メインS-PULSE2013年2013Jリーグ26節vs横浜F・M戦 雑感【J特】

2013年9月22日

2013Jリーグ26節vs横浜F・M戦 雑感【J特】

 2013Jリーグ第26節vs横浜F・M戦を観に行ってきました。

 今季ホーム開幕戦で経験の差を見せつけられてけっちょんけっちょんにやられた相手。試合前からゴール裏はヒートアップ!「倍返しだ!」「10-0」といったゲーフラが掲げられていました。それを見てなんとなく嫌な予感がよぎったんですけどね...。

 その予感は的中しちゃって、試合開始4分に俊輔に決められてしまい早々と1点を追う展開を強いられてしまったエスパルス。その後は自分たちのサッカーをしっかりやれていた。しかしそれも「やらされていた」のかもしれない。横浜F・Mはリードしているので慎重なプレーで時間を進める。エスパルスはラドンを狙ってロングボールを送るけど、中澤や富澤にことごとくはじかれる。それでも前半の終わりには何回かチャンスが作れた。そこで決められれば、試合結果は大きく違っていたかもしれない。

 後半になると横浜F・Mはますます慎重なプレーで時間を進める。エスパルスは焦りが出始めてプレーにミスが目立ち始める。そうなると横浜F・Mも余裕を持って守備を行う。後半の後半にはオレンジ戦士の足も止まり始めてしまう。ゴトビ監督は村田を投入するも、ここも横浜F・Mの守備陣にスペースを埋められてしまい、得意の俊足突破が活かせない。試合終了間際に翔さんを投入するも時既に遅し...。

 試合開始直後に失点した時には、正直ホーム開幕戦の二の舞を覚悟した。しかしそうにはならなかった。オレンジ戦士は中盤からよく辛抱して頑張ってた。そして横浜F・Mに追加点を許さなかった。ここは大きく成長した部分だろう。一方で攻撃の引き出しが少なかった印象。高い位置へのクロスは中澤&富澤に弾かれてしまうので、もっと突破やグラウンダーのクロスとかを使った攻撃のバリエーションが欲しかった。
 
 試合の入り方がフワッとしていたための失点。そしてチャンスを決めきれなかった。試合の入り方とフィニッシュの精度。この2点は猛省を希望したい。あとこの試合ではセカンドボールへの対処が遅れていて、ことごとく横浜F・Mにセカンドボールを拾われてしまった。ここも残念な部分。次の試合には修正してほしい。

 明らかに時間稼ぎをしていた横浜F・Mに負けるわけにはいかない!などと考えていましたが、結果は「試合巧者」の横浜F・Mに軍配。しかしエスパルスは十分にやれてた。それだけに1点が欲しかった。


 顔を上げろ!前を向こう!内容が良ければ結果は必ずついてくる!次は必ず勝とうぜ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2013年9月22日 22:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1829