メインエスパルス観戦記2013年天皇杯の雪辱をリーグ戦で果たす!

2013年12月 4日

天皇杯の雪辱をリーグ戦で果たす!

2013 J.LEAGUE Division1 33th sec.
仙台 1-2 清水

 11月23日に行われたリーグ戦第32節vs大宮戦では、キャラのJリーグ初ゴールとなる決勝点をエスパルス守備陣が身体を張って守り抜く、いわば普段は目立たなくとも重要な役目を担っている「縁の下の力持ち」の活躍で大宮を撃破!優勝も降格もなくなってしまい、モチベーションの意地が難しい状態で勝利を手繰り寄せたエスパルス。11月30日にはリーグ戦第33節vs仙台戦に臨みました。
 
 リーグ戦も残すところあと2試合。優勝も降格もACL出場権もなくなってしまったエスパルスにとって残りの2試合はいわば「消化試合」になります。しかし!この試合の相手は仙台!エスパルスは仙台に先日の天皇杯4回戦で敗れてしまい、元日の国立への道を絶たれてしまいました。天皇杯の屈辱はリーグ戦で必ずや晴らしたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんが、酷寒のアウェイ@ユアスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合は諸般の事情で試合を一切観ておりません。最近エスパルスの試合を観ていないなぁ...(´・ω・`)
 しかしオヒサルの文字実況やスポーツ関係のサイトのレポート、それと現地観戦された方のブログなどを読むに、この試合はいい時間帯のエスパルスで逃げ切れた試合だったといえそうです。

 
 この試合も立ち上がりでいきなりスコアが動き出します。試合開始直後の15分、元紀がボールを奪うとすかさずカウンターを仕掛け、右サイドに流れたラドンからのパスを受けたしょうが仙台DFをかわしてシュートコースを開けると右足を振り抜いてシュート!ボールは仙台ゴール右に突き刺さりゴール!エスパルスが仙台から先制ゴールを奪いました!
 その後もオレンジ戦士は仙台に対して猛攻撃を仕掛け続け、仙台は守勢に回らざるを得ない状況が続きます。34分には俊幸の絶妙なスルーパスに、仙台DFの裏へ抜け出たラドンが反応してこれを受けて、ボールを持ち直して冷静にコースを突いて力強くシューート!ボールは仙台ゴールに吸い込まれてゴーール!エスパルスが更に仙台を突き放してリードを広げ前半が終了します。
 
 しかし後半開始直後の54分、石毛が自陣ペナルティエリア内で仙台の選手を倒してしまいPKを献上。これを決められてしまい、エスパルスは仙台に1点差に詰め寄られてしまいます。
 その後オレンジ戦士のパフォーマンスが徐々に落ち始めてしまい、その隙を仙台が見逃すはずも無く、後半は試合の主導権を仙台に掌握されてしまいます。エスパルスは仙台の猛攻撃から自陣ゴールを守らざるを得ない状況に追いやられてしまいますが、エスパルス守備陣が集中を切らさず、身体を張った守備でエスパルスゴールを守り続けます。
 試合終了間際の84分には相手選手との交錯で豊が左肩を痛めて交代を余儀なくされてしまいますが、最後までオレンジ戦士が気炎心的な守備を展開し自陣ゴールを守り続け、1点リードを守りきって試合終了!エスパルスが仙台に勝利!天皇杯の雪辱を果たしました!


 この試合、誰が何と言おうと翔でしょう!(早野乙とかではない)
 仙台との天皇杯4回戦では元紀の代わりにスタメン出場し、3本のシュートを放つもゴールを決めることが出来なかった翔。次のリーグ戦vs大宮戦ではスタメン落ちしてベンチスタートでした。今季の翔はそんなことの繰り返し。しかし翔は今までどおりに、スタメン落ちにも決して腐らずにしっかり準備を整えて、そしてリーグ戦の仙台戦でリベンジのチャンスを得ると、入念なウォーミングアップを行ってピッチに降り立ち、試合開始15分で仙台ゴールにボールを叩き込みました。
 エスパルスに加入して以来、過去3シーズンでたった2ゴールしか決められなかった翔。しかし今季は6ゴールを決めており、元紀の7ゴールに次ぐ成果を上げています。少ないチャンスを確実に活かし、その実力を更に伸ばしている翔。彼の飛翔はここからが本番なのかもしれません。
 翔(*^ー゜)b グッジョブ!!今までの苦労を吹き飛ばす飛翔を期待してるぜ!


 エスパルスは仙台に勝利!勝ち点3を積み上げると同時に、天皇杯4回戦@アイスタでのあの敗戦の屈辱を、仙台のホーム@ユアスタで見事に晴らすことができました!
 いわゆる「消化試合」でもあるリーグ戦、しかしオレンジ戦士は既に来季を見据えて、1試合1試合をしっかり集中して戦い、いい形でリーグ戦を終えようとしている気持ちがこの試合からも読み取れるのではないかと思いました。
 しかし一方で、この試合の後半は仙台に押し込まれてしまう時間が長く続いてしまいました。酷寒のアウェイ戦という不利な状況もあるかもしれませんが、試合終了の瞬間まで運動量を落とさずに勝利を目指して戦い抜くだけの強いモチベーションを持ち続けて欲しいです。

 次の試合はいよいよ今季リーグ戦最終節vs柏戦。その舞台は我等が聖地・日本平。多くのオレンジサポーターがオレンジ戦士に力を与えてくれることでしょう。一方で、次節は浩太が累積警告で出場停止。平岡が加療の為に戦線を離脱、仙台戦で負傷してしまった豊も次節は欠場の見通し。主力の3選手が戦線離脱を余儀なくされてしまうという非常事態に陥っているエスパルス。選手・スタッフ・サポーターが総力を結集して最終節に臨まなければ、勝利をこの手に掴み取るのは難しいでしょう。まさに総力戦!エスパルスの勝利への執念が試される一戦になりそうです。

 オレンジ戦士は仙台戦後半を反省材料とし、押し込まれてしまう時間帯でも集中を切らさないよう、また主力選手不在の穴を埋められるよう、全ての選手が勝利への意識を高めて欲しいです。そして最終節を勝利で飾れるよう、チームの総力を柏戦に集中して、勝利を掴んでほしいです!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2013年12月 4日 23:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1841

コメントしてください