メインエスパルス観戦記2015年ようやく見え始めたトンネルの出口

2015年5月15日

ようやく見え始めたトンネルの出口

2015 J.LEAGUE Division1 1st stage 11th sec.
神戸 1-2 清水

 6日に行われたリーグ戦1stステージ第10節v鳥栖戦では、試合立ち上がりで元紀が練習どうりに幸先よくゴールを奪うも前半終了間際に鳥栖に追いつかれ、それでも後半にPKをゲットし、これを元紀がきっちり決めて再度鳥栖を引き離しますが、その直後に失点してしまい引き分けに。そこまで掴みかけていた勝利は手からこぼれ落ち、ついにクラブワーストタイとなる開幕戦以来9試合未勝利となってしまったエスパルス。10日には1stステージ第11節v神戸戦に臨みました。
 
 大型連休の過密日程もこの試合でひとまず終了。オレンジ戦士の精神的・肉体的疲労はピークに達しているはず。この試合も中3日で行われる厳しい日程。しかし!試合日程が厳しいのは相手も同じこと!目下降格圏の順位に位置するエスパルスにとって未勝利記録の更新をするわけにはいかないのです!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@ノエスタへ駆けつけてくました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 前節vs鳥栖戦で、その手のひらに掴みかけていた勝ち点3を逃してしまったエスパルス。オレンジサポーターの誰もが悔しい思いをしたに違いありません。しかし一番悔しかったのは誰よりもオレンジ戦士だったはず。その悔しさを晴らすためには、自分達の力で勝利を掴み取るしかないのです!アウェイで神戸を撃破し降格圏の順位から一歩でも抜け出すことができるか!エスパルスの思いを賭けた試合がキックオフ!

 試合序盤からエスパルスが主導権を掌握。神戸に対して猛然と攻撃を仕掛けます。すると14分、元紀のポストプレーを起点にウタカが左サイドにパス。そこへ切れ込んできデュークが右足を振り抜いてシュート!ボールはゴールネットを揺らしてゴール!デュークのJ初ゴールでエスパルスが先制します!
 その後も最前線のウタカやデュークが運動量を上げて神戸陣内に切り込み、守備陣のギャップを突いて元紀が攻め込むなど、積極果敢に神戸ゴールに襲いかかります。神戸は自陣内で身体をはった守備を展開し、エスパルスはなかなか追加点を決めることができません。すると29分、守備のほころびを神戸に突かれてカウンターに持ち込まれ、エスパルス守備陣は懸命に帰陣しましたが、神戸のシュートをクリアしようとした六平のクリアボールが無常にもゴールに吸い込まれてしまい失点。エスパルスは不運な形で同点に追いつかれてしまいます。
 オレンジ戦士は前半のうちに再びリードを広げようと、神戸ゴールに挑みますが、神戸の堅い守りに阻まれてしまい前半が終了。1-1のまま試合を折り返します。
 
 後半になっても試合はエスパルスのペース。前半同様にエスパルスがボールを支配し、神戸に反撃の隙を与えません。しかし次第に疲れが出てきてしまったのか、小さなミスが散見され始めてしまい、効果的な攻撃を仕掛けるにはいたりません。
 局面を打開したい克己監督は58分、駿に代えて白崎を投入。中盤からの攻撃にアクセントを加え、神戸守備陣を突き崩しにかかります。 
 すると70分、エスパルスが神戸ゴールほぼ正面のペナルティエリア手前からのFKをゲット!!キッカーは元紀!!全ての思いを乗せて渾身のシュート!!ボールは壁を越えて美しいアーチを描き神戸ゴールに吸い込まれてゴーール!!エスパルスが遂に勝ち越しゴールを決めます!!
 その後は連戦の疲れからか、オレンジ戦士の運動量が落ち始め、パワープレーを仕掛ける神戸に押し込み始められてしまいます。しかしGK力裕の好セーブもあり、ゴールを割らせるまでにはいたりません。
 誰もがこのまま試合が終わると思っていたであろう試合終了間際アディショナルタイム。エスパルスが神戸にFKを与えてしまいます。それは元紀が勝ち越しゴールを決めたFKと同じような位置。この試合を観ていたエスパサポの皆さんはほぼ「嫌な予感」を禁じえなかったでしょう。しかし!!このピンチを力裕のミラクルセーブで凌ぎきって試合終了!!エスパルスが神戸に勝利しました!!

 この試合、誰がなんと言ってオレンジ戦士全員でしょう!
 クラブワーストタイとなる9試合未勝利という酷難の状況。普通の人なら諦めて逃げ出したくなるような状況だったに違いありません。しかし!克己監督はどこへも逃げずに立ち向かい続けた。クラブ側から提案を受けた勝利給を断り、ミーティングで前節の反省と次節の分析を繰り返し、練習や試合で修正を重ねてきた。地道な作業が、ようやく実を結びました。
 決勝ゴールとなったFKも日ごろの練習で繰り返してきたもの。「チームが良くなっていくことを実感している」と元紀はコメント。長く長く続いてきたトンネルの出口が、ようやく見え始めてきました。
 オレンジ戦士(*^ー゜)b グッジョブ!!ここからエスパルスの大反攻作戦が始まるぜ!


 エスパルスは神戸に勝利!リーグ開幕戦vs鹿島戦以来10あ試合ぶりに勝ち点3を獲得しました!デュークのJ初ゴールに元紀の2試合連続ゴール!ストライカーがゴールを決めて勝利すると、チームも勢いを増します!随分時間はかかりましたが、ようやく克己監督が思い描くエスパルスの「形」が見えてきた。そんなふうに思いました。
 しかし、リーグ戦の順位は1つ上がったとはいえ、いまだ降格圏内の16位。この降格圏内から1日も早く脱出することが、目下のエスパルスの大きな課題。1つ勝ったからといっても、油断は全くできないのです。
 
 次の試合はリーグ戦1stステージ第12節vs横浜F・M戦。攻守に強力な選手が多く在籍している横浜F・Mはエスパルスにとって攻略が難しい相手。それもそのはず。エスパルスは横浜F・Mに2010年のリーグ戦第5節@日産ス以来、実に4年間勝利がありません。しかし!そんな難敵だからこそ倒すことができれば、それはオレンジ戦士に大きな自信をもたらしてくれるに違いありません!
 
 次節vs横浜F・M戦までは1週間の時間が空きます。オレンジ戦士は、厳しい試合日程で心身ともに疲労が蓄積されてしまった身体を、徹底的にフィジカルケアしてほしいです。そしてこの試合での勝利をフロックにしないためにも、攻守における連携を更に高めて、難敵横浜F・Mを撃破するべく、十分に準備を行って欲しいです!


 トンネルの出口は見えてきた。しかし未だトンネルを脱してはいない...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2015年5月15日 22:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1951

コメントしてください