メインエスパルス観戦記2014年共に戦う戦士のための勝利!

2014年4月27日

共に戦う戦士のための勝利!

2014 J.LEAGUE Division1 9th sec.
清水 1-0 仙台

 19日に行われたリーグ戦第8節vs徳島戦では、四国初のJ1チームとして猛然とゴールを狙う徳島に対して守備陣が冷静かつ的確に対応。失点を0に抑えつつ、攻撃ではこの試合でも元紀が1ゴール2アシストの活躍!俊幸も開幕戦以来のゴールを決めて徳島を撃破!初の四国でのリーグ戦で勝利を決めたエスパルスは26日、リーグ戦第9節vs仙台戦に臨みました。
 
 徳島戦ではこのところ急速にコンディションを上げて絶好調だった駿が負傷。右膝前十字靭帯断裂との診断を受けて、長期離脱を余儀なくされてしまいました。エスパルスにとって重要な攻撃の要を欠くことになってしまったエスパルス。しかし!「駿がいないから負けた」などと思われてしまっては、オレンジ戦士の名が廃ります!逆にこの試合で勝利して、駿が安心してじっくり治療に専念できるようにしなければなりません!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも沢山のエスパサポさんが我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 選手入場時にはエスパルスの全選手が「背番号9」のシャツを着てピッチに入ってきました。ピッチで戦う選手も、怪我と戦う選手も、どちらも誇り高き清水エスパルスの戦士!駿を安心させ、そして駿を勇気付けるためにも、この試合は絶対に是が非でも何が何でも清濁併せ呑んでも勝利しなければなりません!仙台をアイスタで撃破して、駿の戦いをサポートすることができるか!オレンジ戦士の心意気を見せ付けたい一戦が火蓋を切りました!

 
 これまでの試合のような、前線から厳しいプレスをかけてボールを奪い、試合の主導権を握り相手ゴールを脅かし先制ゴールを決める、エスパルスらしいサッカーは影を潜め、逆に高い位置からのプレスが思うようにかからず、仙台攻撃陣の猛攻撃に押し込まれてしまう苦しい展開に。しかし、平岡を中心としたエスパルス守備陣が高い集中力と運動量で仙台の攻撃をはじき返し、エスパルスゴールを守ります。
 エスパルスのこの試合でのファーストシュートは前半終了間際の45分にノヴァが放ったヘディングシュート1本のみ。苦しい試合を強いられつつ前半が終了。スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半に入っても状況は好転せず、仙台陣内ではチャンスを思うように作ることができず、逆に仙台の猛攻を防ぐのに守備に忙殺されてしまう時間が続きます。それでも平岡をはじめとしたエスパルス守備陣は集中を切らさず、身体をはった守備で仙台の攻撃を寄せつけず、エスパルスゴールを守り続けます。
 膠着状態が続いた63分、ついに試合が動き始めます。中盤でルーズボールを拾った元紀が左サイドに上がったキャラへ。キャラが左サイド深く切り込んでゴール前へクロス!これをファーサイドの俊幸が右足でダイレクトで折り返し、ゴール前でフリーだった河井チャソが右足で渾身のボレーシュート!ボールはGKの股間を抜けてゴールに突き刺さりゴール!エスパルスがついに先制ゴールを決めました!
 先制ゴールで勢いづくと思われたエスパルスでしたが、その後の仙台の猛攻撃を喰らってしまい防戦に回る時間が長くなってしまったエスパルス。それでも4エスパルス守備陣が本当に辛抱強くゴール前からバイタルエリアでの守備を固めて、仙台に反撃の機会を与えません。
 試合終盤の80分にゴトビ監督は河井チャソに代えて浩太を、俊幸に代えて村田を投入。89分には涼に代えて大輔を投入し、村田の速さで仙台をけん制しつつ、さらに守備的な布陣で仙台攻撃陣を黙らせながら試合を運び、そのまま試合終了!エスパルスが仙台を撃破し、リーグ戦4連勝、そして公式戦5連勝を決めました!


 この試合でも、誰が何と言ってもエスパルス守備陣でしょう!
 駿が怪我で欠場したために前線からのプレスが思うようにかからなくなってしまい、仙台に攻撃の基点を作られて自陣に攻め込まれる厳しい試合展開。しかし、エスパルス守備陣は高い集中力と途切れること無い運動量で仙台の攻撃をはじき返し続け、自陣ゴールを守り切りました。
 エスパルス守備陣は守備だけでなく攻撃でもその力を発揮!キャラの左サイドからのクロスから、決勝点となった河井チャソのゴールが生まれました。
 この試合での勝利で公式戦5試合連続無失点!1993年にエスパルスが記録したJ1連続無失点記録となる6試合まで、あと2試合となりました!
 エスパルス守備陣(*^ー゜)b グッジョブ!!全ての敵を黙らせろ!
 
 それと河井チャソ!このところSBでの起用が多かった河井チャソ、しかしこの試合では当初は右サイド中盤で、その後はトップ下でプレー。「ノヴァを孤立させないように心掛けた」と河井チャソはコメント。久々の本職のトップ下でのプレーに闘志を燃やしていました。
 そして生まれたゴールは昨年5月25日の仙台戦以来のゴール。「前のポジションで使ってもらっている間に結果が欲しかった」とコメントした河井チャソ。駿が戦線を離脱して下がってしまった攻撃力を、河井チャソの攻守のセンスが埋めてくれるでしょう!
 河井チャソ(*^ー゜)b グッジョブ!!これからは前目でプレーする時間が増えるかもね。


 エスパルスは仙台に勝利!我等が聖地・日本平で勝ち点3を積み上げました。その結果、公式戦で5連勝、そしてリーグ戦では4連勝!しかもその連勝は全て無失点!リーグ戦では実に07年以来7年ぶりの4連勝を記録しました。攻守のコンビネーションががっちりと噛み合って、チームコンディションがますます向上している証左だといえそうです。
 しかし、この試合で放たれたシュート数はわずか3本。前半はたったの1本。「少ないチャンスを確実にゴールに結びつける」と言えば聞こえがいいですが、それにしたって少なすぎます。
 苦戦の原因が、怪我で戦線離脱を余儀なくされてしまった駿の不在だったことは明らか。前線からプレスが思うようにかからず、クロスを上げてもはね返される。この状況では上位チームから勝ち点を奪うことは至難の技。可及的速やかな攻撃パターンの再構築が必要でしょう。
 
 次の試合はリーグ第10節vs鹿島戦。ここまで勝利してきたチームは全てエスパルスより下位のチーム。上位チームとは次の鹿島戦から対戦が続きます。下位チームとの対戦で勝ち点を取りこぼさないことは最低限の結果であり、これから続くであろう上位チームから勝ち点を奪取することができなければ、今季リーグ戦で上位進出することは難しいでしょう。しかもこの試合は中2日で行われる連戦。選手のコンディション管理も重要になってきます。
 オレンジ戦士はまずは仙台戦で蓄積された疲労をしっかり取り除いて、フィジカルケアに勤めてほしいです。そして鹿島戦に向けて攻撃パターンの再構築と選手間の連携を再確認して、過酷な連戦を勝ち抜きリーグ戦で上位進出を果たしてほしいです。


 試合後、エスパサポさんからは駿を激励するコール。そして選手は揃いの「背番号9」のシャツを着て勝ちロコを踊ってくれました。テレビで観ていて胸が熱くなりました。

 駿は常に俺達と共に戦っている!いつであろうとどこにいようと一緒だ!だから勝ちロコだって駿と一緒だぜ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2014年4月27日 14:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1869

コメントしてください