メインエスパルス観戦記2014年なにはさておき勝ったことは良い事だ

2014年2月18日

なにはさておき勝ったことは良い事だ

2014 Jリーグプレシーズンマッチ
清水 5-1 川崎

 11日まで春季キャンプ@鹿児島を行い清水に帰ってきたエスパルス。最終ラインから最前線までそれぞれのポジションに新たな戦力が加わり、選手間の連動や連携、そしてプレーにおける動きの確認などを、キャンプや練習で丹念に行ってきました。そして16日、今季初めて観客を入れて行うプレシーズンマッチvs川崎戦に臨みました。
 
 今季はそれぞれのポジションに加入した新戦力による守備力・攻撃力の向上を図ってきたエスパルス。特に最前線には新戦力のノヴァとエスパルスに復帰した駿の2人の連携が気になるところ。キャンプ中の練習試合がゴニョゴニョな内容だっただけに、このプレシーズンマッチはその成熟度に注目が集まります。また中盤には善朗が新加入。司令塔としての存在感がどれほど高められたか。果たして浩太の後継者となり得るのか。そこも気になるところです。そしてなにより、川崎は目下エスパルスが苦手としている相手。このプレシーズンマッチで勝利して、続くリーグ開幕戦に勢いを繋げることができるのか。今季のエスパルスの趨勢を占う試金石の試合になりそうです。

 で、この試合はスカパーで中継してくれたんですが、オイラが昨季終了と同時にスカパーを解約したままになっていたもんで、試合を観ることはできませんでしたごめんなさいm(_ _;)m だもんで試合内容に関してはまったく分かりません。しかし試合内容のレポートや試合を観た方の感想等を見るに、この試合は「とにかく勝って良かった試合」といえそうです。

 
 GKに櫛引、最終ラインにはCBに平岡とキャラ、SBには豊と河井、ボランチには調整中の浩太の代わりに涼と大輔、中盤には元紀と俊幸、そして最前線は駿のワントップにノヴァのトップ下。新加入選手は最前線のみというスタメンで川崎戦に臨みました。
 川崎は前日の大雪の影響で、日本平まで約22時間かけて移動してきたこともあり、調整はほとんどできておらず、また主力選手を温存していたこともあり、試合は立ち上がりからエスパルスが主導権を握ります。元紀や俊幸が積極的にサイドをえぐり、ゴール前のニアサイドに駿が、ファーサイドにノヴァが走り込んでサイドからのクロスに対応。効果的なサイド攻撃がビッシビシ決まります。
 27分にはFKを川崎GKの弾いたこぼれ球を平岡が押し込んで先制ゴール!しかしその5分後の33分には、逆に川崎にセットプレーから失点してしまいます。
 それでも試合の主導権を握り続けたエスパルスは前半終了間際、俊幸のクロスをファーサイドのノヴァがヘディングで決めて逆転ゴーール!!エスパルスが1点リードして試合を折り返します。
 
 後半になっても試合の主導権を握ったのはエスパルス。後半立ち上がりの51分には、俊幸からの左クロスを駿がヘッドで押し込み追加ゴーーール!!!さらにエスパルスが川崎を引き離します!
 62分にはゴトビ監督は駿に代えて善朗を投入。78分に俊幸が交代するまで、日本平で高木兄弟初そろい踏みが実現しました。その6分後の68分、中盤右にいた豊からのクロスをノヴァが左足で押し込みゴーーーール!!!!ノヴァがこの日2ゴール目を決めます!
 しかしここでエスパルスに思わぬアクシデントが...。自陣ペナルティエリア手前で大輔のバックパスを川崎に狙われてしまい、大輔は思わずファウルでこれを止めますが、これが一発レッドの判定で退場処分に...。大輔はこれで開幕戦は出場停止になってしまいます。
 一人少ない状況を強いられてしまったエスパルスですが、攻守のバランスを保ちつつ、攻撃の機会を探り続けます。そして試合終了間際の88分、石毛の右CKをキャラが頭で合わせてダメ押しゴーーーーール!!!!!エスパルスが大量5ゴールで川崎に快勝しました!!!!!


 川崎は長時間の移動&調整不足&主力温存と、本調子ではなかったことは明白です。そんな川崎とのPSMですから、試合内容に関しては鵜呑みに出来ない部分が多々あるかもしれません。
 しかし、それでも大量5ゴールが生まれた事、そしてそのうち3ゴールはノヴァと駿が決めた事。攻撃陣がしっかり結果を残せた事は、今後のエスパルスにとって大きな成果になるのではないでしょうか。
 攻撃の選手にとって「ゴール」は何よりも効果が高い「滋養強壮剤」です。そしてこの試合で始めてそろい踏みした「ツインタワー」により、エスパルスのサイド攻撃は数段威力を増したことは確かだといえそうです。またセットプレーからの得点チャンスも格段に増えた様子。今季のエスパルス攻撃陣に期待したいです。


 次はいよいよ2014Jリーグ開幕戦vs名古屋戦。試合はアウェイ@豊田ス。名古屋は昨季も苦戦した相手。豊田スでの開幕戦に向けて、名古屋も万全の態勢で準備をしてきているはずです。
 リーグ戦開幕まであと2週間を切りました。このPSMでの大勝に惑わされることなく、気持ちを一層引き締めて攻守における連携や連動、そして攻撃パターンの確認と攻守の切り替え時のスピードを益々高めてほしいです。そして、今季のリーグ開幕戦を勝利で飾って欲しいです。

 まぁあれだ、大輔はしっかり反省してくりょう。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2014年2月18日 23:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1856

コメントしてください