メインエスパルス観戦記2014年先制されたら逆転すりゃいい!その気持ちが大切なんだ!!

2014年8月22日

先制されたら逆転すりゃいい!その気持ちが大切なんだ!!

第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
清水 2-1 札幌

 16日に行われたリーグ戦第20節vs仙台戦では、前半で2点のリードを奪われてしまうも前半終了間際に1点差に詰め寄り、後半開始早々に元紀のPKで追いつく事に成功!しかし自分たちの軽率な行為から追加点を献上してしまい敗戦。リーグ戦の順位を1つ落としてしまったエスパルスは20日、天皇杯3回戦vs札幌戦に臨みました。
 
 リーグ戦では苦戦を強いられているエスパルス。そしてこの試合はそんなリーグ戦の合間をぬって開催される天皇杯3回戦。夏の厳しい暑さの中での中3日での試合。選手の体力やコンディションに一抹の不安が残ります。しかも天皇杯は一発勝負のトーナメント戦!些細な試合のアヤで勝負の行方が大きく変わってしまうことだってあります。相手はJ2の札幌。しかし油断して試合に臨むようなことがあれば、取り返しのつかない手痛いしっぺ返しを喰らってしまう事になるでしょう。
 しかし!この試合は我等がホーム・アイスタでの試合!多くのサポーターがオレンジ戦士の背中を押してくれるはず!厳しい試合日程ではありますが、ここはオレンジ戦士の踏ん張りどころといえそうです!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 この試合はスカパー!では録画中継が放送されました。しかしオイラは仕事で試合を観ることができませんでした...(´;ω;`) だもんで、この試合については内容はサッパリわかりゃしません。しかし。オヒサルの文字実況やスポーツ関係のニュースサイト、それにエスパサポさんのブログ等を拝見するに、この試合は「最後まであきらめずに戦って掴んだ勝利!」だといえそうです。


 この試合で克己監督は若手を積極的に起用。ノヴァは温存してベンチスタート。一方で善朗を先発に起用して、俊幸・善朗の兄弟そろい踏みが実現しました!
 
 試合開始からエスパルスが試合の主導権を握り札幌のゴールに襲い掛かりましたが、27分にセットプレーでの守備のズレから札幌の都倉に決められてしまい失点。エスパルスは札幌に先制点を許してしまいます。
 しかしオレンジ戦士は下を向くことなく札幌陣内に切り込みゴールを脅かし続けますが、リードした札幌も自陣内では必死の守備でゴールを守り、エスパルスはなかなか札幌ゴールを割ることができません。
 このまま前半が終わると思われた41分、元紀のゴールが決まって同点!エスパルスが札幌に追いついて前半を終了します。
 
 後半も攻めるエスパルスに守る札幌という展開は変わらず。札幌は守備を固めて自陣ゴールを守り続けます。エスパルスは連戦の疲れからか選手の運動量が落ち始めてしまい、有効な攻撃を展開することができません。
 すると克己監督は温存するはずだったノヴァを72分に投入。するとこの交代策が奏功!試合終了間際の90分にノヴァがドリブルで札幌ゴール前に切り込んでシュート!これが決まってゴール!エスパルスが土壇場で札幌を下し、天皇杯ベスト16に進出しました!


 一発勝負の天皇杯、勝利を目指してなりふり構わず我武者羅に向かってくる格下チームとの対戦は、通常のリーグ戦よりも難易度が高いといえます。この試合でも、終始押し気味に試合を進めていたエスパルスが、ゴール前での一瞬の守備のズレから札幌の先制ゴールをお膳立てしてしまった。そこから引いて守りを固める札幌を突き崩すのに非常に苦戦を強いられてしまった。今までのエスパルスであれば、札幌に勝ちきれない事態も想像に難くありません。
 しかし!この試合ではオレンジ戦士は最後まで決して下を向くことは無かった。そこから元紀やノヴァのゴールが産まれた。この「最後の瞬間まで決して試合を諦めない」姿勢こそが、これからの戦いには決して欠くことができない、大切な要素なのだろうと思いました。


 エスパルスは札幌に勝利!天皇杯4回戦に駒を進めました。夏場の連戦、しかもJ2のチームとの対戦、そして克己監督となって初めての天皇杯での試合。そんな難しい試合を勝ちきれたことは、オレンジ戦士の自信につながると考えられます。なによりも延長戦に突入することなく90分で試合を終えられたことは、この夏場の連戦において非常に幸いだったと言えそうです。
 4回戦の相手はFC東京に決まりました。FC東京にはつい先日のリーグ戦第18節、克己監督の初陣で惨敗を喫しています。このまま引き下がるわけにはいきません!FC東京にリベンジする絶好のチャンスになります!
 
 次の試合はリーグ戦第21節vs鹿島戦。鹿島には今季リーグ戦とナビ杯予選リーグでいずれも敗戦しています。しかし2試合ともアウェイでの試合。次の鹿島戦は我等が聖地・日本平での試合。多くのエスパサポさんがオレンジ戦士達の背中を押してくれるに違いありません!同じチームにそう何回も敗戦していられません!リベンジを果たす時がやってきました!
 
 オレンジ戦士は、まずはこの連戦で溜まってしまった疲労を出来るだけ取り除き、フィジカルケアを入念に行ってほしいです。そして来たるべき鹿島へのリベンジを果たすべく、まだまだミスが目立つ選手間の連携や連動をもっと強くして欲しいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2014年8月22日 23:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1898

コメントしてください