メインエスパルス観戦記2016年「サッカーがメンタルのスポーツだということを学んだ」小林監督:談

2016年7月29日

「サッカーがメンタルのスポーツだということを学んだ」小林監督:談

2016 J.LEAGUE Division2 25ht leg.
千葉 3-4 清水

 20日に行われた東京V戦では、ボランチと最終ラインの選手3人を入れ替えて臨んだものの、過密日程の疲れもあいまって連携不足の感は否めなず、それでも何とか前半は無失点で抑えるも、最後は元オレンジ戦士の善朗に決勝ゴールを叩き込まれてしまい敗戦。10試合ぶりの敗戦は今季同じ相手に2敗という不甲斐ない結果となってしまったエスパルスは24日、J2リーグ戦第25節vs千葉戦に臨みました。
 
 中3日の連戦の疲労とスタメン3人を入れ替えた影響で連携がちぐはぐになり東京Vに敗戦。今季アウェイ戦も同じく善朗に決勝ゴールを決められて敗戦。今季同じチームに同じ形で負けており、しかも愛媛戦での反省も全くと言っていいほど生かされない、不甲斐ない試合結果に終わってしまったエスパルス。そして迎える千葉戦。千葉には6月19日の第19節のホーム戦で、先制ゴールを決めた直後に追いつかれてしまい引き分けに終わっています。日本平での千葉戦も最後の詰めの甘さから同点を許すなど、エスパルスが克服しなければならない「決定力不足」や「連携不足」がここ最近の試合結果に大きな影を落としています。しかし!まだまだリーグ戦はこれから!下を向いている時間はありません!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@フクアリへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 この試合はオイラはスカパー!のテレビ中継を見ることができませんでした。日曜日の夜のチャンネル決定権は小僧と相方に完全に掌握されております...(´・ω・`) だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりましぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「サッカーがメンタルのスポーツだということを学んだ試合」だったようです。

 試合開始から両社とも攻守の切り替えを早くして、中盤の主導権を争う展開に。そして前半19分、石毛が相手と競り合いこぼれた浮き球をテセが冷静に頭で決めてゴール!エスパルスが先制点を決めます!その8分後の27分には、凌兵とのワンツーパスで右サイドからゴール前に抜け出した川口が冷静にシュートを決めてゴーール!J2リーグ戦初ゴールで追加点を決めます!
 しかしその後は4バックにシステム変更し攻勢を仕掛ける千葉に押し込まれる展開に。37分にはクリアボールを拾われ、最後は船山に決められてしまい、1点差に詰め寄られて前半を終了します。
 
 後半になってもエスパルスは千葉の猛攻にさらされる苦しい試合展開を余儀なくされてしまいます。63分にはGK力裕のキャッチミスを船山に押し込まれてしまい2点目を献上。エスパルスは千葉に追いつかれてしまいます。
 同点に追いつかれてしまった小林監督は、失点直後の63分にエダに代えて航也を、75分には石毛に代えて村田兄やんを投入。より攻撃的な選手を投入し、千葉を再度引き離しにかかります。
 しかし村田兄やん投入4分後の79分、川口がスライディングタックルでラフプレーの反則を受けて一発退場に。更にその5分後の84分には千葉にゴールを許してしまい、エスパルスはついに千葉に逆転されてしまいます。
 だがしかし!サッカーは試合終了の笛が鳴り終わる瞬間まで終わりません!試合終了間際の90分、航也の左からのクロスを千葉DFがクリアミス!このボールがゴールに吸い込まれてゴーーール!エスパルスが同点に追いつきます!さらにアディショナルタイムには、左サイドで松原が高い位置で粘り強くボールをキープ!それを起点にして攻撃陣が猛攻!航也の左からのシュートはGKに阻まれてしまいますが、こぼれ球もテセが冷静にシューーーート!!!!ボールはゴールに突き刺さりゴーーーール!!!!エスパルスが千葉に逆転して試合終了!!!!数的不利のエスパルスが千葉を逆転で下しました!!!!


 エスパルスは千葉に勝利!勝ち点3を積み上げました。1人少ない状態で、しかも逆転を許してしまったという厳しい状況。そこから勝利を掴み取ることは、非常に難しいということは、サッカーを知っている方でなくても分かることでしょう。そんな非常に過酷な状況において、一切集中を切らさずに戦い続け、そして試合終了の笛が鳴り終わる瞬間まで戦い続けることができた結果が、アディショナルタイムの逆転ゴールを呼び寄せてくれたのだと思います。劇的な逆転ゴールを決めたテセは「若かった川崎時代なら弾丸を狙い、外しただろうが(川崎時代の恩師で千葉の)関塚監督に"シュートは力じゃない"ということを散々言われたことを思い出した」とコメント。関塚監督はこの試合後に千葉の監督を解任されてしまいました。結果的には、恩師である関塚監督に引導を渡したことになるのでしょう。しかし、これもプロの世界。厳しい現実があるからこそ、勝利の瞬間は何物にも代えがたい、大きな意味を持つのだと思います。

 次の試合は第26節vs岐阜戦。5月8日のアウェイ岐阜戦では1-1で引き分けています。ここからの一つ一つの勝利、一つ一つの勝ち点が、今後を大きく左右することは自明の理。そして今季まだ岐阜に勝てていないエスパルスにとっては、次の試合は必ず勝たなくてはならない試合になります!そして次節は我等が聖地・日本平での試合。沢山のエスパサポさんが、オレンジ戦士の背中を押してくれるはずです!

 この勝利によりエスパルスは再びJ1昇格プレーオフ圏内の順位に浮上。しかし!ここか目的地ではありません!自動昇格が決まる2位以内に入らなければ、いや!優勝しなければ、J2リーグで切磋琢磨する意味がないのです!オレンジ戦士は、千葉戦で見せてくれた、最後まで勝利を目指しい諦めないメンタルを、もっともっと強化させてほしいです。そしてそれをリーグ戦で如何なく発揮し、勝利を積み上げていってほしいです。


 こういう試合があるから、サッカーは面白いんだよなぁ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2016年7月29日 11:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2030

コメントしてください