メインエスパルス観戦記2016年またしても「J2の戦い」を勝ち切れずに引き分けに...

2016年3月15日

またしても「J2の戦い」を勝ち切れずに引き分けに...

2016 J.LEAGUE Division2 3rd leg.
清水 0-0 松本

 6日に行われた長崎戦では、昨季J1昇格プレーオフに進出した長崎との試合で、難しい試合になることも予想していましたが、ふたを開けてみれば攻守にわたり試合を支配し長崎を圧倒!守備陣は長崎の攻撃を寄せ付けずに完封!攻撃陣は元紀と航也の活躍を軸に長崎守備陣を切り崩し3ゴール!難しいアウェイでの試合でJ2初勝利を決めたエスパルスは13日、J2リーグ戦第3節vs松本戦に臨みました。
 
 松本はエスパルス同様、昨季J1から降格してしまったチーム。それだけに実力も十分にあるチームといってもいいでしょう。そんな松本を迎え撃つのは我等が聖地・日本平。いまだJ2リーグ戦でホームでの勝利が無いエスパルスにとって、松本戦では是が非でも黒が白でも何が何でも清濁併せのんでも勝利したいところ。そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 第3節vs松本戦からの3試合は、松本(ホーム)・札幌(ホーム)・山形(アウェイ)と、J1でのプレー経験があり、そしてJ1昇格を争うであろう強豪チームとの3連戦になります。この3連戦の行方は、今季のエスパルスの行方を占う、重要な一戦になりそうです。その初戦となる松本戦で勝利を決め、J2初となるホームでの勝利でJ2リーグ戦で勝ち切るための勢いをつけることができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

 この試合では今季新加入したビョン・ジュンボンがCBとして出場。ここ2試合無失点のエスパルスに一抹の不安を落とします。
 しかしそんな不安は試合開始と同時にどこかへ吹き飛びます!昨季の課題だった守備陣はこの試合でも安定した守備を展開。中盤の高い位置から松本の攻撃の起点を潰し、今季新加入&初スタメンのジュンボンが安定した守備を見せ、エスパルスゴールを守ります。
 一方の攻撃陣は、元紀と航也、そして鎌田が運動量を惜しまずに攻撃を展開し松本を圧倒!相手ゴールを脅かします。しかしこの試合でも松本守備陣が自陣に引いて守りを固め、エスパルスの攻撃がはじき返されてしまい、松本ゴールを割ることができません。そしてそのまま前半が終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半に入っても試合を支配したのはエスパルス。鎌田の献身的な運動量でピッチを広く使い松本ゴールを狙います。しかし松本も前半同様に自陣で守備を固めゴールを守り続けます。エスパルス攻撃陣は松本守備陣を突き崩しきり、ゴールを決めることができません。
 ホームで勝利を決めたい小林監督は、75分に河合チャソに代えて村田兄やんを、2分後の77分に本拓に代えて涼を、さらに5分後の82分に航也に代えてデュークを投入。攻守のバランスを考えつつ、攻撃に縦への速さを加え、松本ゴールを脅かします。それでも自陣ゴール前で守備を固めた松本を崩してゴールを決めることができないまま試合終了。スコアレスドローで試合を終えました。


 昨季までのズタボロな守備を思えば、3試合連続無失点はエスパルス守備陣の大きな成長といえるかもしれません。一方攻撃陣は、松本の堅固な守備、特にCBとGKが非常に強固だった松本を攻略しきれなかったことは、今後J2リーグ戦を戦う上で、非常に重要かつ克服しなければならない課題になると思います。
 この試合でのシュート数が松本の3本だったのに対してエスパルスは14本。攻守にわたり試合を支配していたことは、数字を見ても明らかです。緊急スタメンのジュンボンが予想以上に安定していたこと。鎌田の運動量を惜しまないプレーで攻撃陣が大きく活性化したことが、この試合での収穫だったように思います。ただ惜しむらくは、何度かあった決定的なチャンスを決めきることができなかったこと。この試合はJ2リーグ戦を勝ち切るための課題や収穫を見つける大きなきっかけになったのかもしれません。


 エスパルスは松本に引き分け。勝ち点1を分け合いました。守備面では3試合連続完封勝利と安定感を増してきたエスパルス。しかし攻撃面では、自陣で引いて守りを固める相手を崩せない。長く厳しいJ2リーグ戦を勝ち抜くためには、こういった課題や収穫に対して、適正かつ迅速に対応していかなければなりません。
 でもどうですか?昨季あれだけ失点の山を作り上げてきたエスパルスを見てきたオイラとしては、今季のエスパルスは昨季に比べ着実に進化していると思えます。そう考えれば、修正するべき部分も明らかなわけですし、この試合では収穫もあった。なかなか勝てないからといって何も悲観することはありません!

 次の試合はリーグ戦第4節vs札幌戦。札幌はJ1在籍経験があるチーム。そして元エスパルス監督の石崎監督が率いるチーム。また元オレンジ戦士の小野伸二選手が在籍するチーム。エスパルスにとって、札幌J1昇格を争うであろう強敵となることは間違いなさそうです。しかし!次節も我等が聖地・日本平で開催されます。大勢のオレンジサポーターがオレンジ戦士に力を与えてくれるはずです!

 オレンジ戦士は、この試合で得られた収穫や課題を今後の試合に活かすべく、課題克服に全力で対応してほしいです。そして攻守における連携や連動をさらに高めて、来るべき札幌戦@ホームで勝利を決められるよう、十分に準備をしてほしいです。


 昨季に比べりゃ確実に進歩してる!着実に前に進んでる!ここからだぜ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2016年3月15日 23:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/2008

コメントしてください