メインエスパルス観戦記2014年最後の瞬間まで闘志を燃やし続けて天敵を撃破!

2014年10月25日

最後の瞬間まで闘志を燃やし続けて天敵を撃破!

2014 J.LEAGUE Division1 29th sec.
清水 2-1 新潟

 18日に行われたリーグ戦第28節vs横浜F・M戦では、高さと強さを兼ね備えた横浜F・MのDF中澤を警戒したセットプレー対策などを講じて臨みましたが、エスパルスがやろうとしたサッカーを横浜F・Mに実践されてしまい自分達の持ち味が全く出せず、放ったシュートは4本のみで敗戦。実力の差を痛感させられたエスパルス。22日はリーグ戦第29節vs新潟戦に臨みました。
 
 この試合は中3日と厳しい日程で行われたミッドウィークのナイトゲーム。選手の身体的な疲労と前節横浜F・M戦での敗戦の精神的な影響も気になるところです。しかもこの試合の対戦相手は新潟。エスパルスは新潟に近年6連敗を喫しています。難敵の新潟を撃破することは、そう簡単なことではありません。しかし!この試合が行われるのは我等が聖地・日本平!沢山のエスパサポがオレンジ戦士の力になってくれます!この試合での勝敗は今後の残留争いに大きな影響を及ぼすことは想像に難くありません。俺達の日本平で難敵を撃破して勝ち点を積み上げたいところ。そんなエスパルスをサポートするべく、冷たい雨が降りしきっているにもかかわらず、この試合に約8500人ものエスパサポさんが我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、荒天の中でのサポート本当にお疲れ様でした。
 
 この試合は水曜日のナイトゲーム。しかし仕事が試合までに終わらず、オイラはこの試合をちっとも見ていません。しかしオヒサルの文字実況やスポーツ関連のサイトの記事、エスパサポ系のブログを拝見するに、この試合は最後の瞬間まで闘志を燃やし続けて天敵を撃破した試合と言えそうです。

 試合立ち上がりの12分、いきなり試合が動きます。元紀の右CKからのセンタリングを平岡がニアで頭ですらしてゴールファーサイドの石毛に!これを石毛がジャンプ一番ヘディングシュート!ボールはゴール左隅に突き刺さりゴール!エスパルスが早い時間帯に先制ゴールを決めました!
 その後もエスパルスは最終ラインを高くして中盤をコンパクトにし、運動量を上げて高い位置からプレスをかける戦術が新潟に対して有効に機能し、攻守の切り替えを早くして新潟ゴールに迫ります。しかし新潟もゴール前では粘り強い守備を展開し、エスパルスは追加点を決めることができないまま前半が終了。1点リードで試合を折り返します。
 
 後半に入ると事態は一変。勝利を目指す新潟の猛攻撃にされされてしまい、エスパルスは防戦一方になってしまい、何度となく致命的なピンチを招いてしまいます。それでもエスパルス守備陣は身体を張った守備を展開し、新潟の猛攻を跳ね返し続けます。
 新潟の猛攻に対抗するべく克己監督は71分、俊幸に代えてJ初出場となる息吹を投入。しかしその1分後の72分にセットプレーから新潟に決められてしまい失点。エスパルスは後半に追いつかれてしまいます。
 同点に追いつかれてしまった克己監督は76分、石毛に代えて善朗を投入。中盤からの展開力を強化して、新潟を突き放す1点を狙います。しかしあくまで勝利を狙うのか、それもと引き分けに持ち込むのか、チーム全体の明確な方向性を見出し切れていないエスパルスは、プレーに精彩を欠いてしまい、そこを新潟に突かれてピンチを招いてしまう展開が続いてしまいます。
 すると克己監督は試合終盤の87分、六平に代えて村田を投入。この交代で攻撃のスイッチが入ったオレンジ戦士は試合終了間際に攻撃のギアをアップして新潟ゴールに襲い掛かります。
 そして試合終了間際の90分、歓喜の瞬間が我等が聖地。日本平に訪れます。自陣右サイドで井チャソがクリアボールを拾うと中盤右サイドの村田へパス!!村田がこれを受けると、猛然と右サイドをドリブルで駆け上がる!!新潟のDFが村田に迫るも村田はこれをモノともせずに更に右サイド深くドリブルで切り込んで新潟ゴール前へ渾身のセンタリング!!これをゴール前でフリーになっていたノヴァが冷静に押し込んでシューート!!ボールは当然のように新潟ゴールに吸い込まれてゴーール!!エスパルスが新潟を突き放して試合終了!!エスパルスが難敵・新潟をアイスタで撃破しました!!


 エスパルスは新潟に勝利!勝ち点3を積み上げ、順位を15位に上げることができ、4試合ぶりに降格圏から脱出しました!横浜F・M戦で奏功しなかった高い位置からのプレスが、新潟にはドンピシャに嵌って奏功し、試合立ち上がりに先制ゴールを決めることができた。なにより近年6連敗している難敵の新潟に勝てたことは、残留争いを闘っているオレンジ戦士に、大きな力を与えてくれたことでしょう。
 この新潟戦には、平日でしかも冷たい大雨が降りしきっているにもかかわらず、アイスタに8000人ものサポーターが駆けつけ、そしてエスパルスの勝利のためにサポートしていただけました。そして難敵・新潟をアイスタで撃破!この勝利はオレンジ戦士にとっても、チームにとっても、あらゆる面で大きな「1勝」になったはずです。
 
 次の試合はリーグ戦第30節vs広島戦。広島は攻撃力だけでなく守備にも高い評価を受けているチーム。残留争いを強いられているエスパルスにとって、広島を撃破することは、そう簡単なことではありません。しかし広島も主力選手に怪我や出場停止があり、万全の態勢とはいいがたい状況。そしてエスパルスは、ようやく勝利への意思統一が出来始めており、オレンジ戦士が気持ちを一つにして運動量を落とさずに90分間戦えれば、敵中に活路を見出すことは不可能ではありません!厳しい残留争いを闘い抜くためにも、ここで気持ちを滾らせなければならないのです!
 
 オレンジ戦士は連戦で疲弊した身体をしっかり休めて、フィジカルケアを入念に行ってほしいです。そして新潟戦でのあのチーム全体で最後まで諦めずに走り切った想いを再確認し、チーム全体で連携や連動をしっかりチェックしてミスを出来る限り少なくし、来たるべき広島戦で勝利するために万全の準備を行ってほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2014年10月25日 23:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1911

コメントしてください