざまざと見せつけてくれたエスパルス。13日にはリーグ戦第22節vs柏戦に臨みました。

 攻撃の要となる選手を3人も欠き、そして前半で2点のビハインドを抱えつつ、後半に航也の活躍で大逆転で勝利!オレンジ戦士にとってこれ以上ない勝ち方であり、大いに自信につながったことでしょう。しかし前半で2失点したことはは守備に大きな問題があることの証左。自信にも反省にもつながる試合でした。
 そして迎える柏戦。柏とは4月8日の第6節@アウェイで対戦し勝利しています。しかしその時はテセも凌兵もスタメン出場した試合。しかし現在はテセもチアゴも凌兵も欠場の可能性が高く、また次節も中3日での開催という過密日程。一方で柏はボギョンとオリヴェイラが出場停止。柏の中心的な選手が出場停止という好条件でもあります。しかしこんないい条件の試合で苦戦するのもエスパルスとしてはよくあること。C大阪戦で逆転勝利を決めたからと言って、寸分の油断も許されません。好条件を最大限に生かし日本平で連勝したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。マリンパルのストリーミング放送あるからいいや(*´ω`*)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「守備の脆弱性がもろに露呈してしまった試合」だったようです。

 試合立ち上がりはエスパルスが柏に対して攻勢を仕掛けます。長谷川や翔太、そして六平もミドルシュートを放つなど、柏ゴールを脅かし続けます。しかし最後のところを決めきることができず、ゴールに繋げることができません。逆に前半終了間際に柏のパスカットから速攻を受けてしまい失点し前半が終了。エスパルスは1点ビハインドで試合を折り返します。
 
 後半開始早々の52分にも柏のロングパスの対応が遅れてしまい、クリスティアーノに決められてしまい追加点を献上。エスパルスは2点を追いかける苦しい試合展開を余儀なくされてしまいます。
 しかし失点の2分後の54分、エダの右クロスを鎌田が胸でトラップし、相手GKの股間を抜くシュートが決まってゴール!エスパルスが柏に1点差に詰め寄ります!
 同点に追いつきたい小林監督は61分、デュークに代えて航也を投入。攻撃の選手をリフレッシュさせて攻勢を強めます。しかしその5分後の66分、自陣ゴール前で柏に立て続けにクロスを上げられてしまい、最後は武富に決められてしまい失点。エスパルスは再び柏に点差を広げられてしまいます。
 ビハインドを縮めたい小林監督は、71分にエダに代えて村田兄やんを、翔太に代えて誓志を投入。中盤から最前線にかけての攻撃を再構築し、柏ゴールを狙います。しかしその4分後には長谷川がロングボールからの空中戦の対応を誤り、最後はエスパルス守備陣が空中戦で競り負けてクリスティアーノにこの日2点目を献上してしまい失点。エスパルスは柏に更に3点差にリードを広げられてしまい、その後も攻撃が奏功することなく試合終了。エスパルスは柏に敗戦してしまいました。


 エスパルスは柏に敗戦。勝ち点を積み上げることはできませんでした。試合の入り方はまずまずだったものの、守備面で連携不足や連動のずれを試合巧者の柏が見逃すはずもなく、小さなずれやミスを突いて速攻をしかけてくる柏に対し、守備陣の対応が後手後手になってしまい失点につながってしまう。これまでやテセやチアゴといった攻撃陣が点を取ってくれていたおかげで分かりずらかったエスパルスの守備陣の脆弱性がもろに露呈してしまった試合になってしまいました。
 こうなってしまってはチーム全体、特に中盤から後ろの守備陣については、ハイボールの処理やセットプレーなど、基本のところでの守備の連携や連動について真摯に練習を重ね、脆弱性を解消してほしいです。

 次の試合はリーグ戦第23節vs鹿嶋戦。鹿島とは3月18日のリーグ戦第4節@日本平で対戦し、2点リードを奪うも11分で3失点してしまい逆転負けを喫してしまったことは記憶に新しいところ。しかも鹿島は目下リーグ戦で首位。まさに強豪という感じのチーム。しかも次節はアウェイ@鹿スタでの試合。非常に難しい試合になることは火を見るよりも明らかです。しかし!だからといって尻込みしているようではエスパルスの名が廃ります!チーム全員の意識を統一させて前進することで、きっとこの難局を打開することができるはず!ここがエスパルスの正念場になるでしょう!

 オレンジ戦士は柏戦で露呈してしまった守備面での弱点をチーム全体で全力で改善させてほしいです。そしてアウェイ@鹿スタで鹿島を撃破し、日本平での屈辱的な敗戦を晴らせるよう、全力を賭して準備してほしいです。


 ほらね、やっぱり「いい試合をした後の試合がヘニョヘニョに」なったでしょ...




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2017年8月18日 23:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2102

コメントしてください