メインエスパルス観戦記2015年最後に見せてくれた「オレンジの意地」

2015年11月23日

最後に見せてくれた「オレンジの意地」

2015 J.LEAGUE Division1 2nd stage the last sec.

甲府 2-2 清水

 7日に行われたリーグ戦2ndステージ第16節vs山形戦では、田坂監督は元紀やウタカ、テセ等の主力選手はスタメンに起用せず、凌兵や航也をスタメンで起用。若手を積極的に起用。ヤングエスパルスが躍動し、選手同士が付かず離れずで距離感を保ち、テンポ良い細かいパスワークで山形守備陣を翻弄!オレンジ戦士全員が連動して攻撃を組み立て山形に勝利!田坂監督就任初&12試合ぶりに勝利を決めたエスパルス。22日にはリーグ戦2ndステージ最終節vs甲府戦に臨みました。
 
 山形戦で主力の先発起用を見送ってまで、自らが目指すサッカーを貫いた田坂監督。しかしそれが奏功し、凌兵や航也をはじめとしたヤングエスパルスの躍動で山形に勝利!お互いのJ2降格が決定している山形との試合は、いわば「2016年J2リーグ戦第0節」といってもいいのかもしれません。勝利へのモチベーションの持っていきかたや選手のマインドも下がっており、通常のリーグ戦よりも勝利することが難しいこの一戦で勝利できたことは、来季厳しいJ2リーグ戦を戦わねればならないエスパルスにとっては、大きな自信につながったはずです。
 そして迎えるJ1リーグ最終戦vs甲府戦。甲府にはリーグ戦1stステージ第16節@アイスタで敗戦しています。そうです!富士山の領有権は今甲府に握られてしまっているのです!(笑)このまま富士山を山梨に預けたままでは静岡の名が廃る!そんなエスパルスををサポートするべく、多くのエスパサポさんが我等がアウェイ@中銀スへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 エスパルスはこの最終戦以降、暫しJ1からお別れです。エスパルスにとってのJ1リーグ戦中断前の最終戦、そんな節目となる試合が、甲府との富士山ダービーになろうとは。これも運命なのでしょうか。甲府との富士山ダービーをしっかり勝って有終の美を飾り、そして富士山の領有権を静岡に奪還してほしい!エスパルスの最後の悪あがきを見せたい試合が火蓋を切りました!

 前節vs山形戦同様、田坂監督は凌兵や航也をスタメンで起用。若手を積極的に起用し甲府に挑みました。
 試合立ち上がりからボールを支配したのはエスパルス。前節vs山形戦同様、若きオレンジ戦士達が躍動!選手同士が適切な距離を保ちつつ、ボールを中心に選手が密集し、細かいパスワークで強固な甲府守備陣を翻弄!決して守りに入ることなく、オレンジ戦士全員が連動して攻撃を組み立てました。またエスパルスがボールを失っても、運動量を惜しまない高い位置からのプレスで素早く甲府からボールを奪い、攻守の切り替えを早くし甲府に攻撃を仕掛け続けます。しかし守備力に定評がある甲府の強固な守備ブロックを攻略しきれず、ゴールを決めくことができません。そしてそのまま前半が終了。エスパルスはスコアレスで試合を折り返します。
 
 試合が動いたのは後半開始直後の52分、CKからのセットプレーからゴール前で混戦になり、最後は凌兵が冷静にシュート!ボールはゴールに転がり込んでゴール!エスパルスが先制ゴールを決めます!
 その4分後の56分、今度は甲府のカウンターをエスパルス守備陣がカット!!凌兵がバイタルエリアからドリブルで切り込み、ゴール前で混戦になるも甲府守備陣を引き付けなんとかボールをキープ!!そしてゴール前でフリーになった航也にノールックパス!!これを航也が冷静にシュート!!ボールは甲府GKをすり抜けてゴール!!J1初ゴールとなる航也のゴールで、エスパルスが更に甲府を突き放す2点目を決めました!!
 しかしその10分後の66分に甲府にゴールを決められてしまい、エスパルスは甲府に1点差に詰め寄られてしまいます。そこで田坂監督は70分、福村に代えて六平を投入。攻守のバランスを考えつつ、守備力の強化を図ります
 1点差に詰め寄った甲府は、ここから更に攻撃のギアを上げてパワープレーに出て、エスパルスは甲府に押し込まれる時間が続きます。76分にはエスパルス守備陣の一瞬の判断の遅れを突かれてしまい失点。エスパルスは甲府に同点に追いつかれてしまいます。
 最終節を勝利で飾りたい田坂監督は77分、澤田に代えてテセを、81分には航也に代えて村田兄やんを投入。攻撃力を強化し甲府ゴールに迫ります。しかし甲府の強固な守備陣を再度こじ開けることができずに試合終了。エスパルスは甲府に引き分け、2015J1リーグの全ての日程を終了しました。


 結果は引き分けでしたが、オイラは試合内容は来季につながるものだったと思いました。
 前節vs山形戦同様、今季何度も見てきたエスパルスの試合とはずいぶん違い、ボールも選手もよく動く、観ていてワクワクできた試合だったように思います。
 特に航也や凌兵のプレーにはワクワクさせられました。澤田もいい動きをしていたし、この試合で活躍していた選手に、来季以降のエスパルスの姿を垣間見た気がしました。
 一方、守備面ではまだまだ修正が必要だと感じました。自陣ゴール前での連携や約束事が、出来ている時とそうでないときがある。守備にムラがあっては、勝利を掴みとることができません。来季以降、絶対に修正しなくてはならない部分だと思いました。
 山形戦と甲府戦、今季J1リーグ戦最後の2試合で、エスパルスは着実に前に進めたと思います。この前進を必ず来季に繋げ、そして更に大きく高く飛躍させてほしいです。


 エスパルスは甲府に引き分け、勝ち点1を分け合いました。エスパルスは今季J1最終戦を勝利で飾ることができませんでした。しかし他の試合結果により、エスパルスの年間成績は5勝10訳分19負の勝ち点25で17位が確定。最後の最後で年間順位最下位を脱することができました。J2降格は止む無し。しかし最終順位が最下位ではなくなったことで、オレンジ戦士の意地を見ることができたように思います。オレンジ戦士がJ1リーグ最終の2試合で見せてくれた意地を、来年のエスパルスに繋げて欲しいです。
 
 エスパルスは今季の全日程を終了しました。しかしフロントはここからが忙しくなる時期。しかも今季はクラブ初となるJ2降格という大きな環境の変化もあります。来季に向けた補強や契約更改、そしてクラブ運営の根幹にかかわる事案など、重要な案件が山積しているはずです。
 一方で、オレンジ戦士はつかの間のオフ期間に入ります。この期間でしっかりリフレッシュして、来たるべき厳しいJ2での戦いをベストコンディションで迎えられるようにして欲しいです。


 来季は若きオレンジ戦士たちがJ1での試合で見せてくれた意地に期待したいです!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2015年11月23日 18:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1987

コメントしてください