メインエスパルス観戦記2013年今季最多ゴールで「倍返し」達成!!!!

2013年8月30日

今季最多ゴールで「倍返し」達成!!!!

2013 J.LEAGUE Division1 23th sec.
清水 4-3 鹿島

 24日に行われたリーグ戦第22節vs浦和戦では、試合立ち上がりの失点でばたついてしまい、前半30分までに2点のビハインドを追わざるを得なくなり、最後まで浦和の術中から抜け出せずあえなく敗戦。今季3回目の連敗を喫してしまったエスパルスは28日、リーグ戦第23節vs鹿島戦に臨みました。
 
 浦和に手も足も出なかった敗戦から1週間。オレンジ戦士もそのときに感じた悔しさを忘れずに、しっかり準備をしてきてくれたはず。しかし対戦相手は難敵の鹿島。アウェイでは先制ゴールを決めるも逆転されて敗戦しています。だがしかし!今日の試合は我等が聖地・日本平での試合。ホームでは鹿島を撃破してアウェイでの敗戦のリベンジを果たしたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 新潟、C大阪、そして浦和。前半で失点してペースを失い、その後ズルズルと失点を重ねる。上位チームには全て同じような試合展開で敗戦しているエスパルス。この鹿島との一戦も試合立ち上がりの展開が非常に気になるところです。これまでの敗戦から得られた経験を活かし、鹿島にリベンジすることが出来るか!エスパルスの意地とプライドを掛けた試合がキックオフ!

 
 エスパルスはこの試合でも序盤の守備に関して相当に注意を払っていたはず。しかし試合開始わずか11秒で守備陣の裏を抜け出した大迫に叩き込まれて失点してしまうと、その5分後の6分にはCKから山村にあたまで決められてしまい追加点を献上。エスパルスは試合開始わずか6分で2点を追う非常に苦しい展開を余儀なくされてしまいました。
 これまでの敗戦パターンに見事にマッチしてしまった鹿島戦の立ち上がり。ほとんどのエスパサポさんの脳裏には嫌な予感が沸き起こりまくりだったことでしょう。
 しかし!この試合は今までのそれとは大きく違っていました!2連敗しているオレンジ戦士は2失点を挽回するべく、ラドンを中心に運動量を惜しまずアグレッシブに動いて鹿島守備陣のスペースを突き、鹿島ゴールへと迫ります。
 そして20分、鹿島の攻守の要であるボランチの柴崎が、接触プレーで負傷し岩政と交代に。小笠原を出場停止で欠いていた鹿島は、ゲームメーカーの柴崎の退場によって、鹿島は攻守の歯車がずれ始めます。
 鹿島の攻守のずれをオレンジ戦士が逃すはずが無い!31分にエスパルスのFKのクリアボールを河合チャソが拾ってゴール前へクロス!これをラドンが全身を使って渾身のシュート!ボールはゴールマウスに押し込まれてゴール!エスパルスが早い時間に1点返します!
 攻撃のリズムを掴み勢いに乗り始めたエスパルス。ゴトビ監督は35分、豊に代えて俊幸を投入。勢いがある時間帯を無駄にしないよう、早めに追撃体制を整えます。
 するとこの早目の好対策が奏功!前半終了間際の45分、縦パスに反応したラドンが敵陣ペナルティエリア内で頭ひとつ分抜け出て競り勝ちヘディングで流し、ペナルティエリア内左に走りこんできた俊幸が魂のヘディングシュート!!ボールはGKの目の前ですり抜けてゴールに刺さりゴーール!!そして前半が終了!!エスパルスが14分間で鹿島に追いついて試合を折り返します!!
 
 後半になってもエスパルスの猛攻撃はまったく止まる気配を見せません!後半開始直後の49分、左からのパスを中央でラドンが受けると、トラップして左サイドの俊幸へパス!これをペナルティエリア内左外から切り込んで冷静に左足を振り抜きシューーート!!!ボールはゴールネットに突き刺さりゴーーール!!!エスパルスが後半開始直後に逆転を決めました!
 その後もオレンジ戦士は鹿島を突き放すべく、ラドンを起点にして鹿島ゴールに襲い掛かります。しかし夏の暑さのためか足が止まりだしたエスパルスに対して、鹿島も反撃を開始。拮抗した試合展開が続きます。
 すると68分、鹿島のCKからの混戦から、ゴール前でキャラが痛恨のハンドの判定を受けてPKを献上。これを大迫に決められてしまい失点。いったんは逆転したエスパルスは鹿島に追いつかれてしまいます。
 同点に追いつかれたゴトビ監督は69分、ラドンに代えて翔を投入。前線にフレッシュな選手を投入し、鹿島守備陣にギャップをつくりそれを活かして攻撃展開する方法を探ります。それでも安定した守備で定評のある鹿島を突き崩すことは容易ではなく、また足も止まり始めたオレンジ戦士達の攻撃展開も鋭さを失い始め、停滞ムードが漂い始めます。
 それでも最後まで勝利を目指すゴトビ監督は試合終了間際の87分に、元紀に代えて村田を投入。村田の速さで鹿島守備陣の裏を狙います。
 するとこの交代がドンピシャリ!!!!交代直後の88分、石毛からの縦パスに反応した村田が右サイドでボールを受けると、サイドを深くえぐって鹿島DFを置き去りにしてクロス!これをゴール前でフリーだった俊幸が豪快にジャンピングボレーシューーーート!!!!ボールはゴールネットに突き刺さってゴーーーール!!!!俊幸がハットトリックを達成しました!!!!
 そしてその後危なげなくエスパルスが試合を終わらせて試合終了!!!!エスパルスが今季初の逆転で鹿島を撃破しました!!!!


 この試合、誰がなんと言おうと俊幸でしょう!
 元紀がドイツに移籍したあと、今季のエスパルスの攻撃の柱と期待されていた俊幸。しかし今季は22節終了時点まで1ゴールと振るわず、本人も悩む時期が長かった用です。
 2試合連続でスタメン落ちし精神状態も最悪だったと話す俊幸ですが、内田コーチに「練習からポジショニングはいい。出たら自信を持て」と声をかけられ「少し落ち着いた」とのこと。そして迎えた35分の出番!そして良い時間帯でゴールを決めると、あとは勢いに乗るだけ!ハットトリックを決めたボレーシュートの瞬間は、宙に浮きながら「きょうはなにを話そうか」とお立ち台のコメントを考えたそうです。
 相棒だった元紀もエスパルスに帰ってきて、前線では頼もしい助っ人のラドンがいる。まだまだムラがある「オレンジの閃光」ですが、勢いに乗せる環境は整ってきました!
 俊幸(*^ー゜)b グッジョブ!!ここからゴールをバンバン打ち抜いてくれ!


 エスパルスは鹿島に勝利!勝ち点3を積み上げました。前半6分までの間で2失点してしまったときには、ぶっちゃけどうなっても仕方ない...。と腹を括りました。しかし!前半の2失点を俊幸のハットトリックで「倍返し!」を達成!そしてアウェイでの屈辱を晴らすような、胸のすくような逆転勝利!そしてここまで苦労してきた俊幸のハットトリック達成!まさにメシウマ状態っすよ♪
 しかし、俊幸にインタビューしていた報道陣に対して「たかが1試合の活躍。そんなにインタビューしなくていいよ」とバッサリ言い放ったラドンの言葉どおり、この勝利で全てが終わったわけではありません!むしろここから反撃の進撃を開始しなければならないのです!
 
 次の試合はリーグ戦第24節vs大分戦。大分は目下残留争いの渦中にあり、一つでも勝ち点を積み上げるために、全身全霊を賭して戦いを挑んでくるに違いありません。しかもこの試合はアウェイ@大銀ドでの試合。エスパルスにとっては若干相性がよろしくないスタジアムにもなります。少しの油断も大きなピンチに直結することは想像に難くありません。
 
 オレンジ戦士はこのところの負け試合でもみられる前半立ち上がりの失点について十分に検証し、守備陣の連携や連動について入念に再確認して欲しいです。そして攻撃陣はこの勝利をフロックにしないためにも、さらに連携を高めて攻撃力を向上させ、アウェイ大分戦に向けて十分に準備をして欲しいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2013年8月30日 21:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1825

コメントしてください