メインS-PULSE2013年2013Jリーグ12節vsFC東京戦 雑感【J特】

2013年5月21日

2013Jリーグ12節vsFC東京戦 雑感【J特】

 2013Jリーグ第12節vsFC東京戦を観に行ってきました。

 平岡が戦列復帰しましたが、依然としてキャラが出場できない状況。守備陣には一抹の不安がぬぐいきれませんでした。

 しかし前半はFC東京の中盤でのパスサッカーに丹念に対応できていた。そしてFC東京の決定力の低さにも助けられて、エスパルスは失点を防いでいました。
 そうなると攻撃陣もFC東京ゴールに迫れます!チャンスも作れていましたが、それを決めきる事が出来ませんでした。
 翔さんが攻守に奮闘していたことは事実。惜しむらくは決めてほしいチャンスを決められなかった事。試合開始前に「今日は翔さんが決めてくれますよ!そして野次将軍を黙らせてくれますよ!」と期待していただけに...残念でした。

 そして後半、2回の不運なゴールで敗戦。どちらも林のミス、と言われてしまうでしょう。
 しかし私が思うに、1失点目はペナルティエリア内でシュートを打たれてしまったDF陣に問題があるのだと感じました。平岡がまた抜きされた時、林から見れば「平岡の股間からいきなりボールが飛んできた!」と見えたはず。これではいくら林でも反応しきれませんよ。
 2失点目は林のパンチングが「運悪く」ルーカスに当たってしまった。そして「運悪く」ゴールマウスに吸い込まれてしまった。普段の林ならパンチングはもっと高い方向に弾いていたはず。1失点目の精神的モヤモヤが残ってしまっていたのではないかと思います。
 林が修正するべき点、それは失点のショックを引きずらないこと。だと私は思います。

 試合翌日、録画したJリーグタイムを見ました。解説の小島さんの「林君、悔しかったでしょうね」というGK目線の解説に救われました(´;ω;`) さすが元日本代表GK、よく分かってらっしゃる。

 チームの向かっている方向性や目指しているサッカーに間違いはない。でも今日のエスパルスは「不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまったんだ」と思います。しかしそれもサッカー。そんな試合だってあるんですよ。

 個人的には中断前最後の生観戦だったので、勝ってほしかった。しかし仕方ない。
 6月の中断期間まであと2試合。オレンジ戦士はしっかり気持ちを切り替えて、勝利で中断を迎えてほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2013年5月21日 21:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1797

コメントしてください