メインエスパルス観戦記2017年リードできたことは評価出来るけど、結果は非常に悔しい敗戦...

2017年3月19日

リードできたことは評価出来るけど、結果は非常に悔しい敗戦...

2017 J.LEAGUE Division1 4th leg.
清水 2-3 鹿島

 15日に行われたルヴァ杯1次リーグ第1節vs柏戦では。リーグ戦を考慮しサブ組で試合に臨んだが、試合立ち上がり早々に失点を喫してしまい、前半は修正できず。後半になって主力組を投入すると、ようやく攻撃にリズムが生まれるも時すでに遅く柏に敗戦。ルヴァ杯初戦を勝利で飾れなかったエスパルスは18日、リーグ戦第4節vs鹿島戦に臨みました。
 
 鹿島は言わずと知れた昨季J1優勝チーム。今季はACLの戦いも経ており、チームは完璧に近い状態。強力な攻撃の選手を補強し、攻守において非常に強力なチーム。攻略することは困難を極めることでしょう。しかし!この試合は我らが聖地・日本平での試合。大勢のエスパサポさんのサポートがオレンジ戦士を勇気づけ、鼓舞し、背中を押してくれることでしょう!リーグ戦序盤で早くも訪れた重要な一戦!ここを勝ち切ってリーグ戦を勝ち抜く勢いをさらに強化したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。だぞーんに加入しようかどうしようか迷い中です...(;´∀`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりまっしぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「敗戦を悔しいと思えるような、内容を伴った試合」だったようです。

 この試合ではテセを始めスタメン組が戦列復帰。我らが聖地・日本平で鹿島を迎え討ちます。
 前半はエスパルスが運動量を惜しまない高い位置からのプレスで鹿島の攻撃を断ち切り、攻守の切り替えを早くして鹿島ゴールに迫ります。しかし鹿島の守備を崩すことは難しく、なかなか鹿島ゴールを脅かすことができません。
 試合が動いたのは前半終了間際の41分、GK六反のゴールキックをテセが鹿島の選手に競り勝って頭でフリックし最前線へ!これを翔太が鹿島DFに競り勝ってマイボールにすると、振り向いてペナルティエリア内に持ち込んで、豪快に右足を振りぬいてシュート!ボールは鹿島ゴールに突き刺さりゴール!翔太のプロ入り初ゴールで、エスパルスが昨季覇者から先制点を奪い前半が終了!1点リードで試合を折り返します。
 
 後半になって攻撃のギアを上げてきた鹿島に対し、守勢に回る時間が長くなってしまったエスパルス。しかしチーム全体で守備意識を高め、集中を切らさずに粘り強い守備を展開。鹿島にゴールを割らせません。
 すると71分、テセからの左アーリークロスを翔太がゴール前で受けてボールを落とすと、そこへ走りこんできた凌兵がボールを受けてシューート!ボールは鹿島ゴールに吸い込まれてゴーール!!エスパルスが更に得点差を広げました!!
 しかしその3分後、セットプレーから鹿島に決められてしまい失点。しかもその5分後の79分にもセットプレーから鹿島にゴールを決められてしまい、エスパルスはあっという間に追いつかれてしまいます。
 流れを変えたい小林監督は84分、疲れが見えてきた翔太に代えてデュークを投入。最前線にフレッシュな選手を投入し、攻撃院の活性化を図ります。しかしその1分後の85分に、エスパルスは三度セットプレーから失点。たった11分で鹿島に3ゴールを決められてしまい、あっという間にあっさりと鹿島に逆転を許してしまいました。
 このままでは終われない小林監督は、逆転された直後の86分にエダに代えて村田兄やんを、88分には野津田に代えて長谷川を投入。最後のパワープレーに臨みを繋ぎますが奏功することはなく試合終了。エスパルスは鹿島に敗戦してしまいました。


 エスパルスは鹿島に敗戦。勝ち点を積み上げることは出来ませんでした。ルヴァ杯vs柏戦に続きリーグ戦vs鹿島戦でも敗戦と、今季初の公式戦連敗。苦手なアウェイ広島戦や鬼門だったアウェイ新潟戦で連勝していただけに、この敗戦はオレンジ戦士にも堪えたことでしょう。
 しかし、一昨年はリーグ開幕戦で鹿島に勝っちゃって、変な「勘違い」しちゃったからあんなことになったんだから、今回は敗戦してもう一度気持ちを引き締めなおせる機会を得られたんだと思うことにします(個人の負け惜しみ)。それに、昨季覇者の鹿島から先制点を決めて2点差をつけることができたんだ。ここは一昨年のエスパルスよりも進歩していると思うし、そしてなにより「負けて悔しい」と思えることが、今期のエスパルスの可能性が大きいことを端的に表しているとも思います。
 オレンジ戦士はこの鹿島戦での敗戦の悔しさを決して忘れず、次の一戦で勝利を掴めるように準備してほしいです。

 次の試合はリーグ戦第5節vsジュビロ戦。そうです!「静岡ダービー」です!
 エスパルスにとってジュビロは不倶戴天の敵。必滅しなければならない相手!その時の順位やコンディションなどは一切関係ありません!どんな状況下にあっても、静岡ダービーは勝利こそが至上命題!一切の手加減は無用なのです!
 2013年10月27日に行われたリーグ戦第30節@アウェイ以来、実に3年半ぶりに行われる静岡ダービー。エスパルスの選手・スタッフ、そしてサポーターにとって、静岡ダービーは常に「真剣勝負」です!全ての「エスパルスファミリー」の誇りと名誉のために、絶対に是が非でも何が何でも清濁併せのんでも、アウェイ@エコパでジュビロを殲滅して勝利を掴み取ることこそが、エスパルスに課せられた使命なのです!

 ナショナルマッチウィークに入るため、リーグ戦はここでプチ中断に。オレンジ戦士はこの中断期間を十分に活用し、鹿島戦で顕在化した多くの問題点や課題、特にセットプレーでの守備をしっかり見直して、守備陣の修正を行ってほしいです。そして静岡ダービーに向けて、守備面での連携やセットプレーでの守備、攻撃面での選手間の連携や連動、そして攻守の切り替えなどをさらに磨き上げ精度を高め、3年半ぶりに行われる静岡ダービーで勝利を掴みとってほしいです。


 一昨年のエスパルスだったら負けて「悔しい」って思えなかったからなぁ...




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2017年3月19日 17:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2072

コメントしてください