メインエスパルス観戦記2015年微かな「春の足音」が聞こえてきた!かな...?

2015年4月24日

微かな「春の足音」が聞こえてきた!かな...?

2015 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
予選リーグ第4節
清水 2-1 仙台

 18日に行われたリーグ戦第6節vs名古屋戦では、試合立ち上がりで2失点を喫してしまい、その後も名古屋に効果的な攻撃を展開することができず、後半開始から村田兄やんとデュークを投入して反撃を試みるも、後半開始早々に更に失点してしまい点差は開くばかり。試合終了間際に村田兄やんの一撃で一矢報いるも反撃はここまで。公式戦連敗記録を7に伸ばしてしまったエスパルスは22日、ナビ杯予選リーグ第4節vs仙台戦に臨みました。
 
 不名誉な記録を更に更新してしまい、公式戦7連敗となってしまったエスパルス。出口の見えない、長い長いトンネルを抜け切れないオレンジ戦士達。しかし時間は待ってはくれません。ゴールデンウィークも近づいてきて、ここから試合日程がタイトになってきます。ただでさえ厳しい日程、そして公式戦連敗と苦しいコンディション。オレンジ戦士は限界ギリギリでの戦いを強いられます。この試合もリーグ戦から中3日でのナイトゲーム。しかし!こんな時だからこそ、オレンジ戦士の背中を押せるのはサポーターなのです!平日のナイトゲームのにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 この試合は平日のナイトゲーム。オイラは試合終了までに仕事が終わらず、試合を観ることができませんでした。だもんで、試合内容については、これっぽっちも分かりません。しかしオヒサルの文字実況や各メディアサイト、エスパサポさんのレポートなどを見るに、この試合は「微かな春の足音が聞こえてきたような」試合だったようです。


 リーグ戦から中3日で行われたこの試合。克己監督はスタメンをほぼ半分入れ替えて仙台戦に臨みました。
 すると前半19分に、北川のパスを受けた元紀が思い切ってミドルシュート!ボールはゴールに突き刺さりゴール!エスパルスが前半に先制ゴールを決めます!
 しかし前半36分に仙台に追いつかれてしまい前半が終了。1-1で試合を折り返します。
 
 後半立ち上がりの62分にエスパルスに不運が...。弦太が負傷してしまい交代を余儀なくされてしまいます。克己監督は弦太に代えて石毛を投入。エダをSBに下げる緊急対応で仙台の攻撃をしのぎ、反撃のチャンスを狙います。しかし仙台も脆くなったエスパルスのサイドを狙って攻撃を仕掛け、エスパルスもピンチの時間が続いてしまいます。
 仙台を引きはがすゴールを決めたい克己監督は74分、航也に代えて澤田を投入。前線への突破力を強化し仙台ゴールを狙います。するとその交代が奏功!交代3分後の77分、涼が中盤でボールを奪い、元紀がくさびとなって前に仕掛ける澤田にパス!そこから澤田が左からドリブル突破!仙台DFをかわして最後は左足を振り抜きシュー―ト!!ボールはゴール右に突き刺さりゴーール!!エスパルスが遂に勝ち越しゴールを決めました!!
 その後、仙台のパワープレーで押し込まれる時間が続きましたが、GK杉山やボランチの大輔等のエスパルス守備陣が最後まで集中を切らさずに自陣ゴールを守り抜き試合終了!!エスパルスが仙台に勝利!!公式戦連敗を7で食い止めました!!

 エスパルス公式戦連敗記録を止めたのは、「新たな希望の光」の活躍でした。今季J2熊本から新加入した澤田は、ここまで公式戦出場はこの試合を含めて2試合。J1の壁はそう簡単には超えられないものでした。そんな澤田が掴んだ出場のチャンス!ピッチにたった彼には迷いは無かったはず。我武者羅に仙台ゴールに向かってチャレンジし続け、そして掴んだ決勝ゴール!昨季の村田兄やんがそうだったように、今季は澤田がエスパルスの窮地を救う「新たな希望の光」なのかもしれません。
 他にも、アンカーで今季公式戦初出場を果たした大輔。仙台の攻撃に対して厳しいチェックで攻撃の基点を潰し、セカンドボールも丹念に拾って攻撃へつなげていました。不慣れな右SBのポジションに入ったエダも運動量を上げて積極的に攻撃参加。決定機を数多く作っていました。
 公式戦連敗記録を止めたことよりも、これらの選手の活躍が光っていたことのほうが、今後のエスパルスにとって大きな収穫だったかもしれません。


 エスパルスは仙台に勝利!公式戦連敗記録を7でストップすることができました!しかしナビ杯予選突破は依然として厳しい状況。ここから全て勝利する覚悟で試合に臨まなければなりません。
 一方で、この試合での勝利でオレンジ戦士達も溜飲が下がったことでしょう。試合に勝てないときには、色々な雑音も大きくなってくるはず。ここで1つ勝てたことで、若い選手が多いエスパルスにとっては、次の一歩を踏み出すきっかけになったことでしょう。この勝利をナビ杯だけでなくリーグ戦につなげ、これまでの不調を払拭するような勢いを掴んで欲しいです。

 次の試合はリーグ戦1stステージ第7節vs広島戦。日本代表クラスの選手がゴロゴロいる広島。失点が多いエスパルスにとって、広島の圧倒的な攻撃力を防ぎきることは、非常に困難な課題になるかもしれません。しかし!この広島の攻撃を封じ込めて失点を回避し切れれば、今後の試合に臨む際の大きな自信に繋がるはず!細かなズレやミスを出さず、集中して試合に臨むことができるかが、試合の鍵を握っているかもしれません!

 オレンジ戦士は、まずは厳しい連戦での疲れをしっかり取り除き、コンディションの調整を十分行って欲しいでです。その上で、相手陣内への推進力や高い位置からの守備と素早い攻守の切り替えを意識して連携を高めて、強敵の広島戦に向けて準備をしてほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2015年4月24日 23:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1946

コメントしてください