メインエスパルス観戦記2015年無失点だったことを前向きにとらえたい...

2015年9月15日

無失点だったことを前向きにとらえたい...

2015 J.LEAGUE Division1 2nd stage 10th sec.
鳥栖 0-0 清水

 9日に行われた天皇杯2回戦vs藤枝戦では、幸先よく2ゴールを決めてJ3の藤枝を圧倒するかに見えたが、リードした気のゆるみからか選手の足が止まってしまい、攻守にわたって精彩を欠き藤枝に押し込まれてしまい、まさかの逆転&4失点で敗戦。実に11年ぶりに天皇杯初戦で姿を消すことになってしまったエスパルス。12日にはリーグ戦2ndステージ第10節vs鳥栖戦に臨みました。
 
 リーグ戦での主力選手を温存するために11人のスタメン選手をすべて入れ替えて臨んだとはいえ、2つ下のディビジョンで戦う藤枝に対して敗戦。しかも大量4失点を喫してしまったエスパルス。藤枝に苦杯をなめさせられたオレンジ戦士はこの敗戦を石に刻むが如く絶対に忘れないでほしい。そしていつか必ず、公式戦のピッチでその汚名を返上してほしいです。そして天皇杯vs藤枝戦から中2日で迎える鳥栖戦。オレンジ戦士の天皇杯敗退のダメージも気になるところ。そんなエスパルスををサポートするべく、多くのエスパサポさんがアウェイ@ベススタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、遠いところを本当にお疲れ様でした。
 
 鳥栖には1stステージで日本平で引き分けているエスパルス。しかし過酷な残留争いを戦っているエスパルスにとって、敗戦はおろか引き分けすらも許されない状況になりつつあります。その鳥栖も前節で神戸に大量7失点で敗戦。直近は調子を崩しています。残留争いから抜け出すためにも、この鳥栖戦は必ず勝たなければなりません!エスパルスの土壇場の戦いがキックオフ!

 前半はお互いに出方を見つつ手堅く守備を固める展開に。エスパルスは先制点だけは許すまじと、角田をはじめとしたエスパルス守備陣が身体を張って自陣をしっかり固めて鳥栖の攻撃をはじき返し続けます。一方、エスパルスの攻撃は、鳥栖の早くて強いプレスの前に決定機を作り出すことができず、鳥栖ゴールに迫ることができません。
 前半は両者とも決定的な場面を作り出せず、攻めあぐねる試合展開のまま終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 しかし後半に入ると、お互いに勝ち点がほしいチーム同士、攻守の入れ替わりが激しくなってきます。そんな中エスパルスが徐々に試合の主導権を握り始め、攻撃のペースをつかみ始め鳥栖ゴールに襲い掛かります。
 先制ゴールを決めたい田坂監督は、70分に本拓に代えて涼を、74分には凌兵に代えて元紀を投入。さらに攻撃のリズムをアップして鳥栖ゴールに迫ります。すると77分にはウタカとの連携からテセがシュート!78分には鎌田のダイビングヘッド!81分にはテセの振り返ってのシュートを放ちますが、いずれも鳥栖のGKで元エスパルスの林の好セーブに阻まれてしまい、鳥栖ゴールをこじ開けることができません。
 アディショナルタイムにはスローインからテセが頭から飛び込んでダイビングヘッドでゴールを狙いますが、これも林に阻まれてしまいゴールにはならず、そのまま試合終了。エスパルスは鳥栖に引き分けました。


 毎試合のように守備が瓦解して大量失点で敗戦を喫していたエスパルスからすれば、無失点で試合を終われたことは十分評価に値するでしょう。そしてこの試合は後半だけで14本のシュートを放ち、鳥栖に対して猛攻を仕掛けることができました。それも今までのエスパルスと比較すれば、飛躍的な進歩かもしれません。しかし最後の部分での「決定力」が及ばず、鳥栖ゴールを割ることはできなかった。攻守にわたり内容が評価できる試合だっただけに、勝てなかったことは後悔せざるをえません。
 しかし、チームは試合を重ねるごとに、攻撃面でも守備面でも着実に進歩しつつあり、勝利の時は確実に近づいてきていると実感しています。一方で、リーグ戦の日程も粛々と消化されつつあります。
 「無失点だっただけに、責任を感じる。(J2に)落としてはいけない強迫観念にとらわれているのか」と試合後のテセは自戒の念を込めつつコメントしています。慌てたっていいことは何もありません。今はその時のために、選手もスタッフも、そしてサポーターも、じっと辛抱するときなのかもしれません。


 エスパルスは鳥栖に引き分け。勝ち点1を分け合いました。しかしこの試合内容であれば「勝ち点2を失った」試合と言えそうです。チームは着実に進歩しているというのに、試合日程は待ってはくれない。オレンジ戦士も残留争いというとてつもない重圧の中での戦いを強いられているはず。しかし、この酷難を乗り越えることができなければ、エスパルスのJ1残留は成しえません。もっといえば、この酷難を乗り越えることができれば、エスパルスには新たなステージが見えてくるはず。エスパルスに携わるすべての人の思いを一つにして、辛抱して続けていくしかないのです。
 
 次の試合はリーグ戦2ndステージ第11節vs浦和戦。浦和には1stステージでアウェイで敗戦しています。そして浦和とは無観客試合をはじめとした因縁深い相手。日本代表クラスの選手を多数擁する浦和を撃破することは、非常に困難なことでしょう。しかし!この因縁浅からぬ相手をホーム・エコパスタジアムで撃破することができれば、これまでの積年の雪辱を果たし、残留争いを戦い抜くうえで、オレンジ戦士に大きな自信を与えてくれるはずです!
 
 オレンジ戦士は向上しつつある守備における連携や選手間の連動をより一層高度なものにして、強力な浦和攻撃陣を緘黙させられるようにしてほしいです。そして強さが増しつつある攻撃陣の決定力を増し、ホームで浦和を撃破して、残留争いを勝ち抜くための足がかりにしてほしいです。


 着実に進化している!あとは我慢して続けていくしかない!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2015年9月15日 22:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1974

コメントしてください