メインエスパルス観戦記2016年元紀の2ゴールで首位熊本を撃破!

2016年4月 7日

元紀の2ゴールで首位熊本を撃破!

2016 J.LEAGUE Division2 6ht leg.
熊本 0-2 清水

 3月26日に行われた山形戦では、山形を押し込みつつもゴールを決められないじれったい展開。しかし新米パパのデュークの一撃が決まって山形を撃破!J1昇格争いを繰り広げるであろうライバルチームの山形にアウェイで勝利したエスパルス。4月3日にはJ2リーグ戦第6節vs熊本戦に臨みました。
 
 熊本は目下J2リーグ戦首位と絶好調!今後のJ1昇格争いにも名乗りを上げるであろう強豪チームです。そしてこの試合はアウェイ@うまスタでの試合。山形戦同様、飛行機とバスを乗り継いで向かう遠方アウェイでの試合でもあり、オレンジ戦士のコンディションが気になるところ。しかし!山形に続き熊本を撃破することができれば、J2リーグ戦序盤の戦いで勢いをつけることも十分可能!オレンジ戦士の奮起に期待したいです!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんがアウェイ@うまスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、遠路はるばる本当にお疲れ様でした。
 
 J2リーグ戦首位を走る熊本を撃破することは、決してたやすいことではありません。しかも遠方アウェイ2連戦、オレンジ戦士の疲労も少なくないことでしょう。しかし!この難局を乗り切って2年ぶりの連勝を決めることができれば、チームにとって大きな自信につながるはず!山形戦勝利の勢いを熊本戦につなげることができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

 この試合でエスパルスは熊本の運動量を惜しまない動き出しの速さに苦しめられます。エスパルスは守勢に回る時間が続いてしまい、なかなか自分たちの攻撃を展開することができません。それでも自陣ゴール前では、GK西部を中心に体をはってエスパルスゴールを守り、熊本の攻撃を跳ね返し続けます。
 エスパルスの攻撃は25分、六平が放ったシュート1本のみで前半が終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半に入ってもエスパルスは熊本に押し込まれてしまう時間帯が続きます。しかしエスパルス守備陣が集中を切らさずに守備を展開し、失点を回避し続けます。
 事態を打開したい小林監督は59分、澤田に代えて村田兄やんを投入。サイド攻撃をさらに加速させ、熊本ゴールを脅かしにかかります。するとその交代采配が奏功!オレンジ戦士が熊本を押し込み始めます。村田兄やん交代後の72分、右サイドを抜け出した村田兄やんがゴール前にクロス!これを元紀がファーサイドに滑り込んでシュート!ボールは熊本ゴールに突き刺さりゴール!エスパルスが先制ゴールを決めます!
 そしてその2分後の74分、今度は福村の左からのクロスを元紀が胸トラップで落として冷静にシューート!!ボールは熊本ゴールネットを揺らしてゴーール!!エスパルスがあっという間に追加点を決めます!!
 エースの活躍で熊本にリードしたエスパルス。しかしそんなエスパルスにアクシデントが襲い掛かります。2点リードした直後の78分、守備の要のGK西部が左太ももを負傷し交代を余儀なくされてしまいます。代わりにエスパルスのゴールマウスに立ったのが力裕。エスパルスのゴールマウスに力裕が立ちはだかります。
 GKの負傷交代という緊急事態に小林監督は88分、河合チャソに代えて本拓を投入。守備に安定感のある本拓を射投入し、ピッチ全体で守備意識を高め失点を回避します。熊本もホームで負けじと攻勢を強めますが、オレンジ戦士全員で集中して守備を固めて失点を防ぎ切り試合終了!!エスパルスがJ2首位の熊本をアウェイで撃破しました!


 この試合、誰が何といっても元紀でしょう!
 運動量を惜しまない熊本の攻撃に耐え続け、前半を何とかしのいだ後半、後半は相手の運動量が落ちると見た元紀は高い位置でボールをキープし攻撃のチャンスを狙っていました。そして熊本の守備がほころんだ瞬間を逃さず、冷静に熊本ゴールを貫く2発を叩き込んだ元紀。ゴールは3月6日のvs長崎戦以来4試合ぶり。この時も2ゴールでした。「3点目を取りにいく姿勢をもっと出したかった。それが清水らしさ」と元紀はコメント。J1復帰を実現させるためには、オレンジ戦士の主将のゴールが絶対に欠かせません。
 元紀(*^ー゜)b グッジョブ!!頼むぜ!主将!


 エスパルスは熊本に勝利!勝ち点3を積み上げました。リーグ戦連勝は2014年4月以来、約2年ぶり!アウェイ戦連勝は2012年10月以来、約3年半ぶり!!ってか、どんだけ勝ててなかったんだよ...(´・ω・`)
 終始試合を優勢に進める熊本に対して、オレンジ戦士は冷静かつ辛抱強くチャンスをうかがい、そして数少ないチャンスを逃さずにゴールに結びつけた。目下リーグ戦で首位を走る熊本に、熊本のホームで土をつけたことは、オレンジ戦士にとって大きな自信につながるはず!特に元紀はこの試合で2ゴールの大活躍!これを勢いにして次節以降もゴールを量産してほしいです。
 
 次の試合はリーグ戦第7節vsC大阪戦。C大阪は今季J2リーグ戦優勝の最有力候補。攻守ともに実力は間違いなくJ1クラス。この強敵を撃破することができれば、エスパルスのJ1復帰は大きく現実味を増すことでしょう!そしてこの試合は我等が聖地・日本平で行われる試合。昨年5月から約1年間、日本平での勝利から見放されているエスパルスにとって、ホームでC大阪を撃破することは、今季のエスパルスにとって何よりも大きな力になるはずです。
  
 オレンジ戦士は、熊本戦で見せてくれた冷静さと決定力をさらに高めてほしいです。そして攻撃力が脅威となるであろうC大阪戦に向けて守備陣の連携や連動を強化し、高い位置からの守備を展開できるようにし、さらに攻守の切り替えを素早くすることを心掛け、来るべきC大阪戦で勝利できるよう、しっかり準備を整えてほしいです。


是非ともここから「ケチャどばぁ!」でお願いしまっす!!
>オレンジ戦士各位&コバさん




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2016年4月 7日 23:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2011

コメントしてください