メイン日本代表巨象の力に屈する惜敗...。

2014年6月15日

巨象の力に屈する惜敗...。

2014 FIFA WORLD CUP Brasil グループリーグC組第1戦
日本代表 1-2 コートジボワール代表

 W杯ブラジル大会3日目の15日、我等が日本代表はコートジボワール代表とのグループリーグ初戦に臨みました。

 試合立ち上がりは日本代表がパスワークと速さでコートジボワール代表守備陣の虚を突きます!試合立ち上がりの16分には長友の左サイドからのクロスを本田が受けると、持ち直して針の穴ほどのわずかに開いたコースを突くように左足を一閃!ミドルシュート!ボールはゴールネットを揺らしてゴール!日本代表が幸先よく先制ゴールを決めました!
 しかしコートジボワール代表も徐々に日本代表の動きを読み始めボール支配率を高めて、ヤヤ・トゥーレやシルビーニョを中心に攻撃を展開。日本代表ゴールに襲い掛かります。それに対して日本代表守備陣は集中を切らさずに体を張ってゴールを守り失点を回避。前半は1点リードで折り返します。

 後半になっても日本代表の劣勢は変わらず。足が止まり始めたコートジボワール代表より先に連係ミスやパスミスが目立ち始めてしまった日本代表は、ますます守勢に回らざるを得なくなってしまいます。
 62分にドログバがピッチに降り立つとコートジボワール代表の攻撃のギアがアップ!日本代表はその2分後と4分後に立て続けに、しかも同じ右サイドからのクロスで失点。ドログバが交代出場してからたった4分で、日本代表は逆転を許してしまいます。
 ザッケローニ監督は67分に大久保を投入し前線での早い動きからの攻撃展開を狙いましたが奏功せず、最後まで攻撃陣の連動が感じられず、アタッキングサードでの攻撃のアイデアを欠いた攻撃が目立ってしまい、そのまま試合終了。日本代表はコートジボワール代表に惜敗してしまいました。


 今や海外クラブでプレーする選手が多くなった日本代表。プレッシャーに負けない強いメンタルを持っていると思われましたが、そこはやはりW杯の大舞台!選手は緊張していなかったとは言い切れないかもしれません。そして試合を決定づけたドログバの交代出場。コートジボワール代表選手は息を吹き返し、日本代表選手はリスペクトしすぎてしまったかもしれません。
 なにより、年齢的に若いはずの日本代表選手がコートジボワール代表選手より先にばててしまったことが悔やまれるところ。コートジボワール代表は個の力で局面を打開する選手が多かっただけに、日本代表らしい組織的なプレーが最後までしっかり出来ていれば、結果は大きく違ったかもしれません。

 しかし!不幸中の幸いと言えるかどうか、得失点差は1に抑えることができました。次のギリシャ戦で勝ち点3を取る事が出来れば、まだ望みを繋げることは十分可能だと思います(事実、ギリシャ代表はコロンビア代表に3失点して敗戦してるし)。

 次の試合は中4日でギリシャ代表と対戦します。次の試合までに日本代表がしっかりと切り替えることができれば、次のギリシャ戦では日本代表らしいサッカーで勝利することは可能です!

 コートジボワール代表に敗戦してしまい、状況はかなり厳しくなった。しかし!可能性が0になったわけじゃない!この逆境を跳ね返してこそ日本サッカーの成長があるんだ!

 下を向いている時間はない!顔を上げろ!自らを奮い立たせろ!大和魂を燃やせ!次は必ず勝とうぜ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2014年6月15日 16:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1879

コメントしてください