メインエスパルス観戦記2016年後半の立て直しが結実して勝利!

2016年8月13日

後半の立て直しが結実して勝利!

2016 J.LEAGUE Division2 28ht leg.
清水 2-0 長崎

 7日に行われた札幌戦では、試合開始直後にミスから先制され、そして前半のうちに2点のリードを許すも後半に追いついて、さぁ!ここから反転攻勢!というところでミスから札幌に攻め込まれてしまい、最後はアディショナルタイムに勝ち越しゴールを許してしまったエスパルス。11日にはJ2リーグ戦第28節vs長崎戦に臨みました。
 
 目下J2リーグ戦首位を走る札幌が、エスパルスの小さなミスを見逃すわけがありません。「小さなミスが致命的なピンチを招く」を具現化したような札幌戦で、オレンジ戦士はそのことを大いに学んでほしいです。そして迎える長崎戦、3月6日の第2節@アウェイでは3-0で勝利しています。しかし札幌との勝ち点差を詰められなかったエスパルスにとっては、これ以上敗戦を積み重ねるわけにはいきません!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、サポート本当にお疲れ様でした。
 
 リーグ前半戦で勝利した長崎といえども一切の油断は禁物。しかもこの試合は我等が聖地・日本平での試合。情けない試合は無論のこと、長崎に全力で立ち向かい、勝利を掴み取らなければなりません。日本平で長崎を撃破し、リーグ戦上位チームの追撃を続けることができるか!エスパルスの本気を見せたい試合がキックオフ!

 試合立ち上がりから、5バックで自陣の守りを固める長崎に対し、エスパルスは攻め手を欠く厳しい展開に。テセを中心として長崎ゴールに迫りますが、長崎の強固な守りを崩せず、エスパルスはシュートすら長崎に打たせてもらえません。一方守備面では、長崎から新加入のGK植草がエスパルス最終ラインをよくコーチングしてしっかりした守備を展開。長崎の攻撃も決定力を欠いていたため、シュートは1本に抑えることができました。
 連戦の疲れからか、お互いに決定的な場面は少ないまま前半が終了。シュート本数がエスパルスが0に対して長崎は1と、非常に低調な試合展開で、前半はスコアレスで終わりました。
 
 後半、立ち上がりから攻撃のギアを上げてきたのは長崎。エスパルスは自陣に押し込まれてしまう時間が続いてしまいます。しかしここでも長崎の決定力不足に助けられ、何とか失点を回避し続けます。
 長崎の強固な守備を崩しゴールを決めたい小林監督は、早めに動き出します。59分に石毛に代えて航也を投入。攻撃陣にフレッシュな選手を加え、攻撃の活性化を狙います。するとこの交代采配が奏功!交代5分後の64分、凌兵のダイビングヘッドを相手GKが阻止したこぼれ球に航也が走り込みダイビングヘッド!ボールはゴール右隅に吸い込まれてゴール!エスパルスが長崎に先制します!
 航也のゴールで完全に試合の流れを引き寄せたエスパルス。テセを中心とした攻撃陣が長崎ゴールを脅かします。更に流れを強くしたい小林監督は76分、エダに代えて村田兄やんを投入。サイド攻撃を強化し追加点を狙います。
 するとその3分後の76分、河合チャソの右CKをテセが頭で合わせてヘディングシューート!!ボールはゴールに押し込まれてゴーール!!エスパルスがさらにリードを広げます!!
 その後小林監督は87分、テセに代えて長谷川を投入。試合を落ち着かせ時間を進め、リードを保ちつつ失点を回避して試合終了!!エスパルスが長崎を日本平で撃破しました。


 この試合、誰が何といっても航也でしょう!
 最近は後半からの交代出場が多い航也。しかし村田兄やん同様、未時間時間で結果を出す貴重な「スーパーサブ」に成長してくれました。「あのボールに反応できるかできないかが大きな差。シュートはあのコースしかなかった」と航也はコメント。前半シュート0と苦戦した試合の流れを変える先制ゴールを決めてくれました。プロ2年目で見せてくれた2試合連続ゴール。リオ五輪代表候補だった航也は「ブラジルなど自分と同じ年齢の各国代表選手があそこまでやるのかと危機感が募っている」と、視線は既に世界に向いています。
 航也(*^ー゜)b グッジョブ!!あまねく世界に名前をとどろかせろ!
 
 それと植草!7月28日に長崎から移籍加入した植草が、エスパルス加入後の初戦がまさか古巣相手になろうとは、本人も予想だにしていたかったことでしょう。42分の相手CKのピンチには、冷静に対応しゴールマウスを守り切りました。
 西部の怪我による長期離脱によりベテランGKの経験が不可欠だっただけに、植草の今後の活躍には期待せざるを得ません。
 植草ク(*^ー゜)b グッジョブ!!落ち着きと冷静さをエスパルス守備陣にコーチしてやってくりょう!


 エスパルスは長崎に勝利!勝ち点3を積み上げました。リーグ戦の順位も再び5位に上昇。しかし自動昇格となるリーグ戦2位にはまだ到達していません。ここからいかに勝ち点を積み上げていくことができるか。これからのリーグ戦の勝敗は、最終的な順位に大きな影響を及ぼします。好調な攻撃陣の勢いをもっともっと強く、そして守備陣の連携や連動をさらに強化し守備意識を高めることができれば、ここからの順位上昇も大いに期待できることでしょう。

 次の試合は第29節vs山口戦。6月26日のリーグ戦第20節@アウェイでは4-0と快勝しています。その時のいいイメージをさらに大きくし、そしてこの試合での勝利の勢いをさらに強くすることができれば、再び快勝できるはず。しかし逆に慢心するようなことがあれば、その油断を山口に突かれ、エスパルスが一気に窮地に追い込まれてしまうこともありうるのです。

 次節は中3日の14日(日)に開催されます。1週間で3試合をこなさなければならない厳しい試合日程。暑い真夏の連戦はオレンジ戦士のコンディションにも大きく影響することでしょう。オレンジ戦士はまずは疲れを取り除き、フィジカルコンディションの調整を入念に行ってほしいです。そして山口戦で見せてくれた後半の勢いをさらに強力なものにするため、攻撃陣の連携や連動を高め、山口戦で必ず勝利を掴み取ってほしいです。


 航也の今後の活躍に期待しちゃいますね!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2016年8月13日 23:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2033

コメントしてください