メインエスパルス観戦記2017年前節と全く正反対の結果に...

2017年7月 2日

前節と全く正反対の結果に...

2017 J.LEAGUE Division1 17th leg.
札幌 1-0 清水

 6月25日に行われたリーグ戦第16節vs甲府戦では、前半こそ攻め手を欠いて迫力のない試合展開だったものの、後半からは攻撃陣が奮起し猛ラッシュ!ゴールを決めた後は甲府の猛反撃にあってしまったものの、チーム全体で守備意識を高めこれに対応。今季10試合目にしてホーム初勝利。日本平でJ1チームに勝利するのは、2015年第14節 5月30日の1stステージ第14節vs川崎戦以来18試合757日ぶり。そして小林監督はJ1J2通算200勝目を決めたエスパルスは1日、リーグ戦第17節vs札幌戦に臨みました。
 
 色々諸々「ぶり」だらけの甲府戦での勝利でしたが、なにより今季J1残留争いのライバルチームとなるであろう甲府をここで叩いておけたことが、エスパルスにとっては何よりだったと思います。
 そして迎える札幌戦。札幌は現在リーグ戦の順位はエスパルスより下位。甲府戦同様、この一戦も今後想定される残留争いを勝ち抜くために、絶対に勝たなければならない試合になるでしょう。下位チームとの直接対決で勝点3を必ず積み上げ、残留争いを優位に進めたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@札幌ドに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、遠方アウェイでのサポート本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合もオイラはちぃっとも試合内容を観ていません。だぞーんなんだかねぇ(´・ω・`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「前節vs甲府戦とは全く正反対な試合」だったようです。

 前節vs甲府戦で左足首を負傷したチアゴが戦線離脱。代わりに翔太がスタメン入りしました。攻撃の中心選手であるチアゴを欠くエスパルス。小林監督の采配に期待がかかります。
 しかし試合は立ち上がりから苦しい展開に。試合開始早々の6分、カヌがロングボールを頭で六反にバックパス。このボールの勢いが想像以上に弱く、これを都倉にかっさらわれてしまい、最後はヘイスに決められてしまい失点。エスパルスはいきなり1点を追う苦しい試合展開を余儀なくされてしまいます。
 その後はエスパルス守備陣の安定感を見せ、涼を中心とした中盤での守備もチームに安定感を与えていました。一方攻撃陣は札幌に猛攻を仕掛ける展開に。翔太がピッチを縦横無尽に駆け巡りスペースを作って、そこをテセやデュークが突いて攻撃する。エスパルスは札幌ゴールに迫りますが、最後のところで決めきれず、ゴールに繋げることができません。そしてそのまま前半が終了。エスパルスは1点ビハインドで試合を折り返します。
 
 後半になってもエスパルスが札幌に猛チャージを仕掛ける展開に。しかし札幌は自陣で守備を強固に固めているため、エスパルス攻撃陣はなかなか札幌の守備を突き崩してゴールに迫ることができません。また札幌GKの好セーブもあり、エスパルスは同点ゴールを決めることができません。
 ここで負けるわけにはいかない小林監督は、61分に翔太に代えて村田兄やんを投入。最前線に速さのある選手を投入することで、攻撃強化を狙います。しかし自陣ゴール前を固める札幌守備陣を切り崩すには至らず、苦しい試合が続いてしまいます。
 どうしても勝ち点を持ち帰りたい小林監督は、72分位はエダに代えて長谷川を、77分には鎌田に代えて航也を投入。攻撃的な選手を矢継ぎ早に投入し。長身のカヌを最前線に押し上げ、パワープレーを仕掛けます。しかしその攻撃も結実することないまま試合終了。エスパルスは札幌に敗戦してしまいました。


 エスパルスは札幌に敗戦。勝ち点を積み上げることができませんでした。いずれエスパルスに襲い掛かるであろう「残留争い」を勝ち抜くためには、前節甲府戦同様に札幌をここで叩いておきたかったところだけに、非常に悔しい、そして痛い敗戦になってしまいました。
 その試合内容も非常にお粗末だった様子。試合後にテセは 前半6分の失点は、浮き球をDFカヌがヘディングでGK六反にパスしようとしたが当て損ね、隙を突かれた。エースで主将の鄭大世は「立ち上がりに集中を欠くとゲームプランも何もなくなる。心の弱さ」「前節(10試合ぶりに)勝って心の隙ができた。チームとして弱いし、したたかさがない」とコメント。小林監督も「前節初めてホームで勝てたので連勝を期待していた。解放された気持ちになるのは分かるが、やられてからエンジンがかかるようでは上には行けない」とコメント。前節vs甲府戦の勝利に、オレンジ戦士が浮足立ってしまったのでしょうか。
 今季リーグ戦も半分の日程を消化し、エスパルスは4勝6分7敗の勝ち点18という結果に。このままのペースだと残留するために必要と言われている 勝ち点40には届きません。チームとしての今後の戦い方を、もう一度チーム全体で共通認識として考えることが必要かもしれません。

 次の試合はリーグ戦第18節vsG大阪戦。G大阪は言わずと知れた健太監督率いる強豪チーム。しかも元オレンジ戦士の三浦・藤本・長澤といった選手が在籍しているチーム。チーム自体も強く、エスパルスを知り尽くした監督に選手がそろうG大阪。しかも次節はテセが累積警告で出場停止。エスパルスは非常に苦しい試合を余儀なくされそうです。しかし!この酷難をチーム全体の思いを一つにして乗り切ることができれば、きっとリーグ戦後半戦を勝ち抜くための大きなきっかけになるはず!苦しい時だからこそ、オレンジ戦士の奮起に期待したいです!

 オレンジ戦士はこの試合での立ち上がりの守備の乱れをしっかり検証し課題を明確にして、特に自陣ゴール前での守備のずれを修正してほしいです。そしてG大阪戦に向けてオレンジ戦士一人一人の気持ちを高め、日本平で連勝を決めてほしいです!

 チアゴ不在が痛かったのかなぁ。そして来週はテセが有給休暇...(|||i'・ω・`)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2017年7月 2日 08:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2096

コメント

失礼いたします。
この大事な試合に、テセ、チアゴが欠場ですか・・・!!そしてデューク、カヌ、フレイレも今まで得点にからむプレーも数えるほど・・・。(カヌ、フレイレは、ほとんど有給休暇ですが)大金を使っても戦力にならず。元スカウトの興津さんの復帰は無理ですかね?

>勝ってくださいさん
 
はじめまして。弊ブログの管理人のtaoです。
激しく返信が遅れてしまい、申し訳ありませんm(_ _;)m
このような辺境のブログに足を運んでいただき
ありがとうございます。
 
確かに、大きな費用をかけて補強した外国人選手が
思うように活躍してくれないのは厳しいですね。
興津さんの復帰を願う気持ちも分かります。
 
とにかくテセとチアゴには怪我をしっかり治して
1日も早く復帰してほしいですね。

コメントしてください