メインエスパルス観戦記2017年堅守速攻!交代采配もズバリ的中!

2017年4月 9日

堅守速攻!交代采配もズバリ的中!

2017 J.LEAGUE Division1 6th leg.
柏 0-2 清水

 1日に行われたリーグ戦第5節「静岡ダービー」vsジュビロ戦では、今季ジュビロに新加入してスンスケにいいようにFKを蹴られてしまい、セットプレーでの守備の甘さを露呈してしまい3失点。それでも試合終了間際にテセの渾身のオーバーヘッドキックでのシュートが炸裂し一矢報いたエスパルス。8日にはリーグ戦第6節vs柏戦に臨みました。
 
 4年ぶりに行われた静岡ダービーvsジュビロ戦では、エスパルスが抱える大きな弱点のひとつである「セットプレー時の守備の脆弱性」をスンスケに見事に突かれてしまい、セットプレーから3失点してしまうという厳しい試合に。しかし試合終了間際にテセの「勝利への執念」が形になったようなテセのオーバーヘッドキックからのシュートがジュビロゴールに突き刺さり1点を返しましたが、結果的にはジュビロに敗戦を喫してしまいました。
 そして迎える柏戦。柏とは今季ル杯予選リーグ第1節で対戦していて、その時は0-1で敗戦しています。しかしその時は両チームとも主力選手を温存しスタメンの選手を大きく入れ替えており、試合結果を単純に比較することはできません。しかしそれを差し引いても、今季1敗している柏にはリーグ戦でリベンジを果たしたい!公式戦3連敗中のエスパルスにとって、この柏戦に勝利して連敗を阻止し、リーグ戦の順位浮上のきっかけを掴みたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、小雨が降るお天気にもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@日立柏へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、雨の中でのサポート本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。まだだぞーんに加入しようか悩んどります...(;´∀`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりまっしぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「小林采配ズバリ的中!な試合」だったようです。

 試合開始直後にテセがミドルシュートを放つも、その後は柏の猛攻撃にさらされ一陣に押し込まれてしまう時間が続いてしまったエスパルス。しかしチーム全体で守備意識を高め、高い位置から柏が持つボールを追い回して守備を展開するエスパルスは、辛くも柏の攻撃をはじき返し続け、自陣ゴールを守り続けます。そして柏の猛攻を防ぎ切って前半が終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半もエスパルスが守勢に回る時間が続いてしまいます。しかし柏の選手の足が止まり始めると、エスパルスは堅い守備から攻守の切り替えを早くし、中盤でボールを奪うとそこからすかさずカウンターを仕掛け、柏ゴールを狙います。しかし柏守備陣を突き崩すことができず、ゴールに繋げることができません。
 事態を打開したい小林監督は62分、エダに代えて村田兄やんを投入。最前線に速い選手を投入し、柏守備陣のギャップを突きます。
 するとこの交代采配が奏功!交代直後の65分、自陣で鎌田がボールを奪うと、中盤右サイドに展開する村田兄やんにパス!ボールを受けた村田兄やんが右サイドから中に切り込みゴール前へクロス!これが柏DFに当たりゴール前にフワッと浮く!このボールに反応したテセが押し込んでゴール!エスパルスが柏に先制します!
 先制点を決められた柏はここからさらに攻撃のギアを上げてエスパルスゴールに迫ります。しかしオレンジ戦士も集中を切らさずに高い位置からの守備を展開。自陣ゴールを守り続けます。
 このまま失点を抑えたい小林監督は、82分に翔太に代えてデュークを、試合終了間際のアディショナルタイムには野津田に代えて角田を投入。守備的な選手を投入し逃げ切りを狙います。
 するとこの交代采配もズバリ的中!!角田の交代1分後のアディショナルタイム、角田がクリアした浮き球をエリア中央にいたデュークが頭でテセに折り返しのパス!!これを受けたテセがドリブルで中央に持ち込んで柏DFの裏へ抜け出たデュークにスルーパス!!パスを受けたデュークは柏GKと1対1に!!デュークはGKをよく見て冷静にシュートを決めてゴーール!!デュークの復帰ゴールが決まってエスパルスが追加点を決めます!!そして試合終了!!エスパルスは柏に勝利しました!!


 エスパルスは柏に勝利!勝ち点3を積み上げました。リーグ戦でアウェイで柏に勝利したは2008年4月29日のJ1リーグ戦第9節以来、約9年ぶり。日立台で勝てた記憶が無かったけど、そうか。9年も勝てなかったんだ...。シミジミ(´・ω・`)
 この試合で復帰後初ゴールを決めたデュークは「静岡ダービーで敗れ、監督が練習の取り組みから見直そうと言って臨んだ。2試合連続3失点した後に無失点で勝てたことがチームにとって大きい」と、自身のゴールより、守備の貢献に胸を張っていました。静岡ダービーvsジュビロ戦でのテセの渾身のオーバーヘッドが無駄ではなかった証左といえそうです。
 デュークは長男ジャクソンくんが生まれた直後の昨年4月、左膝前十字靱帯を損傷して長期離脱していました。「このゴールは息子の1歳の誕生日にささげたい」とデュークは笑顔でコメント。ゴールを決めた後の満面の笑みのデュークを見て、ちょっと目から汗が出そうになっちゃいました( ;∀;)
 これまで失点が多くそのため公式戦3連敗を喫してしまっていたエスパルス。その反省と課題をしっかりクリアし、オレンジ戦士全員が守備意識を高めて落とさずに、最後までしっかり戦えた。そして数少ない決定的なチャンスをしっかりモノに出来た。試合スタッツを見てみても、ボールポゼッション(柏64%・清水36%)でもシュート数(柏19・清水9)でもパス成功率(柏81%・清水64%)でもCK数(柏8・清水2)でも柏に大きく差をあけられているにも関わず柏に勝利できた。公式戦3連敗だったエスパルスにとって、連敗を食い止めることができたこと、そして直近2試合で6失点と守備の課題が大きくなっていただけに、この柏戦を無失点で終われたこと。この部分において、この試合での勝利は非常に大きな意味を持つと思います。
 以前テセは「しっかり守備をしていれば神様はチャンスをくれる」と試合後にコメントしていたように思います。オレンジ戦士は今日のこの勝利に浮かれることなく、しかし自分たちがやってきたサッカーに間違いはないことを自覚し、また日々の練習でしっかり自分自身に磨きをかけてほしいです。
 
 次の試合はル杯予選リーグ第2節vs札幌戦。札幌は昨季J2リーグ優勝を果たしエスパルスと同様今季J1に昇格したチーム。いうなればエスパルスとはライバルチームになるといっても過言ではないでしょう。そしてこの試合はリーグ戦の合間の水曜日に行われるナイトゲーム。両チームともリーグ戦との兼ね合いで選手起用が難しい試合になることは明白。しかし!逆に考えれば、これまで公式戦出場の機会が少なかった選手が大暴れできるチャンスでもあります!この好機を逃す手はありません!
 
 オレンジ戦士はこの柏戦での勝利で自分たちのしてきたサッカーに自信を深め、過信することなく更に守備面での強化、特にセットプレー時の守備での連携や連動を確認してほしいです。そしてル杯予選リーグvs札幌戦で出場機会を得られたオレンジ戦士は、このチャンスを無駄にするようなこと無いよう、しっかりと準備を整えて試合に臨み、勝利を掴みとってほしいです


 我々は9年待ったのだ!(`・ω・´)ゞ




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2017年4月 9日 13:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2077

コメントしてください