メインエスパルス観戦記2017年新戦力の力量を見定めたいのは分かるけど...

2017年4月15日

新戦力の力量を見定めたいのは分かるけど...

Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第2節
清水 0-1 札幌

 8日に行われたリーグ戦第6節vs柏戦では、試合立ち上がりから柏の猛攻撃にさらされながらも堅守を維持し続けて自陣ゴールを守り抜き、テセの1ゴール1アシストの活躍とデュークの戦列復帰後初ゴールも決まって柏を撃破!2008年4月29日のJ1リーグ戦第9節以来、約9年ぶりにリーグ戦でアウェイで柏に勝利したエスパルス。12日には、ルヴァン・カップ1次リーグ第2節vs札幌戦に臨みました。
 
 ルヴァ杯予選で柏に敗戦していたエスパルス。まして今まで8年勝てなかった日立台でのアウェイゲーム。エスパサポの誰もが厳しい試合を予想していたことでしょう。しかし蓋を開けてみれば、しっかりと自陣の守りを固めてゴールを守り抜き、テセの活躍で少ないチャンスをゴールに繋げることができで柏に勝利!公式戦で3連敗を喫していたエスパルスにとって、この勝利は大きな力をオレンジ戦士に与えてくれたことでしょう。
 そして迎える札幌戦。リーグ戦から中3日で行われる試合でもあり、起用される選手は普段公式戦出場機会が少ない、いわば「試合に飢えたオレンジ戦士」がピッチに立てる貴重なチャンスとなる試合。試合内容如何によっては、リーグ戦への出場につながる可能性だってあるのです。そして札幌はエスパルス同様、今季J2から昇格してきたチーム。いわばJ1残留争いのライバルとなりうるチームです。そういう意味でも、たとえルヴァ杯予選であってもここは札幌に勝利して心理的に優位に立ちたいところ!そんなそんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。そもそもスカパー!解約しちゃったし、それに平日は毎日20時過ぎまで仕事だもんで...(´;ω;`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりまっしぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「新戦力の慣らし運転の意味合いが強すぎた試合」だったようです。

 リーグ戦から中3日という過密日程で行われたこの試合。小林監督はリーグ戦からスタメンを総入れ替えしました。なかでも注目なのは、今季新加入したカヌとチアゴ、そして今季エスパルスユースからトップチームに昇格した立田、エスパルスユースからトップチームの試合出場を果たした平墳選手に注目が集まります。また札幌は元オレンジ戦士の小野伸二選手をスタメン起用しました。
 試合はエスパルスが主導権を握り、試合開始から札幌に攻勢を仕掛けます。しかし選手間の連携がまだまだ不足している部分は否めず、再三チャンスを作り出すも、ゴールに繋げることができません。またチアゴも強烈なミドルシュートを放つなどしましたが、ゴールには至りません。前半はスコアレスのまま試合を折り返します。
 
 後半になってもエスパルスのペースで試合が進みます。しかし決定的な場面での迫力に欠けてしまい、どうしても札幌ゴールを割ることができません。
 事態を打開するべく小林監督は、61分に村田兄やんに代えてエダを、72分には平墳に代えて長谷川を投入。中盤での展開力がある選手を相次いで投入し札幌ゴールを狙います。しかし選手間の連携面でミスが目立ってしまい、81分には相手CKから失点。エスパルスは1点を追いかける苦しい試合展開を余儀なくされてしまいます。
 失点直後の83分、小林監督は立田に代えて后を投入。サイドから攻撃の起点を作り、札幌に反撃を試みます。しかし交代策は奏功せずに試合終了。エスパルスは札幌に敗戦してしまいました。


 エスパルスは札幌に敗戦。勝ち点を積み上げることができませんでした。今季ルヴァ杯ではいまだ未勝利。リーグ戦との掛け持ちになるルヴァ杯の選手起用が難しいことは承知しているつもりではありますが、やはり敗戦は悔しい結果です。
 この試合では新加入の外国人選手とユースから昇格組の「ヤングエスパルス」の慣らし運転的な意味合いもあったのでしょう。チアゴには非凡な才能を感じたとのコメントも、SNSで散見されました。しかし結果が伴わなければ何もなりません。ルヴァ杯での敗戦はリーグ戦できっちり返してほしいです。
 
 次の試合はリーグ戦第7節vs大宮戦。大宮には今季エスパルスから移籍していった大前選手が在籍しています。移籍に関してはプロの世界のことですから、仕方のないこと。しかし「昨日の友は今日の敵」であり、これまで共に轡を並べて戦ってきた仲間だからこそ、我らが聖地・日本平で全力で御相手することこそが礼を尽くすということ。そして大宮は目下リーグ戦で最下位、今後リーグ戦で残留争いのライバルチームになる可能性も。そうなると、ここで大宮に勝利しておくことは、後々大きな意味を持ってくるかもしれません。
 
 ルヴァ杯札幌戦を戦ったオレンジ戦士は、今の自分に何が不足しているのか、そして何を最優先で修正するべきなのかを真摯に考え、日々の練習の中でそれを実践してほしいです。そして主力組は、大前選手が所属する大宮戦に向け、チーム全体での守備意識の向上とセットプレーの守備の連携や連動、そして攻撃の起点となる選手の連携を高め、大前選手に「自分がいなくてもエスパルスは安泰だ」と思わせることができるような勝利を掴みとってほしいです。


 チアゴにしろカヌにしろフレイレにしろ、1にちも早くチームにフィットしてほしいなぁ




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2017年4月15日 21:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2078

コメントしてください