メインエスパルス観戦記2014年残念、そこでヨンアピンだった...。

2014年5月 9日

残念、そこでヨンアピンだった...。

2014 J.LEAGUE Division1 12th sec.
新潟 2-1 清水

 3日に行われたリーグ戦第11節vs鳥栖戦では、堅守速攻を武器にしている鳥栖に対して有効な攻撃を打ち出すことが出来ず、結果的には9試合ぶり、今季2度目の無得点敗戦。そして今季2度目の2連敗。上位チームとの対戦がいかに難しいかを痛感させられたであろうエスパルスは6日、リーグ戦第12節vs新潟戦に臨みました。
 
 ゴールデンウィーク期間はリーグ戦は過密日程。この試合も中2日という非常に厳しい試合日程で行われました。そしてこの連休中の戦績は今季2度目の2連敗を喫しているエスパルス。オレンジ戦士のコンディションは想像以上に厳しいものかもしれません。そしてこの試合はアウェイ@デンカスでの試合。デンカスでエスパルスはリーグ戦では2勝2分6敗。ナビ杯も含めると2勝3分7敗と、俗にいう「鬼門」と言われるスタジアムです。しかし!この難局を乗る事が出来れば、リーグ戦で上位に食い込む大きな足掛かりになるはずです!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんがアウェイ@デンカスへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 上位チームとの対戦ではなかなか勝つことが出来ていないエスパルス。そしてこの試合はエスパルスにとって「鬼門」ともいえるデンカスでの試合。エスパルスにとって有利な条件は何一つありません。だからこそ!何も恐れずに我武者羅に遮二無二に戦って勝ち点3を掴み取ってほしい!エスパルスの我武者羅さが発揮される試合がキックオフ!

 
 この試合でもゴトビ監督はスタメンをいじってきました。怪我で負傷して戦列を離れている駿の代役としてDFの亜人夢を最前線に立たせ、ノヴァとツインタワーを形成。サイドからノヴァ&亜人夢めがけてクロスを供給してゴールチャンスを増やし、守備では亜人夢の最前線でのチェイシングで、新潟の攻撃のきっかけを潰す作戦に出ました。
 
 すると、試合立ち上がりから試合の主導権を握ったのはエスパルス。亜人夢が最前線でボールを追いまわし高い位置でボールを奪い取ると、攻守の切り替えを早くして新潟ゴールに迫ります。この試合で最前線に入った亜人夢も積極的にボールを追いまわして攻撃に絡みます。しかしエスパルスが新潟陣内に切り込んでも、しっかりと自陣で守りを固める新潟のゴールをこじ開けるまでには至りません。結局そのまま前半が終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半になるとエスパルス守備陣は新潟の猛攻撃にさらされてしまい、自陣に押し込まれてしまう時間が続きます。それでもキャラを中心としたエスパルス守備陣は集中を切らさずに自陣ゴールを守り続け、なんとか失点の危機を回避し続けます。
 しかし55分、カウンターから新潟の田中亜土夢に決められてしまい失点...。エスパルスは1点を追う展開を余儀なくされてしまいます。
 局面を打開したいゴトビ監督は、59分に豊に代えて浩太を、67分には亜人夢に代えて村田を投入。ゲームメーカーの浩太と速さで敵を突き崩す村田を投入し、同点ゴールを狙います。しかしそれでも、1点リードしたことにより無理な攻撃を避けて自陣で守備を固める新潟の、頑強な守備の前にエスパルスは手をこまねかざるをえない展開が続いてしまい、時間だけが刻々と過ぎて行ってしまいます。
 試合終盤の84分、ゴトビ監督は涼に代えて廣井を投入。長身の廣井を前線に押し出し、新潟に対してパワープレーを仕掛けます。
 すると試合終了間際の後半アディショナルタイム2分、キャラが上げた左からのクロスは新潟GKに弾かれてしまいますが、これをエスパルスが繋ぎ直し、再度キャラがゴール前に折り返しのクロス!これを平岡が押し込みシュート!ボールは新潟ゴールに突き刺さりゴール!エスパルスが新潟に追いつきます!
 土壇場で同点ゴールを決めたオレンジ戦士達は、逆転を目指してさらに攻勢を強めて新潟ゴールに襲い掛かります。しかしこれが裏目に...。前がかりになったエスパルス守備陣の裏を突かれ、新潟の川又にカウンターを仕掛けられてしまいます。これにキャラがいち早く反応。最後の力を振り絞って走ります。川又からの最終ラインの裏を突くロングパスをキャラが頭でクリア。しかしこれがフワッとした放物線を描き、GK櫛引の頭上を越えて、信じられないことに自陣ゴールに吸い込まれてしまい失点...。そしてそのまま試合終了。エスパルスが新潟に敗戦してしまいました。


 ゴール前で頭を抱えて倒れ込むキャラ。テレビで中継を観ていて、こんなに胸が痛くなったことは初めてでした。
 しかし、キャラを責めることはオイラには出来ません。この試合でも全力を出して戦ってくれました。エスパルスの失点の危機を何度も救ってくれました。そして最後の場面だって、誰よりも早く反応して、最後まで身体を張ってボールをクリアしようとしてくれたんです。結果は残念でしたけど、それはキャラ意図して招いた結果ではありません!
 この難局をいかに乗り切るか。素人のオイラが考えるような事はとっくにゴトビ監督が考えて実践していることでしょう。オイラは監督でもクラブスタッフでもありません。ただチームを信じて応援するのみだと思います。


 エスパルスは新潟に敗戦。勝ち点を積み上げることは出来ませんでした。そしてこの敗戦の結果、デンカスでの戦績はナビ杯も含めて2勝3分8敗。あまり言いたくはありませんが、やはりエスパルスにとってデンカスは...。
 しかし!そんな事ばかり気にしていたんではプロサッカーチームはやってられません!来年勝ちゃいいんです!終わったことは仕方ない。しっかり気持ちを切り替えて、次節の対戦に臨んでほしいです。
 
 次の試合はリーグ第13節vs広島戦。広島は日本代表クラスの選手を擁する強敵。そして力強い攻撃を支える守備に定評があるチームです。エスパルスにとって広島を攻略することはそう簡単なことではないでしょう。しかしその広島はACLにも出場しており、選手のコンディションは完全とは言えない状況。攻略する糸口は全く無いとは言い切れないかもしれません。
 次の試合も中3日で行われます。リーグ戦では4連勝の後の3連敗。上位チームにことごとく敗戦してしまっているエスパルス。オレンジ戦士の疲労は心身ともに相当な量だと思います。オレンジ戦士はまずはフィジカルとメンタルのケアをしっかり行って、コンディション作りに注力してほしいです。そしてチャンスで決めきれるよう、攻撃陣の連携を更に強化して、アウェイで広島を撃破してほしいです。


 キャラならこの敗戦をきっと自分の糧にして、必ず自分の力にしてくれるはず!それが「鋼の身体 折れない心 オレンジグラディエーター カルフィン ヨンアピン!」なのだから!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2014年5月 9日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1873

コメントしてください