メインエスパルス観戦記2014年4ゴールで決めた3連勝!

2014年4月24日

4ゴールで決めた3連勝!

2014 J.LEAGUE Division1 8th sec.
徳島 0-4 清水

 12日に行われたリーグ戦第7節vs大宮戦では、エスパルスの「背番号10」元紀が1ゴール1アシストと全てのゴールに絡む大活躍を披露して大宮を圧倒!そして守備では右サイドに入ったヤコが安定した守備を見せるなど、チーム全体で高い集中を保ち続けて大宮にゴールを許さずに完封勝利を決めたエスパルス。19日にはリーグ戦第8節vs徳島戦に臨みました。
 
 甲府戦に続き大宮戦でも失点を許さず、リーグ戦で2試合連続の完封勝利を決めたエスパルス。チームの勢いは大きくなっていることでしょう。しかし!この試合は四国で初めてのJ1チームとなった徳島のホーム・ポカスタでの試合。四国初のJ1チームである徳島のアウェイでの試合は、エスパルスにとっても初めての四国でのリーグ戦となります。不慣れな敵地で自分たちの力をしっかりと発揮して勝利を掴みたいところ。そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも沢山のエスパサポさんが遠路遥々アウェイ@ポカスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした!
 
 徳島は今季J2から昇格し、四国初のJ1チームとなりました。しかし徳島は目下今季初のJ1リーグでの戦いでまだ勝利が無く、非常に苦しい状況を強いられてします。だからこそ、形振り構わず勝利を目指してまっしぐらにエスパルスに突進してくるはず!一瞬の気の緩みが、致命的な結果を呼び寄せてしまいかねません。オリジナル10でもあるエスパルスが、J1での試合の厳しさを徳島にしっかり叩き込むべく、いつも以上のパフォーマンスをアウェイ@ポカスタで発揮し、徳島を撃破することができるか!エスパルスのオリジナル10のプライドをかけた一戦がキックオフ!

 
 試合はいきなり動き始めます。試合立ち上がりの11分、GK櫛引のFKから駿が頭で落とし、それを前線の元紀がワンタッチでゴール前へクロス!これをゴール前で受けたノヴァがワントラップから強烈なシュート!ボールはゴール右隅に突き刺さりゴール!エスパルスがいきなり先制ゴールを決めました!
 エスパルスの猛攻撃はとどまるところを知りません!先制ゴールの8分後の19分、中盤中央でボールを拾った元紀が右方向にロングパス!これを河井チャソが受けてペナルティエリア右から切り込んでシュート!これは相手DFに阻まれるも、こぼれ球をゴール前で拾ったノヴァが押し込みシューート!!ボールはゴールに転がり込んでゴーール!!ノヴァのエスパルス加入後初の複数ゴールが決まり、エスパルスが徳島を引き離します!!
 その後オレンジ戦士はリードが広がったことで気が緩んでしまったのか、エスパルスはボールポゼッションは高いものの、動きに精彩さが欠けてきてしまい、我武者羅に勝利を目指して挑んでくる徳島に対して有効な攻撃を展開できなくなり始め、徳島に攻め込まれてしまう時間が長くなり始めます。そしてエスパルスは、この試合最大のピンチを迎えることになります。
 31分、徳島のFKがペナルティエリア内のキャラに当たり、これがハンドの判定を受けてPKを献上してしまいます。エスパルスの大ピンチ!
 しかし!徳島の高崎のPKをGK櫛引が完全に読み切ってシュートをはじき出してスーパーセーブ!エスパルスは徳島に傾きかけていた試合の流れを、櫛引の神憑り的なスーパーセービングで再び引き寄せて前半が終了。エスパルスが2点のリードを保って試合を折り返します。
 
 後半開始からゴトビ監督は、右膝を負傷してしまった駿に代えて俊幸を投入しました。俊幸の速さと突破力に期待がかかります。
 しかし後半は勝利を渇望する徳島に試合のペースを握られてしまう展開に。エスパルスは運動量を上げて前に押し出してくる徳島の攻撃の対応に迫られます。これに対してエスパルス守備陣は集中を切らすことなく、高い位置から徳島に攻撃の基点を作らせず、徳島攻撃陣をエスパルスゴールに寄せ付けません。
 こう着状態が続いた76分、右サイドでパスカットからボールを持った元紀が徳島DFの裏に抜ける俊幸めがけて絶妙なスルーパス!これを俊幸が受けると冷静に右足を振りぬきシューーート!!!ボールはゴールに沈んでゴーーール!!!エスパルスが3点目を決めて更に徳島を引き離します!!!
 その直後の80分、ゴトビ監督は河井チャソに代えて村田を投入。サイド攻撃に速さを加え、試合を決定付ける追加点を狙います。さらに試合終了間際のロスタイムにはノヴァに代えて怪我から復帰した廣井をピッチに送り出しました。守備的な選手を投入し、しっかり試合を終わらせます。
 このまま試合が終わるかと思われたロスタイム、俊幸が左サイド中盤からドリブルで前線に上がりゴール前の元紀へパスを出すと、これを受けた元紀がゴール前で持ち替えてDFかわし、右足アウトサイドでシューーーート!!!!ボールはゴールに吸い込まれてゴーーーール!!!!エスパルスが試合を決定付ける4点目を決めました!!!!そして試合終了!!!!エスパルスが無失点&今季最多得点で徳島を下しました!!!!


 この試合でも、誰が何と言っても元紀でしょう!
 この試合でも元紀は攻撃に獅子奮迅の大活躍!1ゴール2アシストでエスパルスの勝利に大きく貢献してくれました。
 76分には俊幸の開幕戦以来7試合ぶりのゴールをアシスト。元紀は右サイドから俊幸がDFの裏へ抜け出す動きを冷静に見抜き絶妙なスルーパスを供給。俊幸のゴールを演出しました。
 「簡単なゴールだった。あのパスを出してくれた元紀くん(大前)に感謝したい」とコメントする俊幸に、元紀は「久しぶりの出場だったトシ(高木俊)が個性を出してくれた」とコメント。元紀の活躍でエスパルスに頼れる相棒が帰ってきました!
 元紀(*^ー゜)b グッジョブ!!全ての敵を黙らせろ!


 エスパルスは徳島に勝利!勝ち点3を積み上げました。その結果リーグ戦の順位は6位まで浮上しました!公式戦で4連勝、そしてリーグ戦では3連勝!しかもその連勝は全て無失点!リーグ戦では実に2年ぶりの3試合連続無失点を記録しました。攻守のコンビネーションがカッチリ噛み合って、チームコンディションが向上している証左だといえそうです。
 一方、この試合で負傷した駿ですが、診断の結果は右膝前十字靭帯断裂という重症...。全治までは8ヶ月を要する見込みとのこと。このところコンディションが上がってきてチームの勝利の原動力になってくれていただけに、今回の怪我による離脱は非常に残念です。しかし、大きな怪我から復帰して、その後大活躍した選手は沢山います。駿はあせらずじっくり怪我の治療に専念してほしいです。そして人間的に大きくなって、必ず日本平のピッチに戻ってきてほしいです!


 次の試合はリーグ第9節vs仙台戦。仙台は今季監督が交代し、その監督も最近になって退任。リーグ戦でも降格圏にあり苦戦しています。しかし所属している選手は攻撃力に定評があり、攻守の歯車さえかみ合えば、エスパルスにとって大きな脅威になることは明白。仙台がペースを握る前にエスパルスが攻撃を仕掛け試合意の主導権を握ることができるかが、試合の鍵になりそうです。
 オレンジ戦士は徳島戦で見せてくれた、チーム全体での勝利を掴む気持ちを強くして、攻守の連携を更に強化してほしいです。そして駿が怪我で離脱したピンチをチーム全体でフォローして仙台を撃破し、治療に専念できるように駿を安心させてあげてほしいです。


 ここからがエスパルスの正念場!オレンジ戦士の奮起に期待!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2014年4月24日 22:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1868

コメントしてください