メインエスパルス観戦記2017年いくらなんでも3連敗はダメでしょ...

2017年4月29日

いくらなんでも3連敗はダメでしょ...

Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第3節
仙台 3-1 清水

 21日に行われたリーグ戦vs川崎戦では、Jリーグ通算20000ゴールというメモリアルゴールを翔太が決めて先制するも、後半になって立て続けに2失点し逆転を許してしまう。しかし交代出場したチアゴがアディショナルタイムに追いついて、辛くもアウェイで勝ち点1をもぎ取ったエスパルス。26日にはルヴァン・カップ1次リーグ第3節vs仙台戦に臨みました。
 
 リーグ戦vs川崎戦では、終始川崎の速いパス回しで押し込まれ続けながらも一瞬のチャンスをものにして先制し、試合終了間際に同点に持ち込んだ。難しいアウェイゲームで勝ち点を拾えたこと、そして川崎から勝ち点2をそぎ落としたことは評価できると思います。しかし翔太のJリーグ20000ゴール、そしてチアゴのJ初出場&初ゴールを勝利で飾ることができなかったことは悔やまれます。
 そして迎えるルヴァ杯仙台戦。リーグ戦とはガラッとスタメンを入れ替えて臨んでいるルヴァ杯。公式戦出場機会が少ないオレンジ戦士の奮起に期待したいところですが、今のところは2連敗と全くいいところなし。しかもこの試合はアウェイでの平日のナイトゲーム。エスパルスにとっては厳しい試合条件になります。しかし!いくらリーグ戦に戦力を割かなければならないからといって、このまま負けっぱなしでは終われません!仙台に勝利してサブ組の意地を見せたいところ!そんなそんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにも関わらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@ユアスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。試合終了時間を過ぎても仕事してましたよぉ(´;ω;`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「想定外の事態が敗因を招いてしまった試合」だったようです。

 リーグ戦からスタメンを総入れ替えした小林監督。DFにはエスパルスユース出身の立田が入り、FWにはエスパルスユース所属の新関が入りました。しかしこの試合でスタメン出場予定だったカヌが試合前の練習で内転筋に違和感を訴えて出場を回避するというアクシデントも...。カヌに代わって、開幕前に右大腿骨を痛めて戦線を離脱していた涼がカヌに代わってスタメン復帰を果たしました。
 それでも試合開始から前半はチーム全体で守備意識を高めて自陣ゴールを守り、攻守の切り替えを早くして仙台ゴールを脅かします。
 すると31分、ユースからトップチームの試合出場を果たした新関のボール奪取からショートカウンターを仕掛け、村田兄やんの右クロスをチアゴが右足で決めてゴール!エスパルスが先制ゴールを決めました!
 しかし前半終了間際のアディショナルタイム、フレイレのオーバーヘッドが危険行為とみなされ、この日2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。そして前半が終了。エスパルスは1点リードで試合を折り返します。
 
 10人で戦うことを余儀なくされてしまったエスパルス。小林監督は後半開始から新関に代えて大輔を投入。守備の枚数を増やし、何とか自陣ゴールを守ります。
 しかしその交代策もむなしく、後半開始早々の46分に仙台に同点ゴールを決められてしまうと、その後も防戦一方の試合展開に。68分には仙台に追加点を許してしまい、エスパルスは仙台に逆転されてしまいます。
 何とか勝ち点をもぎ取りたい小林監督は72分、涼に代えて航也を投入。3月に左内転筋肉離れで戦列を離れていた航也を一戦復帰させました。さらに小林監督は80分、村田兄やんに代えてエスパルスユース所属の滝を投入。攻撃陣の運動量を上げて同点ゴールを狙います。しかしその交代策も奏功せず、83分に仙台にゴールを決められてしまい万事休す。そして試合終了。エスパルスは仙台に敗戦してしまいました。


 エスパルスは仙台に敗戦。勝ち点を得ることはできませんでした。リーグ戦に戦力を集中させなければならない。今季のエスパルスの最低限の目標はJ1残留であるということは言わずもがな。しかしだからといってルヴァ杯で3連敗はしてほしくはなかった。この試合では想定外のアクシデントがあったことは分かるけど、せめて勝ち点はもぎ取ってほしかった。これでエスパルスはルヴァ杯1次リーグは3連敗で最下位に。1次リーグ突破は非常に困難になってしまいました。今のエスパルスは決していい条件下で戦っているのではないという証左になった試合だったと思います。
 一方、長期離脱をしていた涼や航也がピッチに戻ってきました。復帰が待ち遠しかった選手なだけに、今後リーグ戦への復帰も十分視野に入ってきたはずです。頼りになる選手の戦列復帰は何よりの朗報。そしてチアゴは公式戦2連続ゴールと好調を維持しています。オレンジ戦士はリーグ戦でルヴァ杯での悔しさを晴らしてほしいです。

 次の試合はリーグ戦仙台とは4日後の30日、リーグ戦第9節vs仙台戦。仙台とは4日後の30日にリーグ戦で対戦します。ルヴァ杯の雪辱はリーグ戦で果たす!ユアスタの屈辱は我らが聖地・日本平で晴らす!次は主力組のガチ対決!絶対に勝たなければなりません!仙台で借りたものは日本平できっちり耳をそろえて返さなくてはなりません!オレンジ戦士の意地を見せてほしいです。
 
 ルヴァ杯仙台戦を戦ったオレンジ戦士は、突発的なアクシデントにも備えられるよう、日ごろから攻守にわたり自分のウィークポイントを分析し、克服してほしいです。そして主力組は、リーグ戦vs仙台戦に向け、チーム全体での守備面での連携や連動、そして攻撃の起点となる選手の連携を高め、ルヴァ杯での借りをきっちり仙台に返し、勝利を掴みとってほしいです。


 チアゴには本当に可能性を感じるな!早くチームにフィットしてほしい!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2017年4月29日 23:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2081

コメントしてください