メインエスパルス観戦記2014年実に7年ぶりの勝利!

2014年3月 6日

実に7年ぶりの勝利!

2014 J.LEAGUE Division1 1st sec.
名古屋 2-3 清水

 2月26日のプレシーズンマッチvs川崎戦では、コンディションが万全でなかったということもありましたが、苦手な川崎相手にエスパルス攻撃陣が5得点を挙げる快勝を決めたエスパルス。そして迎える2014年3月2日!いよいよ2014シーズンのJリーグが開幕します!エスパルスは4年連続となる、アウェイで名古屋とのリーグ開幕戦に臨みした。
 
 一昨年の2012年の開幕戦も同じアウェイ@豊田スで名古屋に1-0と敗戦を喫してしまったエスパルス。しかし!今季こそは!2度も同じ轍を踏む訳にはいきません!真冬並みの寒さの中のアウェイ@豊田スに、多くのエスパサポさんが駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 一昨年の無念を晴らすべく、リーグ開幕戦@アウェイで名古屋を粉砕し開幕戦を勝利で飾り、2014年のゴトビエスパルスの大航海への抜錨に華を添えることが出来るか!エスパルスの2014シーズンが幕を切って落としました!

 
 今季は最終ライン・中盤・最前線とバランスよく補強が出来たエスパルス。特に最前線にはノヴァコが加わり、また駿がエスパルスに復帰したことによりエスパルスのサイド攻撃に高さのある攻撃展開が加わることで更に攻撃に厚みが増しました。
 
 試合はいきなり動き始めます!試合開始直後の5分、カウンター攻撃から元紀のクロスを駿がくさびとなって落としたボールを俊幸が拾って、右足で低い弾道の強烈なシュート!ボールは名古屋ゴールに突き刺さりゴール!エスパルスが試合開始直後にいきなり先制点を決めます!
 しかしその後は名古屋に押し込まれてしまう展開に。エスパルスは今季目指している、サイドをえぐって駿とノヴァのツインタワーにクロスをあわせる攻撃がなかなかかみ合わず、名古屋にボールを奪われてそこから一気にピンチを招いてしまう展開が続いてしまいます。20分にはケネディに決められてしまい同点に、36分には左クロスからケネディに空中戦で競り負け、闘莉王に頭で決められてしまい、名古屋に逆転を許してしまいます。エスパルスは先制の場面以外ではいい形を作ることが出来ないまま前半が終了。1点ビハインドで試合を折り返します。
 
 後半も試合の主導権は名古屋が握ります。エスパルスのサイド攻撃は名古屋守備陣の高い位置からのプレスの前にいい形を作ることが出来ず、再三にわたり名古屋に自陣ゴール前にボールを運ばれてしまいます。
 何度と無く自陣でピンチを招いてしまっていたゴトビ監督は55分、涼に代えて本拓を投入。中盤での守備力を強化し、チーム全体を落ち着かせる事を狙います。すると次第に守備が落ち着き始め、エスパルスがボールを持つ時間が長くなり始めます。
 更に攻撃力を高めたいゴトビ監督は69分、俊幸に代えて村田を投入。サイドでの突破力を強化し、ツインタワーを活かした攻撃展開を目指します。するとこの交代采配がすぐに結果に結びつきます!73分、元紀のCKを平岡が頭で合わせて強烈なヘディングシューート!!ボールがゴールに突き刺さりゴーール!!エスパルスが名古屋に追いつきます!
 その7分後の80分には、豊と本拓で右サイドを崩し、本拓が低く速いクロスをゴール前にあげると、ノヴァが右足でボレーーーシューーート!!!ボールはゴールネットを突き刺してゴーーール!!!エスパルスが名古屋に逆転します!
 その後エスパルスはチーム全体で最後まで集中を切らさずに守備を行い、試合終了間際の89分には浩太に代えてヤコを投入。5バックで自陣ゴール前を固めて逃げ切り試合終了!!!エスパルスが実に7年ぶりにリーグ開幕戦を勝利で飾りました!!!


 この試合、誰がなんと言っても俊幸でしょう!
 昨季は初得点が開幕13節目と大苦戦を強いられてしまっていた俊幸。ストライカーとしてのプレッシャーとプレーがかみ合わず、思い悩む日々が多かったはずです。しかし!今季は開幕戦開始5分で今季初ゴールをゲット!開幕戦開始5分のゴールはノボリの1997年の記録を凌ぐ記録になります!
 今年1月13日には織江婦人と結婚。今季は弟の善朗もエスパルスに加入し、今まで以上にリーダーシップに燃えている俊幸の今季が大いに楽しみになりました。
 俊幸(*^ー゜)b グッジョブ!!頑張れ父ちゃん!頑張れ兄ちゃん!!

 それと本拓!ノヴァの同点ゴールをアシストしたのが本拓です。この試合ではツインタワーを名古屋に警戒されてしまい、エスパルスはその攻撃の起点となるサイドを封じられてしまい、思うような攻撃が出来ませんでした。
 そこで後半は村田と共にサイドで高い位置を維持して攻撃の起点を作り、同時に名古屋守備陣を自陣に張り付かせることに集中。そんな時に決まった同点ゴール!ノヴァのシュートもさることながら、本拓の押さえが利いて強いクロスは、まるでノヴァの足元に吸い付くかのような弾道でした。本拓の自陣での守備とゴールに結びつく嗅覚は、今のエスパルスには無くてはならない大きな存在になりました。
 本拓(*^ー゜)b グッジョブ!!自陣でも敵陣でもゴール前での働きは天下一品だね!


 エスパルスは名古屋に勝利!リーグ開幕戦での勝利は2007年3月3日の神戸戦@日本平以来7年ぶり。アウェイでの開幕戦勝利は2006年3月5日の甲府戦@小瀬以来8年ぶりの勝利です!(ってか、いかにエスパルスが開幕戦に勝てないか...)
 そして新戦力が結果を出しての勝利は、単なる1勝ではなく今後のリーグ戦を戦い抜くためにも、大きな意味を持っているといえるでしょう。
 その一方で、勝利に隠れてしまいそうになっているのが2失点。先制点を決めた後、村田が交代出場するまでは全くといっていいほどエスパルスのいい形が出せていなかった。この点についてはまだまだ修正するべき部分が多いといえそうです。要となるサイド攻撃の威力を強化するためにも、攻撃陣の連携をもっと向上させて欲しいです。

 次の試合はリーグ戦第2節vs横浜F・M戦。マリノスには昨季のホーム開幕戦で0-5という屈辱的な大敗を喫してしまった相手。そして月日はめぐり、1年後に再び合間見えることになった両チーム。決戦の舞台は1年前と同じ我等が聖地・日本平。同じ相手に同じホーム開幕戦で2度も大敗を喫する訳にはいきません!ホームで受けた屈辱はホームで晴らす!絶好の好機がやってきました!
 オレンジ戦士は開幕戦勝利の勢いそのままに、チーム全体で勝利への意識を最大限に高めていって欲しいです。そのうえで開幕戦で垣間見えた攻撃の脆弱性や迫力不足を補うためにも、チーム全体で攻守の切り替えや連携を強化し、強力な武器となりえるツインタワーを最大限に活かしきってほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2014年3月 6日 23:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1858

コメントしてください